Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧



試用レポート
ユピテル
ディスプレイ搭載 ドライブレコーダー DRY-mini1XII

手軽に使える、ユピテル・ドラレコ「シンプルシリーズ」
コンパクトサイズのHD常時録画モデルを実車レポート!
 最近、もしもの事故への備えとして、ドライブレコーダーを購入する方が増えてきました。そんな中、多くのドライバーから支持を集めているユピテルのベストセラーモデルが新しくなって登場。コンパクトながら100万画素のHD常時録画を実現しているとのことです。

 取り付けが簡単で、コストパフォーマンスに優れたモデルを、実際の走行画像も交えてレポートいたします!

中身をチェック
 商品内容は極めてシンプル。必要最低限の付属品のみとなっております。そのため、「このケーブルどこに挿すの?」みたいな悩みは一切ありません。この辺りからも、ベストセラー・シンプルモデルの片鱗が伺えます。
※サンプル品の為、一部仕様が異なる場合がございます。

 
コンパクトな本体
 続いて本体をチェック。サイズは、幅55×高さ45×奥行29mm(突起部除く)。レンズが少し出っ張っているだけで、とてもコンパクト。これならフロントガラスに装着しても、視界をさえぎる事はないでしょう。
 左側に見える端子は電源コード用。後は下部にmicro SDカードスロットがあるだけ。個人的に使用しない端子が丸出しなのは苦手なので、余計な端子が無いのは好感度アップでした。

 
ディスプレイ
 本体背面には、1.41インチのディスプレイを搭載。小さくてもスゴいんです。
 今回新たに、「SD」ボタンを左上に配置。このボタンを押すと、micro SDカードをフォーマットする画面を表示。手軽にフォーマットを行える仕様となっております。

 
8GBのmicro SDカード搭載
 【DRY-mini1XII】には、micro SDカード(8GB class10)があらかじめ本体に搭載されているので、購入してすぐに使えます。
 録画した動画をパソコンなどに残しておきたい場合は、装着されたmicro SDカードの背を爪先などで軽く押すことにより、取り出すことができます。
 micro SDカードはとても小さいので、紛失にご注意ください。

 
車に取り付けます
 では実際に車へ取り付けてみましょう。本体の高さはブラケット部を含んでも、約8cm。コンパクトなので、ほぼバックミラーに隠れてしまいます。
 コードは右側から出るので、うまくピラーへ導きましょう。市販のパネルはがしヘラを使うとスムーズに取り付けが行えます。
※本体はフロントガラス上部20%の位置に設置してください。ブレーキアシスト付きなどの一部の車種は取り付け位置が制限されますのであらかじめご確認願います。

 
シガーソケットにさしこむ
 電源コードは、車載のシガー電源へ挿し込みます。今回も市販の延長ソケットへさしこみました。
 ヒューズが正常であれば、ソケットのクリア部分が緑色に光ります。これでセットは完了です。

 
実際の液晶画面
 電源が入りました。常時録画が始まります。小さいながらもディスプレイが搭載されているので、カメラレンズの向きを容易に調整可能です。
 画質は…1.41インチながら、頑張っていると思います。常にこの画面を凝視するわけではないので、確認用と考えれば十分ですね。
※以下写りこんだナンバープレートは加工してあります。

 
録画設定画面
 設定は左右のボタンで行います。音声録画のON/OFFも可能です。気をつけないといけないのは、初期設定が「全て上書き」の為、イベント記録が消えてしまわないように、「常時録画上書」に変更しましょう。
 また、曜日の設定もここで行ってください。私はこの設定を忘れて、下記動画の日付が初期設定のままでした…。

 
走行画像『昼』
 実際に走行してみました! 映像はハイビジョン画質、走行動画をキャプチャしたもの。前方を走る車のナンバーもバッチリ読み取れましたが、反対車線を走る車のナンバーなどは読み取れませんでした…。これはフルハイビジョン以上でないと難しいですね。
 しかしながら記録映像として、うまく撮れてると思います。標識などは難なく読み取ることができました。
(記録時間は気にしないでください…)

 
走行画像『夜』
 続いて夜の走行です。このときは高速道路でしたが、夜間ながら標識もクッキリと映り、見栄えも良いと感じました。さすがはハイビジョン。
 録画は車の電源ONと同時に行う『常時録画』がメイン。センサーが搭載されていないシンプルモデルなので、イベント時には「MODE」ボタンを押す事により、その前後を別フォルダとして保存。上書きを防止します。
 イベント記録時間は設定により1分から変更可能です。

 
LED信号機は…
 【DRY-mini1XII】はLED信号の東日本・西日本、それぞれの周波数に対応しております。ここJoshin web事務局のある大阪での録画映像を見てみると、完全に点滅は消えませんが、対策をしていないドライブレコーダーよりも、チカチカではなく明らかに少ない点滅(2秒に1回程度)になっていました。
 これなら後から録画映像を見ても、「どちらの信号が青か赤か」といった問題は出ないかと思われます。

 
走行画像『街灯の少ない道』
 最後に夜の一般道走行画像を見てみましょう。横断歩道や停止線、対向車など視覚的な要素は満たされています。
 天井が高速道路なので、空からの明かりがなくてもここまで映っているのは、コストパフォーマンスを考えても十分では無いでしょうか。
 また、記録した動画はWindows標準のWindows Media Playerで再生可能。別途ビューワーソフトは必要ありません。

 
※動画の日付は初期設定のままです。


 ベストセラーモデル「DRY-MINI1」から続く最新機種【DRY-mini1XII】は、コストパフォーマンスを考慮したシンプルシリーズ。ドライブレコーダーとして必要な「常時録画」・「画質」・「液晶画面」を高次元でパッケージング。不要なものをそぎ落とした、スキの無いモデルでした。

 初めてドライブレコーダーを導入される方が、いきなり数万円もするモデルを購入するには勇気が必要です。しかしこのシンプルシリーズは、「導入してみようかな」という気にさせる魅力がありました。

 もちろんすでにドライブレコーダーをお持ちの方にも、セカンドカー用などにいかがでしょうか。

2016. 8.17.公開(そときち

スタッフが使ってみました
ディスプレイ搭載

対象:5,000円以上
ユピテル|ディスプレイ搭載 ドライブレコーダー|DRY-mini1XII
ユピテル
ディスプレイ搭載 ドライブレコーダー
YUPITERU
DRY-MINI1X2 DRY-mini1XII
完売いたしました
レビュー 4.0
2016年07月 発売
■ 仕 様 ■
  • 電源電圧:DC12V(5V入力)
  • 画面:1.41インチ フルカラーTFT液晶
  • 動画画像(100万画素)…
    ・720P:1280×720
    ・VGA:640×480
  • 静止画画像(300万画素)…
    ・3M:2240×1344
    ・2M:1872×1056
    ・1.3M:1536×864
    ・VGA:640×480
  • 映像ファイル形式:AVI[MJPEG](動画)、JPEG(静止画)

最近の試用レポート もっと見る

04月 21日 公開
ボーズ Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン QUIETCONTROL30BLK
街中に飛び出して、ノイキャン機能を試してみました!
04月 19日 公開
JNNEX Retro-bit GENERATIONS 
名作ソフト80タイトル内蔵のゲーム機で遊んでみました!
04月 17日 公開
佐藤商事 家庭用シミュレーションゴルフ(ジョイ スイング) STL-PG100
ご家庭で楽しめる本格派シミュレーションゴルフを試す!
04月 14日 公開
エレコム モバイルフォトプリンター EPR-PP01WWH
スマホに入っているデータを自宅でプリントしてみました!


my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針