ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

カメラ|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー

メイン画像

 今年も行ってきました! カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2018(シーピープラス 2018)」。 横浜で開催のこのイベントは、話題のカメラ・レンズの展示をはじめ、写真映像文化の発信や、最新技術を体感できる各種イベントなど、カメラ好きにたまらない催しが目白押し!
 今年のCP+では、多くのメーカーのブースで女性をターゲットにしたコーナーが設けられており、カメラとしての機能の高さだけではなく、『自分の部屋に欲しい』『持っているアクセサリーとあわせたい』と思えるようなコーナーが目立っていました。

キヤノン

  •  2月26日、ついに「Kiss」の名前で登場したミラーレスカメラ「EOS Kiss M」が発表され、「Kiss M」を前面に推したブースとなっていました。しかし、中上級者の関心は、もう一つの話題の製品に集まっているように見えました。

  •  ミラレースカメラ初のKissとなる「EOS Kiss M」。本年CP+最大の目玉製品の一つですね。

  •  これまでのキヤノンのミラーレスカメラと異なるデザインで、手に取る人は多数!

  •  そしてもう一つの話題の商品である、AI搭載のスピードライト「470EX-AI」。中上級者にとっては、「Kiss M」よりも関心が高かいかもしれません。

  •  「EOS M100 リテッドピンクキット」が展示。他メーカーには無いピンク色です。

  •  こんな感じでお部屋に置くと、オブジェクトとしても良いですね。

  •  女性の為に作られたようなカメラですね!

  •  製品の他、キヤノンの技術についても展示がされていました。Lレンズをはじめとした高品質レンズに欠かせない蛍石が展示。

  •  手ぶれ補正機能はカメラだけではなく、双眼鏡にも搭載。双眼鏡の断面図は初めて見ました!

  •  現在発売されている「PowerShot」と「IXY」シリーズをまとめて展示。各社コンパクトカメラのラインナップが減る中、これだけのラインナップを誇るのは流石ですね・・・

  •  これからは、レンズのラインナップにEF-Mマウントが追加されていくのでしょう。

ソニー

  •  本年のCP+で最も話題性の高い機種の一つである「α7III」を発表した事、カメラとしての機能の高さ、高級コンパクトカメラのラインナップ強化、交換レンズのラインナップの強化、昨年発売した新しいラインナップのカメラ「RX0」・・・全てにおいて話題性が高く、常に行列が出来ているブースでした。

  •  多くの来場者は、やはり「α7III」がお目当て。常に行列の状態です。

  •  α7のシリーズながら、α9に近い機能を備える「α7III」。あまりの行列に、製品の写真を撮るのも一苦労。

  •  激しく動くダンスを「α7III」で撮影出来るコーナーは常に満員状態。

  •  暗所でスピードライトを使っての撮影を経験できるコーナー。複数のスピードライトを駆使して出来上がった写真は、これまでに無かった作品になるでしょう。

  •  非常に高い防水性と堅牢性を備え、新しいシリーズを構築した「RX0」。その内部を確認することが出来ました。

  •  シンプルに見える中に・・・

  •  とてつもない技術が込められているのですね・・・。

  •  豊富なボディのラインナップに合わせて、Eマウントレンズも、Gシリーズ・ツアイスシリーズを中心にラインナップが豊富になってきました。

パナソニック

  •  実機が使えるコーナーでは、発売前の「DC-TX2」と「 GX7 MarkIII」を使うことが出来、人だかりが見られました。
     カメラマンのかたのセミナーでは、4K動画からの静止画切り出しについて教わることが出来、カメラの楽しみ方を広げるきっかけとなったかたが多かったのではないでしょうか。

  •  3月発売の「 GX7 MarkIII」を一足先に体感。

  •  新しいフォトスタイル「L.モノクロームD」での撮影を体験。

  •  被写体は、「L.モノクロームD」の効果が映える、シルバーを基準にしたバイクです。渋く仕上がりそうです。

  •  「DC-G9」や「DC-GH5S」では、新体操など動く被写体を撮影して、その機能を試す事が出来ます。既に発売されているので、店頭で手に取ってみたかたは多いかも知れませんが、動く被写体を試したかたは少なかったのではないでしょうか。

  • 空間認識AFや・・・

  •  人体認識技術を解りやすく見ることが出来るコーナー。効果がモニターに映し出され、非常に解りやすいです。

  •  女性をターゲットにしたブース

ニコン

  •  新製品の発表はありませんでしたが、ブースを訪れる人は多く、改めてカメラメーカーとしての強さと存在感を感じる事が出来ました。広角レンズ、望遠レンズに分けられた撮影コーナーが設けられ、初心者でもレンズの特性について詳しく知ることが出来るブースとなっていました。

  •  小物が部屋一面に飾られている、広角レンズを体験出来るコーナー。

  •  FXフォーマット、DXフォーマット両方のボディを使って、広角レンズならではの撮影が試せます

  •  発売から人気を保ち続けるD850。8Kタイムラプスムービーの効果を動画で確認出来ました。

  •  ニコンのカメラと宇宙ともつながりについて知ることが出来るコーナー。昨年のCP+では、100周年を記念した展示が行われていましたが、本年は宇宙・・・光学機器メーカーとしての歴史の深さを感じます。

