ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索



試用レポート
オリンパス
デジタル一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」
- Part1 比較編 -


新しくなった、オリンパスのミラーレス『OM-D E-M1』
どこが変わったのかを、発売前に従来機種と徹底比較!!
 オリンパスからミラーレス一眼のフラッグシップモデル『OM-D E-M1』をさらに進化させた『OM-D E-M1 MarkII』が発表されて注目を浴びている。

 いったいどこが進化したのか。発売より一足先に借りた「MarkII」の実機と現行機「E-M1」を比べながらスペックの違いを確かめてみよう!

従来機種 【OM-D E-M1】
 小型軽量ボディながらグリップも大きく、防塵防滴仕様で撮りたい被写体をどこまでも追い求める事が出来たOM-D E-M1。高性能な手振れ補正機能や、見やすいファインダーなど、完成度が高く、人気のあるモデル。

 
新機種 【OM-D E-M1 MarkII】
 こちらが新しくなったOM-D E-M1 MarkII。AF/AE追従最高18コマ/秒、AF/AE固定最高60コマ/秒という高速連写が可能になり、その持ち味を生かす高速AF性能や最高フレームレート120fpsの滑らかな表示ファインダー、5.5段の手振れ補正機能、更にはISOオート時の常用感度もISO6400まで向上など、同社ミラーレス最高性能のフラッグシップ機なのだとか。さっそく違いを見ていこう。

 
【E-M1】 静音連写なら11fpsで記録
 E-M1の連写設定画面。通常連写以外にさらに早い速度で連写ができる連写L/Hや、静音連写も搭載。静音連写の連写Hなら11fpsでの記録が可能。

 
【E-M1 MarkII】 静音連写でなんと18fpsで記録
 こちらはMarkIIの設定画面。E-M1のように全ての設定を一覧で見る事は出来ないが、フレームレートが一番高い静音連写では18fpsでの記録が出来る。1秒の間に18コマの静止画が記録できるという事は、約0.05秒で1枚撮れる。試しに撮ったけど静音なので何もなかったかのように音もなく撮影していて驚いた。

 
【E-M1】 AFターゲットは9点×9点の81点
 動きの多い被写体を追いながら撮影する場合に便利なAFターゲット。E-M1は9点×9点の81点でピント合わせを行う。

 
【E-M1 MarkII】 11点×11点の121点オールクロス
 画面を見比べてみると、さらに細かくなっているのがよく分かる。11点×11点で、121点オールクロス像面位相差センサーを搭載。縦75%、横80%の測距エリアで被写体も広範囲に捕らえる事ができる。動く被写体を動体追従クラスター表示にして確認すれば、AFエリアの性能の良さがよく分かりそうだ。

 
【E-M1】 大画面で滑らかな電子ビューファインダー
 光学ファインダーのように自然で滑らかな映像で確認できる236万ドットの大画面で超高精細電子ビューファインダー。表示タイムラグも0.016秒とストレスフリーに被写体を捕える事が出来ていたファインダーだが、そのファインダーもさらに進化。

 
【E-M1 MarkII】 ファインダー(EVF)
 高速連写と121点オールクロス像面位相差センサー。その2つの性能で被写体を捕えるため、ファインダー性能も強化してきた。
 MarkIIのファインダーは最高フレームレート120fps、E-M1の0.016秒よりもさらに早い最短表示タイムラグ0.005秒という高速ファインダーを搭載!

 
【E-M1】 グリップ
 小型軽量ながら大きなグリップで人差し指を置く位置に少しくぼみがあり、ホールド感を高めていたE-M1のグリップ。ただし小型のために指が余ってひっかけられない、という事もあり、もう少しホールド感を高めてほしいという声もあった。

 
【E-M1 MarkII】 グリップ
 そのグリップが改良されてさらに大きくなり、指を引っ掛けるくぼみ部分も深く反っている。実際に握ってみると、グリップが反って高くなっている分、小指までしっかりと握る事が出来て安定度が高い。E-M1よりも重量は少し重くなっているが、ホールド感が高いのでそれを感じない持ち心地だ。

 
【E-M1】 液晶モニター
 液晶モニターは3.0型可動式ハイパークリスタル液晶でチルト式。上に90度、下向きに50度まで開く事ができる。

 
【E-M1 MarkII】 液晶モニター
 MarkIIはさらに稼動領域が広くなり、バリアングルで左側に開く3.0型2軸可動式液晶を採用。ハイ・ローアングルにもさらに強く、収納面でも液晶を傷つける心配が少なくなる。

 
【E-M1】 バッテリー
  約500回繰り返し充電が行えるリチウムイオン電池。容量は1220mAh。

 
【E-M1 MarkII】 バッテリー
  同じく約500回繰り返し充電が行えるリチウムイオン電池だが、容量は1720mAhと、約37%増量。急速充電器は従来の充電器(BCN-1)と比べて充電をおよそ半分の時間で行えるBCH-1を採用。充電器に差し込むとランプで電池残量が表示され、分かりやすい。

