Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧



試用レポート
ツインバード
サイフォン式コーヒーメーカー CM-D854BR

レトロなデザインが目を引く、おしゃれなコーヒーメーカー
こだわりのサイフォン式で、美味しい1杯を淹れてみました!
 オシャレなカフェやこだわりのコーヒーを提供するお店で見かけるサイフォン式のコーヒーメーカー。コーヒー好きの方なら、自宅でも使ってみたいけど、どこで売っているんだろうって考えたことがあるんじゃないでしょうか。

 そこで今回はご家庭で使える、電気式のサイフォンコーヒーメーカーを使った、こだわりの1杯をレポートさせていただきます。

セット内容
 本体と豆を測る計量スプーン、ろ過器、コーヒーを混ぜる竹べらに取り扱い説明書が付属。必要なものはそろっているので、あとはコーヒー豆と水があればコーヒーが作れる。

 
形がオシャレなサイフォン式!
 一般的なコーヒーサーバーと同じくらいの大きさのサイフォン式コーヒーメーカー。このフラスコ型の丸いガラスサーバー(本体下部)に、ガラスロートが乗っている姿が筆者はとても好きだ。
 なお、1回の抽出で最大4杯分のコーヒーが淹れられるとのこと。

 
フタがロート立て
 ロートの上のフタを外してひっくり返すと、ロート立てになる。コーヒーを抽出し終えた後などに立てておくのに便利。

 
ヒーター部分
 ガラスサーバーを持ち上げて外すと、サーバーの下部を包み込むような丸いヒーターが登場。サーバーをセットすると自動で電源が入るので、使わない時やヒーターを止めたい時は電源コードを抜いておく。電源コードはマグネット式で取り外しやすい。

 
使う前にろ過器は煮沸します
 コーヒーをろ過する、ろ過器。使い始めはろ過布のニオイや不純物を取り除くために一度煮沸してから使用する。

 
ガラスロートにろ過器をセット
 煮沸が終わったらロートにろ過器を入れて、ろ過器から伸びたクサリを引っ張りフックをガラスロートのパイプに引っ掛けて固定する。

 
ロートにコーヒー豆を入れる
 ろ過器をセットしたロートにコーヒー豆を計量スプーンで入れる。今回は4杯分作るので計量スプーンで4杯分をセット。豆はお店で中挽きしてもらった。
 サイフォン式は中挽き〜細挽きの豆がオススメです!

 
ヒーターにガラスサーバーをセット
 サーバーに目盛があるのでそれに合わせて水(お湯)を入れてヒーターにセットすると電源ランプが点灯し、ヒーターに熱が入る。

 
ガラスロートは沸騰するまで傾けたまま
 ガラスサーバーをセットしたらロートを乗せる。沸騰するまではサーバーの口を密閉させず、傾けたまま上に乗せておく。

 
クサリの先から気泡が出てきた!
 10分くらいするとガラスサーバーが水蒸気で曇りだし、底の方から気泡が出てきた。コンコンという小さな音と、クサリに小さな気泡が付き出したら沸騰の合図。

 
ガラスロートとサーバーをしっかりセット
 沸騰したら傾けて置いていたガラスロートをしっかりとセットし、密閉状態にする。

 
お湯が圧力でロート側に押し出されてきた!
 密着させるとすぐにロート側にお湯が押し出されてきた! 写真では分かりにくいかも知れないが、お湯と豆が混ざり合っていないのでお湯に均一に浸るように付属の竹べらで混ぜる。

 
豆を下に落とすように竹ベラで混ぜる
 お湯が粉を持ち上げてきたらお湯に浸るように豆を押さえる。

 
サーバー側のお湯が無くなった
 サーバー側のお湯が全てロートに押し出されたら、約1分後にヒーターからサーバーを降ろして加熱を終了させる。
 撮影などもしていたからか、密閉してからロートにお湯が上がり、サーバーのお湯が無くなってヒーターから降ろすのは一瞬だった気がする。目を離さずコーヒーとしっかり向き合う時間。

 
ヒーターから降ろすとコーヒーがサーバーに帰ってくる
 しばらくすると、ロートに上がってきたコーヒーがサーバーに帰ってきた。

 
表面がキメ細かくクリーミーになると、かくはん完了
 ヒーターから降ろした後、粉に含まれている炭酸ガスを抜いて抽出をスムーズに行えるように竹べらでかくはんをする。表面がキメ細かくクリーミーになればかくはん完了! あとは抽出が終わるまで待つべし。

 
たっぷり4杯分!
 ロート側のお湯も全部落ちてたっぷり4杯分のコーヒーが完成! 事務所中がコーヒーのいい香りに包まれて喫茶店のようだ。

 
ロートを外してロート立てに置いて・・・
 コーヒーが完成したのでロートを取り外し、ロート立てに置く。早く出来立てのコーヒーを味わおう!