  •  非常に豊富なラインナップを誇るメーカー。今後のラインナップの中でも、特にミラーレスカメラのラインナップの強化がどのように行われるのか楽しみです。

富士フイルム

  •  年々、コンパクトカメラのラインナップは減少していますが、ミラーレスカメラのラインナップを強化し続ける富士フイルム。初のボディ内手ぶれ補正機能を搭載した「X-H1」は、店頭での展示も開始されており、来場者の行列はみられませんでしたが、モデルさんを撮影出来るのは、ここだけではないでしょうか。

  •  中上級モデルの強化をし続ける中、新たに発売された「X-H1」。バッテリーグリップを装着した状態で、思う存分使うことが出来ます。

  •  モデルさん撮影は「X-H1」で。

  •  分解した状態が見られるのはCP+だけでしょうか。レアです。

  •  富士フイルムといえば「チェキ」!昨年同様専用コーナーが設けられ、ラインナップの確認を行うことが出来ます。

オリンパス

  •  E-PLシリーズの最新モデル「E-PL9」が登場。E-PL7、E-PL8と進化するに伴い、デザインも大きく変更が行われてきました。今年はキヤノン「Kiss M」も発売されるので、「E-PL9」と迷うかたもいるのではないでしょうか。

  •  発売前の「E-PL9」を手にとることが出来ます。もちろん、女性をターゲットにした展示です。

  •  カメラの購入予定が無くても、つい欲しくなってしまうデザインですよね。

  •  料理も楽しくおいしそうに写したくなります!

  •  上級者から絶大な支持を得ているハイエンドモデルは、カメラグランプリで3冠を受賞。今後のProレンズのラインナップに期待が高まります。

リコーイメージング

  •  フルサイズセンサー搭載「K-1」の後継機種「K-1 Mark II」が発表され、再び一眼レフカメラの話題が高まりました。また、4Kモデルまで出揃ったTHETAシリーズもあり、カメラを使った様々な表現方法が発見できるブースとなっていました。

  •  「K-1 Mark II」を頂点にレンズが並べられています。個人的にペンタックスの製品は、他メーカー製品には無い楽しみが溢れています。

  •  今年もスケルトンモデルが展示されています。恒例ですね。

  •  参考出品として、新たな広角ズームレンズが出品。「HD PENTAX DA★ 11-18mm F2.8ED DC AW(仮称)」

  •  単焦点レンズも参考出品。「HD PENTAX D FA★ 50mm F1.4 SDM AW(仮称)」。ポートレート撮影などで試したくなるレンズですね。

  •  リコーイメージングのもう一つの看板商品であるTHETAシリーズ。

  •  360°撮影の分野を開拓したTHETAシリーズ。他では見ることの出来ない、ユニークな作例が紹介されています。

  •  THETAを使って4Kで撮影した映像を、VRで体験。これからも使い方は広がりそうです。

タムロン

  •  ここ数年、単焦点レンズをはじめ、あらゆるラインナップを強化しデザインの変更を行ってきたタムロン。純正レンズの代わりとして選ばれていたところから、タムロンならではの製品を発売し続けてきました。今回も新しいラインナップを体験できるコーナーとなっていました。

  •  F2.8通しの標準ズームレンズ「28-75mm F2.8 Di lll RXD」。が参考展示。ボディはなんとα9!!気合いの入りかたが伺えますね!!

  •  F4通しの望遠ズームレンズ「70-210mm F4 Di VC USD」。純正レンズでは当たり前のラインナップだったF4通しの望遠ズームを、ついにタムロンも参戦!

  •  「EOS 6D MarkII」に装着して使ってみました。実は花形フードです。最近のタムロンのレンズらしい、マットでさらりとした質感。持ち運びにも便利なサイズはF4ならでは。

その他

  •  デジタルカメラの他、天体望遠鏡の展示も。まだあまり知られていませんが、今年は火星接近のイベントがありますので、また別のかたちでご紹介したいと思います。

  •  ケンコー・トキナーからはカラフルな双眼鏡が発売予定。コンサートなどで活躍しそうです。

  •  ハクバから、300mm F2.8レンズの収納を想定に作られたバッグが登場。

  •  FOTOPRO シリーズに、アルミ削りだしで作り出した、贅沢なミニ三脚が登場。

  •  FOTOPRO シリーズは楽しみな新製品が多数出品。これ、カーボン三脚です。

  • 脚段数は4段。旅行などで是非持ち歩きたい製品です。

  • こちらもFOTOPRO シリーズから一脚です。

  • 同じくカーボン素材で・・・

  • 石突の部分は、三脚ネジにもなり、自撮り棒としても使えます!



最近の特集 バックナンバー

おすすめ暖房器具の比較&選び方

タイプ別のおすすめ暖房器具をご紹介!

おすすめコーヒーメーカー

おすすめのコーヒーメーカーなどをご紹介!

防災特集

地震大国日本。災害にしっかり備えましょう。

プリンター 最新モデルご紹介!

エプソン、キヤノン、ブラザーの最新モデルをチェック!
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記