Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧



試用レポート

アサヒリサーチ バイク用ドライビングレコーダー
ドライブマン BS-8


警察仕様がベースのバイクカメラ!
フルハイビジョンの高解像度でライダー目線を記録!!
 カー用ドライブレコーダーとして有名な「ドライブマン」。ブランド名はそのままで"バイク用"として登場したのが、【BS-8】です!

 従来のバイク用カメラは、バイク本体に固定するのが一般的でしたが、「ドライブマン」はヘルメットに装着・ライダー目線で映像を記録します。

 警察も採用したという、ウェアラブルカメラとは一味違うバイク特化型ドライビングレコーダーを実機レビューしてみました!

まずは商品内容をチェック
 左上から、パッケージ、取扱説明書(保証書)、レコーダー本体、可動式ブラケット、脱落防止ストラップ、micro HDMIケーブル、micro USBケーブル、AC充電器、micro SDカード(挿入済み)。

 バッテリーは内蔵式で、満充電時 約8時間動作可能ということなので、ちょっとした日帰りツーリングなら1日分といったところでしょうか。

 録画はメモリーが満タンになったら上書きしていく常時録画方式。センサーによるイベント録画などは搭載されていません。走行中に操作しなくてもよい設計です。

 付属のmicro SDカードは8GB。Full HD録画で約1時間の録画が可能です。
 市販のmicro SDカードは32GBまで対応。32GBであればFull HDで約5時間(HDで約9時間)の録画が可能になります。

 なお、今回は商品サンプルをお借りしており、実際の商品は購入時期によって、構成や内容が変更となる場合がございます。

 
取り付けブラケット
 レコーダーをヘルメットに取り付けるブラケットを見てみましょう。

 カラーバリエーションとして、ホワイトとブラックがあり、今回レビューするのはホワイト色(BS-8W)。ブラケットもホワイトですが、ブラック色(BS-8B)の場合、ブラケットもブラック色となります。

 プレート部分は金属製。レコーダーには磁石が搭載されており(後記)、録画時はここにくっつけます。

 反対側はヘルメット取り付け部分となっており、四つ葉のクローバーの様なカタチ。ヘルメット装着の際は、付属の両面テープでガッチリはりつけます。

 ブラケットには可動部分(ボールジョイント)があり、角度の微調整が可能。さすが警視庁と共同開発しただけあり、質実剛健。性能重視から生まれたデザインには文句を言えません(笑)

 
レコーダー本体
 本体寸法は少し大きめの"折りたたみ式ガラケー"といったところ。液晶画面はLCDモノクロ、現在時刻などが表示されます。

 左上の大きいボタン長押しで電源ON⇒常時録画がスタート。LEDランプが点灯します。

 動作のON/OFF時は、ヘルメット越しでも聞こえる「ピィー」という作動音と、控えめのバイブレーションで伝えてくれるので、ヘルメットを被ったままでも、ON/OFF操作に困ることはありませんでした。

 なお、本体の操作は、必ず停車中に行いましょう。

 
LEDライト
 本体進行方向にはカメラとLEDライト、電源/録画操作ボタンは本体上部、本体の充電や再生時に使用する端子類は後部に集中して配置されています。

 動作時、右上のボタンを少し長押しすればLEDライトが点灯します。チップLEDを採用しており、「そんなに光らんでも」と思うぐらい明るいです。

 遠距離まで届きませんが、例えば街灯の少ない場所からエンジンスタート時、鍵穴を探したり、落とした小銭を拾うときなど…応用を効かせて使えそうです。

 ソロツーリングのキャンプ時なんかにもいいですね。

 
端子部分
 本体後部黒い部分は、端子類を保護するカバー。【BS-8】はIPX6防水設計になっており、走行中突然の雨でも映像の記録が可能です。Full HD⇒HD解像度切り替えスイッチもこの中に搭載されています。

 写真左下の穴には、付属の脱落防止ストラップを取り付けます。記録した動画の再生にはmicro HDMIケーブルでテレビと接続。または、micro SDカードをパソコンに接続して確認可能。

 ファイルは.MOV AVC/H.264形式で記録されており、パソコンでの再生に特に問題はありませんでした。

 テレビと接続して時刻の設定やmicro SDのフォーマットなどの操作が簡単にできましたが、本体のみの操作でフォーマットや時刻の設定ができれば良いのになぁとは思いました。

 
取り付け用マグネット
 本体背面には4つの磁石を搭載。ネオジム磁石でしょうか、かなり強力に吸着します。試しにヘルメットに取り付け済みのレコーダー本体を持って逆さにしてみましたが、ヘルメットが重みで落下する…という様なことはありませんでした。

