Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧



試用レポート
KORG(コルグ)
DSDネイティブ再生対応USB-DAC 「DS-DAC-100」

パソコンから高音質な音源を取り出す「USB-DAC」
爆発的なヒットを記録した「DS-DAC-10」の後継モデルをレポート!
 今回レポートするUSB-DAC「DS-DAC-100」は、従来モデルの「DS-DAC-10」で培った回路設計と専用の再生ソフト「AudioGate」を使った再生環境を受け継ぎ、最もシンプルな高音質再生システムを実現します。

 同時発売されたモバイルモデル
「DS-DAC-100m」も一緒にレポートいたします!
「DS-DAC」シリーズのサイズを比較
 左上が従来型の「DS-DAC-10」(W)120x(H)48x(D)150mm、530g。右上が今回登場したNEWモデル「DS-DAC-100」(W)206.5x(H)60x(D)159.5mm、862g。中央下がモバイル対応の「DS-DAC-100m」(W)92x(H)19.5x(D)129mm、175g。
 最も横幅が大きい「DS-DAC-100」ですが、外見のデザインが変更されているので存在感があります!

 
フロントパネルです
 流線型のデザインが目をひきます。今までの国産(made in japan)オーディオ機器では見たことがない斬新で新鮮なデザインです。本格的なオーディオ機器メーカー「KORG」の本気と遊び心を感じさせてくれるデザインと言えます。
 ヘッドホン端子は6.3mm標準ステレオ端子x1系統、中央にアッテネーター、アッテネーターの両脇にパワーインジケーター、右側には入力フォーマットのインジケーターを装備しています。

 
リアパネルです
 今回の改良の目玉、XLR端子が装備されています。ハイエンドオーディオとの接続には必須ですし、PRO現場からのリクエストに応えて装備したとのこと。バランス端子を装備したアンプをお使いの方は迷わずこのモデルを選んで間違いないでしょう。
 入力端子はUSB(B端子)x1系統のみ。出力端子はRCAアンバランスx1系統、XLRバランス(2番HOT)x1系統。「DS-DSC-10」に装備されていた同軸デジタル出力端子は無くなっています。

 
ひっくり返してみました
 底面には、3点支持の金属製(真鍮製)のスパイクが標準で装備されています。これは音質向上が期待できそうです。
 真鍮製のスパイク受けが付属していますが、市販のスパイク受けを色々と試してみるのも面白そうです。ただし、後ろ(写真手前)のスパイクは高さがないので、市販の殆どのスパイク受けは設置できそうもありません。その場合、フロント2点(写真奥)での使用となると思いますのでご注意ください!

 
サンプリング周波数インジケーター
 フロントパネルのスペースに余裕があるのでインジケーターが見やすく、現在入力しているフォーマットが良く分かります。
対応の入力フォーマットは...
PCMが、44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz・16bit/24bit。
DSDが、2.8224MHz/5.6448MHz・1bit。

 
「DS-DAC-100」を試聴してみました!
 「DS-DAC-10」と音質を比較してみました! 基本的なサウンドの傾向は全く同じですが、微妙な違いがありました。
 「DS-DAC-100」はサウンドステージに余裕を感じさせ、音場空間がより広がります。周波数特性もよりフラットに近いバランスになっているので、中域が結構メリハリのある「DS-DAC-10」よりも多少落ち着いたサウンドと言えます。

 
モバイル対応の「DS-DAC-100m」
 非常にコンパクトですが、基本的な回路設計はDS-DACシリーズ全て同じとの事です。DACの要となるコンバータには妥協無く、他のモデルと同じCirrus Logic社製のCS4398が搭載されています。
 出力端子は3.5mmミニのみなのでアンプなどに接続するには高音質なRCA変換ケーブルが必要です。175gの軽量設計で、電源もUSBバスパワーなので、USBケーブル1本接続するだけの手軽さで外出先でもハイレゾ音源を楽しむ事ができるのは魅力的ですね〜!

 
「DS-DAC-100m」を試聴してみました!
 このモデルには驚かされました! こんなに小さいのに「DS-DAC-10/100」に迫る高音質を聴かせてくれます!! モバイル対応のため、多少エネルギー感は劣りますが、価格を考慮すると最もコストパフォーマンスが良いかもしれません。
 デスクトップで使用する場合にも、スペースにあまり余裕がない方は、この100mを選択するのも有りではないでしょうか!!

 

 今回はコルグのUSB-DAC新製品「DS-DAC-100」と「DS-DAC-100m」を試聴してみました。人気の「DS-DAC-10」のバージョン違いとなりますが、基本的な回路や使われているパーツ類はそのままに、いずれもUSBケーブル1本の簡単接続で高音質が楽しめる製品です。音質も基本的には同様と言えますが、シャーシや電源回路の違いによって各モデルに個性がありました。参考までに記しておきましょう。


■DS-DAC-10
 高いコストパフォーマンスで大人気となったDS-DACシリーズのベースモデル。もちろん現在でも高い人気を誇ります。PRO機器で養ったコルグならではの音創りのノウハウが詰まった品位のある音質は一級品と言えます!!
■DS-DAC-100
 周波数特性がよりフラットになって、透明感とシャープさが加わり、音場や奥行きも広く感じられます。スタジオ機器とオーディオ機器の違いに近い感じでしょうか! 音質、デザイン、機能といずれも高次元でバランスの取れた高い完成度が魅力です!!
■DS-DAC-100m
 軽量コンパクトながら、音質的には他のモデルに迫る実力を聴かせてくれます! 音質傾向はDS-DAC-10に近いサウンドとなっています。コストパフォーマンスの良さはシリーズNo.1と言えます!!
2014 .1.9.公開(ichinose

スタッフが使ってみました
据置タイプポータブルタイプ

対象:20,000円以上
コルグ|DSDネイティブ再生対応USB DAC<BR>ブラック|DS-DAC-100コルグ|DSDネイティブ再生対応USB DAC<BR>ブラック|DS-DAC-100M
コルグ
DSDネイティブ再生対応USB DAC
ブラック
KORG DS-DAC-100
コルグ
DSDネイティブ再生対応USB DAC
ブラック
KORG DS-DAC-100M
会員様web価格 20,800 円 (税込)
会員様web価格 11,460 円 (税込)
限定 「おひとり様1点」 
残り数量 19
12時間以内出荷 ※本日の11:29:59までに購入手続き完了の場合
レビュー 4.6
2013年11月 発売
限定 「おひとり様1点」 
残り数量 1
12時間以内出荷 ※本日の11:29:59までに購入手続き完了の場合
レビュー 4.5
2013年12月 発売



最近の試用レポート もっと見る

03月 29日 公開
セガゲームス 【PS Vita】蒼き革命のヴァルキュリア 
死と復讐をテーマに描く完全新作RPGをプレイレポート!
03月 27日 公開
テンヨー ハイパーESPカード 
不思議なカードを使って、話題のメンタリズムを実演!
03月 24日 公開
カシオ オシアナス クラシックライン 
ブルーのカラーリングが印象的な最新モデルをチェック!
03月 22日 公開
フィトンチッドジャパン 「フィトンチッド」拡散装置(6畳まで) SD-1000SP
自宅で森林浴が体験できるという空気清浄機をレポート!


my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針