ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

TVゲーム|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
  • ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイトのメイン画像
  • ペルソナ5 ダンシング・スターナイトのメイン画像

今宵、ペルソナの仲間達と一緒にダンシング!

Joshin 試用レポート
アトラス 【PS4&PS Vita】
ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

 こんにちは、sansaiです。RPG好きな筆者が今回遊んだタイトルは「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」と「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」。
 アトラスの超人気RPG「ペルソナ」シリーズの中で、2006年の発売以来、 今だ高い人気を誇る「ペルソナ3」と、2018年4月にアニメ化もしたシリーズ最新作の「ペルソナ5」が、サウンドアクションゲーム(音ゲー)として登場しました!
サウンドアクション以外にも、作中に登場するキャラクターの魅力を堪能できるイベントなどが楽しめるらしいので、さっそくプレイしていきたいと思います。

「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」の「DANCING!」モードをプレイ!

  • ダンスホールのような知らない場所に連れられた主人公達が女性に話しかけているシーン
    何やら不思議な空間に。周りにはシリーズファンお馴染みの顔ぶれが。
  • ダンスホールの女性はエリザベスと申している写真
    エリザベス?いやエリP?
  • 主人公がなぜダンスをしないといけないか問いかけのシーン
    ゲストって一体なんだ??
  • 真田明彦が自分は構わないけど、どうするかと問いかけているシーン
    真田先輩、そんなあっさり決めなくても…

 まずはメインである「DANCING!」モードをプレイ! プレイをはじめると薄暗い「クラブ」のような場所が目の前に広がり、周りを見渡すと仲間達の姿も。誰もここがどこなのか分からず途方に暮れていると「エリザベス」(エリP?)と名乗る謎の女性が登場。
 どうもここは「クラブ・ベルベット」という夢の中にある空間で、エリザベスからの急なお願いでダンスをすることになりました。

まずはチュートリアルで基本的な動作を練習!

  • 中央から星が流れて、側面の6つの丸に合わさろうとしている画像
    対応したボタンを押す「ノート」
  • 中央から両端にUと付いた長細いバーが側面の丸に近づいている画像
    左右の対応したボタンを同時に押す「ユニゾン・ノート」
  • Dが2つに重なったものが丸に重なりそうな画像
    対応したボタンを2連続で押す「ダブル・ノート」
  • Hと書かれた長いバーが丸に近づいている画像
    一定時間の間、ボタンを長押し「ホールド・ノート」
  • 中心から円が出ている画像
    円が重なるタイミングで左右のスティックを弾く「スクラッチ」

 ダンスをすることに決めた後は、チュートリアルで基本的な操作を確認します。サウンドアクションをプレイするのは久しぶりなので10〜15分くらい時間を掛けてじっくりと確認しました。(10〜15分ってじっくりなのかな?)
 一つ一つの操作自体はシンプルなのですが、連続してボタンを押したり、同時に複数の操作で慌ててボタンを押し間違えたり、タイミングが若干ズレたりと、意外と難しい。この辺りの絶妙な難易度は「RPGじゃなくても、さすがアトラスさん」と思いました。チュートリアルは飛ばすことも可能です。

実際にプレイ!

  • Soul Phraseを選んでいる画像
    難易度(★の数)が低いのを選んで
  • Soul Phraseをプレイスタートする画像
    プレイ開始!
  • キャラクターが踊っている画像
    キャラクターがヌルヌル動いて、おしゃれなMVみたい!
  • 中心から星が流れている画像
    タイミング良くスティックを弾いて虹色のリングをブレイクすると…
  • FEVERと中央に表示されている画像
    「FEVER TIME」に突入!
  • クリアできなかった画像
    …でも、ステージクリア出来ない…。

 チュートリアルでみっちり鍛えた?あとは、いよいよ実際にキャラクターと曲をチョイスしてプレイ開始!
 元々「ストーリー」もさることながら「音楽」でも高い評価を受けている「ペルソナ」シリーズ。キャラクターがヌルヌルと滑らかに動くのも相まって、本物のMV(ミュージックビデオ)みたいでオシャレ!
 映像に見とれているとクリアできないので、先ほど覚えたテクニックを駆使してダンシング!円と重なるタイミングでスティックを弾く操作も連続で成功させ「FEVER TIME」でパートナーとの共演も堪能できたのですが、結果としてステージクリア出来ず…。

そんな時はカスタマイズと難易度調整

  • 難易度が星3つのWiping All Outを選んでいる画像
    曲を選択時に左右キーで難易度の調整
  • 途中終了しないをONにしている画像
    スコアは減ってしまうが、クリアしやすいようにカスタマイズすることが可能!
  • おしゃれ眼鏡(黒)をキャラクターにつけているし画像
    キャラクターのコスチュームなどの変更も可能
  • NORMALでクリアした画像
    よし!ステージクリア!でも…
  • スコアが減っていく画像
    ああ…スコアが減っていく…次こそはカスタマイズなしで頑張るぞ!
  • HARDをクリアした画像
    よし、カスタマイズせずに難易度「HARD」をクリア!(アトラスの営業さんが)