 この磁力なら、少なくとも法定速度で走っている分には落下しないと思います。

 筆者は、不慮の落下がないように、脱落防止ストラップを通して、2重の安全対策を施しております。

 なぜ磁石がこの配列なのかは、次に説明いたします。

 
ヘルメットへブラケットを取り付ける
 実際に可動式ブラケットをヘルメットに装着してみました。円周外側のチョボっとでた出っ張りを、進行方向に向けて固定します。

 レコーダー本体の装着は、レンズをやや上向けた角度でブラケットに取り付け。その後レンズを下向きにずらします。

 ブラケット内側の小さい出っ張りと、レコーダー本体の磁石部分がフィットする部分で止めると、金具外側の出っ張りと同じ向きに固定されるというシステムです。何回か練習し、慣れるとレンズの向きに不安がなくなります。

 ブラケットの両面テープはかなり強力なので、取り付け位置を確定してから貼り付けます。また、テープが完全にはり付くには、1日そっとしておく必要があります。

 ツーリングなどで使用する際、事前にセッティングしておいたほうが良いですね。

 
本体を装着しました
 最後に脱落防止ストラップを本体とドッキングすれば、ヘルメットへの装着は完了です。

 ヘルメットをかぶる前の印象は、出っ張りのあるインカムといった感じ。しかしヘルメットをかぶった後は、ほとんど重さを感じませんでした。

 液晶画面下にある小さい穴はマイクです。ここから音声を録音するのですが、バイクにお乗りの方は想像がつくと思いますが、後から動画を見てみると、聞こえてくるのはひたすら「ゴボッガボグボフーボグブゴソゴソッ」といった風切り音ばかりです(笑)

 このあたりは別売オプションのウインドジャマーでかなり低減されると思いますが、まぁ、実際走行中は風切り音ばっかり聞こえますよね…。

 
LED信号は?
 ここからは実際の走行映像を切り取った映像を掲載いたします。商品コダワリポイントの1つである「LED信号」は、27.5FPSというフレームレートにより、いわゆる"信号が消える現象"を低減。

 今回走行した場所は関西、つまり電気の周波数が60Hzのエリアなので、LED信号は1秒間に120回点滅(!)しており、1秒間に30コマで撮影しているドライブレコーダーの多くは、タイミングによって青信号なのに信号機が消えている間が数秒続くといった映像になることがあります。

 【BS-8】はこのタイミングを"ずらす"ことにより、動画再生時にも青信号が消えることなく(超高速で点滅)映り続けているので、万が一の時にも安心ですね。

 
実際の走行映像
 続いては走行時の映像です。さすがFull HD、進行方向の車両ナンバーもバッチリ映っており、道路標識も読み取れます。

 再生動画を見て思ったのは、ドラレコ本体がヘルメットにガッチリ装着されているので、映像のブレ加減が想像以上に少ないということでした。

 これが車載マウントのドライブレコーダーであれば、道路のショックをかなり拾ってしまい、映像がブレてしまいがち。

 安全確認などで視線が動くと、映像もグワっと大きく動いてしまうのは仕方ないところデス。

※ナンバーは加工してあります。

 


 バイク用ドライビングレコーダー ドライブマン【BS-8】のレポートでした。

 実際に走行したのは短時間ですが、改めて録画した映像を見てみると、自分が走行した道路をそのままプレイバックしているので(当然なのですが)、何だか新しい楽しみを見つけた感じがして、ずっと見続けてしまいました。

 例えばツーリング時に録画しておき、後日再生して楽しむなど…私であればきっとワインディングロードを録画して楽しむと思います。バイク用に特化した商品であり、常時録画していると考えると安全運転につながるので、自制心の強化にも役立ちますよ(笑)

 すでに免許をお持ちで、大型二輪の取得を目指している方には、運転の練習動画としてもピッタリなのではないでしょうか。

2017. 4.6.公開(そときち

スタッフが使ってみました
ディスプレイ非搭載ディスプレイ非搭載
アサヒリサーチ|バイク用ドライビングレコーダー (ホワイト)|BS-8Wアサヒリサーチ|バイク用ドライビングレコーダー (ブラック)|BS-8B
アサヒリサーチ
バイク用ドライビングレコーダー (ホワイト)
ドライブマン BS-8W
アサヒリサーチ
バイク用ドライビングレコーダー (ブラック)
ドライブマン BS-8B
メーカー希望小売価格 27,972
会員様web価格 27,970 円 (税込)
 2,797 (10%) ポイント進呈
メーカー希望小売価格 27,972
会員様web価格 27,970 円 (税込)
 2,797 (10%) ポイント進呈
お取り寄せ お取り寄せ 
お届け:1〜2週間
2016年09月 発売
24時間以内出荷
レビュー 3.0
2016年09月 発売



最近の試用レポート もっと見る

04月 21日 公開
ボーズ Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン QUIETCONTROL30BLK
街中に飛び出して、ノイキャン機能を試してみました!
04月 19日 公開
JNNEX Retro-bit GENERATIONS 
名作ソフト80タイトル内蔵のゲーム機で遊んでみました!
04月 17日 公開
佐藤商事 家庭用シミュレーションゴルフ(ジョイ スイング) STL-PG100
ご家庭で楽しめる本格派シミュレーションゴルフを試す!
04月 14日 公開
エレコム モバイルフォトプリンター EPR-PP01WWH
スマホに入っているデータを自宅でプリントしてみました!


my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針