ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

テレビ・レコーダー|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 

→バックナンバー
MIKIMOTO BEANS iTheater
アイシアター・パーソナルヘッドマウントディスプレイ

2.5m先に50インチのテレビが体感できるディスプレイ
iPod videoをはじめ、AV機器のビデオ出力が接続可能
 ひとりでまわりに迷惑をかけずに音楽を楽しもうと思えばヘッドホンをかければ良い。ところが映像を伴うと、必ずテレビのスイッチを入れなければならないのが実情。そこで映像のヘッドホンともいえる製品が登場したのでご紹介しよう。

 Mikimoto Beansから新発売のヘッドマウント・ディスプレイ iTheaterは、メガネの形をしたパーソナルディスプレイ。ヘッドホンも内蔵しているので、装着するだけで映像もサウンドも同時に楽しむことができる。
 見かけのディスプレイサイズも2.5m離れてみた50インチテレビ相当ということで、下手に小型のテレビを見るよりも大きくて迫力があるのも特長。iPod videoの専用ケーブルと、RCA(ピン)ケーブルが付属するので、ビデオ出力のあるAV機器なら何でも接続可能。さらに充電式バッテリーで駆動できるので、iPod videoやポータブルDVDと組み合わせるとモバイルで大画面を楽しむこともできるのだ。さっそく、iTheaterを体験してみることにしよう。
 メガネと同じく折りたたんで持ち運ぶことができるiTheater。サイズは170×195×35mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重さは78gと非常にコンパクトにできている。本体の下部には、専用アダプターにつながるケーブルが1本つながっている。
 ビデオ入力部分はこのアダプターが受け持つセパレート構造。中にはスイッチやボリューム、バッテリーなどが内蔵されているが、厚みはわずか11.5mmととっても薄い。重さも78gしかないが、フル充電すると連続10時間以上も映像を楽しむことができる。
 ブルーのラインがiTheaterのアクセント。かけていると、なかなかサイバーな雰囲気がただよう。ディスプレイ部分は前方へいくぶん飛び出しているのだが、本体が軽いので重さは気にならない。
 耳かけの部分にはステレオイヤホンが収納され、装着する時はこれを外して耳に入れれば良い。音と映像に没頭できるが、ディスプレイの上下に若干にすき間があるのでまったく外部が見えなくなるわけではない。
 レンズの奥に左右1枚ずつの液晶パネルを内蔵する構造。視力調節は付いていないが、ふだんメガネをかけている方であればメガネの上からiTheaterを装着することができる。鼻あての部分は長短2種類あるので、メガネをかける場合は長い方に交換しよう。
 だいたいこんな雰囲気で、暗闇の中に画面が浮かび上がって見える。4:3のQVGA画像だが、発色が美しくまた画面が明るいので解像度不足はほとんど感じられない。映画の字幕も自然な感じで浮かび上がって見えて読みやすい。
 入力ケーブルは、写真のRCAジャックのメスと、iPod video専用ケーブルの2種類が用意される。これならiPodはもちろん、ポータブルDVD・ビデオレコーダー・DVDプレイヤー・テレビチューナー・ハードディスクプレイヤーと何でも接続できるだろう。
 今回はチェック用に、筆者愛用の東芝のポータブルDVD(ポータロウ)をつないでみた。iTheaterもポータロウもバッテリー駆動ができるので、このまま持ち出して好きなところで50インチ相当の大画面を楽しむことができる。

 iTheaterの映像は前方の視界を真っ暗闇に遮った中に映し出されるので、とっても鮮明で明るくまた発色が美しいのが特長。解像度QVGA相当のはずだが、動画を見ている限りドットやシャギーはまったく気にならないのが不思議だ。屋外で使用した場合、ポータブルDVDだと明るいところでは画面が見にくくなるものだが、iTheaterだと晴天の下で見てもまったく気にならない。車の中などの乗り物でひとりで楽しむには最適だろう。

 充電はUSBのケーブルが同梱されているので、パソコンにつないでおけば勝手に充電される。ACアダプターはローコスト化のために付属しない。パソコンが使えない場合は、市販のUSBジャックが付いたACアダプターを用意すれば良いとのことだ。フル充電で10時間も使えるので、それほど頻繁に充電する必要はないだろう。

 実際に映画を何本か視聴してみたが、アクション映画などの動きのあるシーンではなかなかの迫力。シーンによっては画面酔いするかもしれない。プライベートルームで小さな画面で見ている場合は、コチラの方がはるかに迫力があるだろう。またまわりの視界をある程度さえぎってくれるので、画面に没頭できるというおまけもつく。本格的なホームシアターを設置するには物理的に問題がある場合でも、iTheaterは試してみる価値があると言えるだろう。


申し訳ございませんが、この商品は完売いたしました。
最新の11V型以下液晶の情報は、 こちらのページ をご覧下さい。

 
2006.7.19.oga.
スタッフが使ってみました
    ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
    会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
    企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記