 
【E-M1】 カードスロット
 SDHC/SDXC/UHS-I対応、Eye-Fiカード対応のカードスロット。スロット数は1つ。

 
【E-M1 MarkII】 カードスロット
 MarkIIは縦配置のダブルスロット仕様。容量がいっぱいになっても自動で空きのあるカードにデータを記録してくれる。
 対応カードもほぼ同じだが、スロット1はUHS-IIも対応しているので動画などの重いデータの書き込み時には嬉しい仕様だ。

 
【E-M1】 1920×1080のフルHD動画
 E-M1は1920×1080のフルHDでの動画撮影が楽しめる。アートフィルターやムービーエフェクトも合わせて使う事が出来る。
 タイムラプスならHD/フルHDと、4Kにも対応。

 
【E-M1 MarkII】 4K動画
 4Kデジタルシネマ規格の4Kでの動画撮影が出来るので、本格的な映像を撮りたい場合でもMarkIIで充分な動画が撮影できる。5軸手ぶれ補正だから手持ちでも楽しめそうだ。

 
【E-M1】 専用コネクタ USB2.0で接続
 E-M1でのUSB接続方法は、専用コネクタ形状のUSB2.0のケーブルだったのだが、ここもMarkIIでは変化を遂げている。

 
【E-M1 MarkII】 汎用コネクタ USB3.0で接続
 形状は汎用コネクタでUSB3.0対応。手持ちのケーブルでも接続が出来るようになるのは何かと便利。

 
 
OM-D E-M1

OM-D E-M1 MARK2
サイズ(mm) 130.4×93.5×63.1 134.1×90.9×68.9
質量 約443g 約498g
記録媒体 SDHC/SDXC/UHS-I対応、Eye-Fiカード対応 SD/SDHC/SDXCメモリーカード、Eye-Fiカード対応(エンドレスモード非対応)。
スロット1はUHS-T、II対応。
スロット2はUHS-T対応
カメラ部有効画素数 1628万画素 2037万画
手ぶれ補正 ボディー内手ぶれ補正(撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正) ボディー内手ぶれ補正(撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正)。
手ぶれ補正効果:5.5段 6.5段(5軸シンクロ手ぶれ補正使用時)
モニター 3.0型可動式ハイパークリスタル液晶 3.0型2軸可動式液晶 約104万ドット(3:2)、
静電容量方式タッチパネル
シャッター速度 1/8000〜60秒(1/3、1/2、または1EVステップで選択可能)
バルブ/タイム撮影:最大30分(メニュー内で露光時間調整可能。初期設定は8分)
電子制御フォーカルプレーンシャッター/1/8000〜60秒、ライブバルブ、ライブタイム、ライブコンポジット
電子先幕シャッター/1/320〜60秒 電子シャッター/1/32000〜60秒
バッテリー リチウムイオン充電池 BLN-1 リチウムイオン充電池「BLH-1」
レンズマウント マイクロフォーサーズマウント
撮像センサー 4/3型Live MOSセンサー


 ほとんど見た目は同じに見えるのだが、手にして触り、中を見てみるとその違いが随所に散りばめられている。今回は撮影を行わずにスペックだけを比較してみた。もともと小型で持ちやすいモデルだったがグリップのホールド感はさらに増し、ファインダー性能も上がるなど、どんな場所でも、どんな被写体でも追っかけて撮れるぞ、という意気込みを感じる。

 次回は筆者が動く被写体を追っかけまわして撮影する予定です! 実際にどんな写真が撮れるのかは乞うご期待!

2016. 12.5.公開(ぴよこ)

スタッフが使ってみました
E-M1シリーズ
オリンパス|デジタル一眼カメラ「OM-D E-M1 MarkII」ボディ|OM-D E-M1 MARK2ボディ
オリンパス
デジタル一眼カメラ「OM-D E-M1 MarkII」ボディ
OM-D E-M1 MARK2ボディ
会員様web価格 191,450 円 (税込)
 1,915 ポイント進呈
限定 「おひとり様1点」
24時間以内出荷
レビュー 5.0
2016年12月 発売


最近の試用レポート もっと見る

07月 21日 公開
ダリ ブックシェルフ型スピーカー<br>(ウォルナット)【ペア】<br>スペクター SPEKTOR1(ペア)
低価格で真のHi-Fiサウンドに挑む新スピーカーを試聴!
07月 19日 公開
ユアサ 【扇風機】DCモーター搭載 リビング扇(リモコン付 ブラック) YT-DV3418VFR-K
音声で操作ができる、話題の扇風機を試してみました!
07月 17日 公開
ツインバード ホームベーカリー(1斤〜1.5斤タイプ) シャンパンゴールド BM-EF34G
低糖質なブランパンを焼いて、試食してみました!
07月 15日 公開
ハナヤマ はずる キャスト ハーモニー 
最高難易度レベル6のクリアに新人スタッフが挑戦!!
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針