 一曲もクリア出来ないまま、刻々と時間は過ぎてゆき…。このまま終わるのは面白くないので、一緒にいたアトラスの営業さんに相談。…ちょっと苦笑いしつつも、カスタマイズの方法を教えてくれました!曲→衣裳→パートナーを選んだ後に「PLAY CUSTOM」の項目を選ぶことで、細かい設定の変更が可能。筆者のように難易度を下げる代わりにステージクリア時のスコアが減ったり、逆に難しい設定をする見返りにスコアが上がるようにしたりと、自分の腕に合わせて設定が出来ます。

 他の設定もみてみると、なんと衣装のモードが。キャラクターのコスチュームや装飾品の変更も可能です!クリアしたり一定の条件をクリアするとアイテムが増えていくので、色々なパターンを自分でカスタマイズして楽しめますよ。

 ハンデをつけた甲斐もあり、なんとかステージをクリアすることに成功!!でも、クリア後にスコアが減っていくのを見ると、とても悲しい気持ちになってしまいました。(スコアの「-24%」はさすがにやりすぎたかなあ…)
 悲しい気持ちを紛らわすため、アトラスの営業さんにお願いしてカスタマイズ無しで、難易度「HARD」をクリアしてもらいました。(さすがだ!!)

 「何度か挑戦していく度に上手くなっていきますよ」と慰めてもらい、その後何度かチャレンジすると、カスタマイズなしでもクリアできるように!どんどんクリアできるのが楽しくて、時間を忘れてしまいました。

「COMMU」モードで仲間達とのイベント!

  • メニュー「COMMU」モードを選択している画像
    「COMMU」モードを選択
  • 左に岳羽ゆかりと右に真田明彦がた立っていて岳羽ゆかりが「あ、キミも練習?」とプレイヤーに聞いている画像
    各キャラクターとのイベントが楽しめる
  • 会話中に選択肢が出てきている画像
    会話中には、選択肢が出ることも
  • アクセサリーを手に入れた画像
    絆を深めることで、コスチュームや曲が解放!

 「DANCING!」モードが一段落したところで、今度は「COMMU」モードを遊んでみました。 まだプレイし始めたばかりなので、とりあえず選択できるキャラクターとイベントを選択。 選んだキャラクターとの会話(イベント)が始まり、会話の途中では選択肢も発生。 選択肢をどれにするか悩ましいところですが、自分の好きなキャラクターとのイベントを見るのはやっぱりテンションが上がりますね!

「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」もプレイ!

  • キャラクターがクラブ・ベルベットに迷い込んでいる画像
    やはり「クラブ・ベルベット」に召集された様子
  • モルガナで「DANCING!」をプレイしている画像
    「DANCING!」モードの基本操作は一緒
  • 「FEVER」発生中の画像
    プレイに慣れてきて「FEVER」も余裕で発生!
  • ステージクリアした画像
    「NORMAL」なら難なくクリア
  • 「COMMU」モードで双葉とクラブ・ベルベットにきた画像
    「COMMU」モードも「ペルソナ5」のキャラクターで楽しめる!

 続いて「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」をプレイ! 登場するキャラクターや楽曲は当然「ペルソナ5」のものですが、基本的なゲームの流れは同じ。 既に「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」で鍛えた(?)だけあって、 最初のステージなら難易度「NORMAL」であれば、1発でクリアできましたよ!! 「COMMU」モードも同様に、数々のイベントが用意されているので長く遊べそうですね。

PS Vita版でもプレイ!

  • PSVITAでペルソナ3ダンシングムーンナイトをプレイしている画像
    画面が小さい分、全体の動きが把握しやすい
  • PSVITAでペルソナ5ダンシングスターナイトをプレイしている画像
    十分に満足できる画質

 PS4版を堪能したあとで、PS Vita版の『P3D』『P5D』もプレイ。 最初にプレイして思ったのは、画面が小さい分全体の動きが把握しやすいということ。 実際に同じ曲でプレイしてみても、若干ですがPS Vita版のほうが良いスコアを出すことが出来ました。(あくまで個人的な感想なので、人によって違うかもしれませんが…。)
 また本体の性能上PS4版よりは劣りますが、サウンドアクションゲームとしてプレイする分には十分に綺麗な画質だと感じました。

まとめ

 「ペルソナ」シリーズは音楽、特にボーカル付の戦闘曲が好きだったので、今回アトラスさんにお願いして発売前にプレイさせてもらいました。
 サウンドアクション自体は、かなり久々(多分5、6年ぶりくらい)だったので最初は戸惑ってしまいましたが、カスタマイズを駆使することで初心者でも楽しめるような設定が可能なので楽しくプレイできました。1つ1つの操作自体はシンプルなので、プレイを続けて操作に慣れれば、カスタマイズ無しでハイスコアを狙うのもアリですね!また、ダンス以外にも「COMMU」モードでのイベントの数々は「ペルソナ」シリーズを遊んだことのあるユーザーなら、ちょっと「ニヤリ」とするようなものもあり、一見の価値アリ!ぜひプレイしてみてください! 2018.5.22 (sansai)


スタッフが使ってみました
  • このページは参考になりましたか?

商品はこちら

▲このページのTOPへ

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記