 
カップに注ぐ。ワクワク・・・。
 カップに注いでみると、普段より深い色のコーヒーになっている気がするなぁ。どんな味かな、ワクワク・・・。

 
いつもよりも深みがあって濃いコーヒーだ!
 普段からよく買うコーヒー豆だけど、いつもよりも全然濃い! 深みがあって、コクもある! この後、同じ豆でドリップしたけど、サイフォンの深みのある味と比べると、少しもの足りないというか、何かが欠けている、という味に感じてしまった。
 他のスタッフにも、サイフォンとドリップの両方を試飲してもらったが、やっぱりサイフォンの方が圧倒的に支持を集め、その多くは筆者と同じような感想だった。

 
ガラスサーバーは取り外せる
 ガラスサーバーはハンドル部分から取り外せるので、お手入れの時には外してサーバーだけを洗う。

 
ろ過器は水洗いして冷蔵庫で保管
 使った後のろ過器は水洗いをして冷水につけて冷蔵庫で保管する。

 


 コーヒー豆をセットして抽出が終わるまでトントンと作業が進み、あっという間にコーヒーが出来た。水が沸騰してロートを密閉させてからは付きっきりでコーヒーと向き合う時間となり、味だけではなく作っている間もコーヒーを楽しむ時間だ。

 サイフォン式のコーヒーは、ドリップに比べると手間隙はかかるけど、味の深みはかなり増す。このレポートで、豆の力を存分に引き出した1杯が堪能できた。また、冷めてから飲んでも風味や香りが落ちず、美味しいコーヒーが楽しめたこともご報告しておきたい。注ぐ時にサイフォン独特のハンドル部分を持ってサーバーを傾ける時間もちょっと楽しい。

 ドリップ式ならフィルターごと豆を捨てられるけれど、フィルターを手洗いして冷蔵庫で保管するというのも、格式高い美味しいコーヒーの為のひと手間だ。豆本来の深い味わいで楽しめるサイフォン式コーヒーメーカーで、こだわりの1杯を楽しみませんか? いつもの豆がまた違った味わいになりますよ!

2016. 9.7.公開(ぴよこ)

スタッフが使ってみました
コーヒーメーカー
ツインバード|サイフォン式コーヒーメーカー ブラウン|CM-D854BR
ツインバード
サイフォン式コーヒーメーカー ブラウン
TWINBIRD CM-D854BR
メーカー希望小売価格 21,600
会員様web価格 9,870 円 (税込)
 99 ポイント進呈
翌日出荷
レビュー 5.0
2016年04月 発売
■ 仕 様 ■
  • カラー:ブラウン
  • 容量:最大480ml(目安:約4杯分)
  • 本体サイズ(約):幅25.5×奥行18.0×高さ32.5cm
  • 重量:約1.8kg
  • 消費電力:400W
  • コード長:1.4m(マグネットプラグ式)
  • 付属品:計量スプーン×1、ろ過器 ×1( ろ過布、ろ過布取付金具、クサリから構成 )、竹べら × 1、ガイドシート × 1

最近の試用レポート もっと見る

04月 24日 公開
サウンドブレナー バイブレーションメトロノーム<br>サウンドブレナー・パルス SOUNDBRENNER PULSE
振動で伝える新感覚のメトロノームを装着して演奏してみました!!
04月 21日 公開
ボーズ Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン QUIETCONTROL30BLK
街中に飛び出して、ノイキャン機能を試してみました!
04月 19日 公開
JNNEX Retro-bit GENERATIONS 
名作ソフト80タイトル内蔵のゲーム機で遊んでみました!
04月 17日 公開
佐藤商事 家庭用シミュレーションゴルフ(ジョイ スイング) STL-PG100
ご家庭で楽しめる本格派シミュレーションゴルフを試す!


my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針