Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
my Joshinお気に入り購入履歴連絡帳マイレビュー
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧
Joshin web特集 カプセルコーヒー比較 ネスプレッソ・ドルチェグスト・ドリップポッド いろいろ飲み比べてみた!!

子供の時は、ただただ苦いだけの大人が飲む飲み物だと思っていたコーヒーが、今では朝、仕事中や食後、カフェで一息つくときなど、 何かと理由をつけて飲んでいる、無くてはならない飲み物となった。そんな愛すべきコーヒーが最近ではコンビニで手軽に淹れたてが飲めるようになるなど、広く愛され、美味しさへの欲求が高まっている。
コンビニで買えるようになったとはいえ、もっと手軽に美味しいコーヒーが飲みたい。できれば家から一歩も出ずに美味しいコーヒーが飲みたい。
だけどお店で飲めるようなラテやオシャレなフレーバーは、家ではなかなか作れないし・・・。簡単に美味しいコーヒー飲める家電、ないかなぁ? あるんです!

ご家庭でも美味しいコーヒーを飲めるという事で、人気が定着しはじめているカプセルコーヒーメーカー。淹れるのが難しいエスプレッソや美味しいラテも手軽にボタン1つで作る事が出来ます。 そこでJoshin webでは、人気のカプセルコーヒーメーカーを集めて実際に飲みくらべ! 使い勝手やお手入れ方法なども含めてご家庭にあったコーヒーメーカーのご提案をいたします。 (よし、ドーナツの用意だ・・・!!)

---------------------------------- 目次 ----------------------------------

 使用するカプセルコーヒーメーカー  コーヒーでお腹がはちきれそうだ!  まとめとスタッフがほしいと思った1台



  使用するカプセルコーヒーメーカー
フォームミルクを使ったバリエーション
メニューも手軽に出来る
バラエティー豊富なカプセルで、ラテやエスプレッソが楽しめる! 1台でカプセルも
ドリップコーヒーも可能
プロのハンドドリップの味わいを、
一杯から楽しめる
ネスレ ネスプレッソコーヒーメーカー ラティシマ・タッチ F511 ネスレ
ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2プレミアム MD9771 タイガー
コーヒーメーカー バーミリオン
TIGER CAFE VARIE(カフェバリエ)
ACT-B040-DV UCC UCCドリップポッド DP-1
ネスレ ネスプレッソコーヒーメーカー ラティシマ・タッチ F511
使用カプセル:ネスプレッソ専用カプセル
ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2プレミアム MD9771
使用カプセル:ドルチェグスト専用カプセル
タイガー コーヒーメーカー バーミリオン カフェバリエ ACT-B040-DV
使用カプセル:ドリップポッド
UCC ドリップポッド DP-1
使用カプセル:ドリップポッド


 カプセルタイプならコーヒー豆の酸化にも強い!
コーヒー豆は乾燥させて乾煎り(焙煎)するので水分は蒸発し、新鮮さは見た目では分かりにくいが、 コーヒー豆は野菜などと同じ生鮮食品とも言われ、日が経つと酸化して味が悪くなる。 ハンドトリップでお湯を注いだ時、粉のふくらみがいつもより悪いと感じたり、飲んだ時に酸味や嫌な苦味を感じる場合には、コーヒー豆が酸化してしまっている可能性も・・・。

コーヒー豆は空気に触れる事で酸化は始まってしまうので、買ってきたコーヒー豆の袋を一度開けてしまうと鮮度はどんどん落ちていく。
酸化を防ぐには、直射日光が当たらず、出来るだけ空気に触れず、湿気の少ない場所での保管するのが望ましく、冷凍庫で保存されているご家庭も多いのではないだろうか。 それでも美味しいコーヒーを楽しむなら出来るだけ早く使い切ってしまうのが一番! しかしそんなにすぐに飲みきれなかったりもするわけで。
1杯1杯が密閉容器で個包装のカプセルコーヒーなら、鮮度が高い状態で、飲みたい時にいつでも飲める!というわけだ。
このあとの記事によく登場する『クレマ』とは・・・
エスプレッソの表面に浮かぶクリームのような泡のこと。キメの細かい泡がコーヒーの味をまろやかにして、口の中で香りを長持ちさせてくれる。


  カプセルコーヒーメーカーを会議室に並べて ジョーシンカフェの開店準備
カフェのオープン記念に写真を撮る、バリスタぴよこ (カプセル投入係)
会議室で炊き出しを行ったり、会議室を映画館に変身させた事もあるが、今回はどのカプセルコーヒーメーカー(以下:コーヒーメーカー)も比較的軽くてコンパクト。部品も少なく、カフェ化が短時間で行えた。カプセルも沢山あるし先にプレオープンを始めてしまおうか・・・という、よこしまな気持ちを抱きながらコーヒーメーカーの確認を行う。今はガマンガマン・・・。

 【ネスプレッソコーヒーメーカー】 キメ細やかなクレマや、フォームミルクも作れる本格派!

ネスレ ネスプレッソコーヒーメーカー ラティシマ・タッチ F511 ネスレ ネスプレッソコーヒーメーカー ラティシマ・タッチ F511
水タンク容量:約0.95L、ミルクタンク容量:約0.4L、カプセル:専用カプセル

赤と黒のシックなボディ。右側にはミルクタンクを取り付ける。 本体上部にタッチパネル式の操作ボタン。左がエスプレッソ、右がラテのメニュー。 カプセル投入口は注ぎ口の上に隠れている 使用済みカプセルは注ぎ口の下に設置されたカプセルコンテナに自動で落ちる
ボディの後ろの水タンク。かなり薄型(容量:約0.95L)
今回使用するコーヒーメーカーの中で一番大きくて重量感もある。深い赤と黒のシックなボディに、タッチパネル式のボタンなどデザイン性が高く、最高19気圧の高圧抽出でキメ細やかなクレマを作る本格的なエスプレッソメーカー。

カプセル投入口は、注ぎ口の上部に付けられた銀色のハンドルを押し上げると現れる。メニューボタンはエスプレッソメニュー、ラテメニューが各3種類。それぞれのカプセルのおすすめの抽出量で選んでもいいし、自分好みの濃さで抽出量を変えても良い。抽出が終わると自動で止まり、使用されたカプセルは注ぎ口の下に設置されているカプセルコンテナに自動で落とされる。カプセルコンテナは最大10個収まる充分な大きさがあるので、連続して使う時などはその度にカプセルを捨てる手間がいらない。

本体前面の右側には付属のミルクタンクが取り付けられる。牛乳を注げばふんわりとしたフォームミルクを使った本格的なカプチーノやラテなどのメニューが楽しめる。タンクの上のダイヤルを使えばフォームミルクの量を自分好みに調節出来る。

「ヴィヴァルトルンゴ」の中をのぞいてみた
写真は「ヴィヴァルトルンゴ」のカプセル。
空気や光から豆を守るアルミニウムボディを採用。ボディの色によって味が違う。カプセルを並べて飾っておいてもオシャレに決まる上品なカラーリング。
エスプレッソを作る時には深煎りの焙煎で細かく粉砕された豆が適している。フタを剥がして中を見てみると、豆は超深煎りのような黒い色で、サラサラとした砂のように細かく挽かれていた。エスプレッソ向きに作られたカプセルだと分かる。どんな味のコーヒーが出来るか楽しみだ。



 【ドルチェグスト】 バラエティ豊かなカプセルで、ラテやエスプレッソが楽しめる!

ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2プレミアム MD9771 ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2プレミアム MD9771
水タンク容量:1.0L、カプセル:専用カプセル

ペンギンのような形をしたボディと、付属のカプセルを捨てるボックス 本体頭部にはメモリ目安となるディスプレイと銀色のロックハンドル 抽出レバーを上下に動かすとメモリの操作。抽出時は赤側、お手入れ時は青側に倒す くちばしのようなつまみを引くとカプセル挿入口が現れる
横から見るともっとペンギンみたい!水はたっぷり注げる1L。
ネスプレッソと同じシックな色合いのドルチェグストだが、サイズも小さくペンギンのような形をしているからか、キュートな印象。コンパクトながらも最高15気圧の抽出でクレマと香りの高いコーヒーが作れ、水タンクの容量はたっぷり使える1L。レギュラーコーヒーやエスプレッソはもちろん、抹茶ラテやチョコチーノなどのカフェのようなメニューも簡単に楽しめる。

従来品は手動のハンドル操作で湯量を加減しての抽出だったが、『ジェオニ2プレミアム』はオートストップ機能を採用している。電源を入れると頭にメモリが表示され、カプセルに記載されている最適な抽出方法に、本体上部の後ろにある抽出レバーを上下に倒してメモリを合わせる。抽出の時はレバーの横に書かれている赤いマークの方向へ倒し、使用後のお手入れで抽出口を洗う時は、青側に倒して常温水を流す。

写真は「レギュラーブレンド」のカプセル。
プラスチックボディで、開けてみると容器に対して豆の量は3分の1ほど。容器の内側に透明フィルムが豆を覆うようにピッタリと張られていて、小さな穴が無数に開いていた。
そこから少し豆がビニールの上に出てきているが、豆の挽き方はネスプレッソと同様に極細挽きのような細かさ。豆の色も黒っぽく、深煎りしている豆のようだ。ネスプレッソよりはやや挽き粒が大きく、豆の色も茶色く見えた。



 【カフェバリエ】1台でカプセルもドリップコーヒーも可能な3way方式のコーヒーメーカー

タイガー コーヒーメーカー バーミリオン カフェバリエ  ACT-B040-DV タイガー コーヒーメーカー バーミリオン カフェバリエ ACT-B040-DV
水タンク容量:0.54L / まほうびんサーバー:0.54L、カプセル:UCC ドリップポッド

3way方式のコーヒーメーカーなので付属品が多い 飲みたいメニューのホルダーを入れ替えて使う(写真はカプセルホルダー) ボディの後ろにある水トレイ。取っ手があるので引き上げやすい 前面にあるメニューボタン。飲み方に合わせてボタンを選ぶ
付属のまほうびんサーバーはコーヒーメーカーにそのままセット出来る
タイガーのカフェバリエは、ドリップ、カプセル、カフェポッド(世界規格で作られているコーヒー粉パック)が1台で楽しめる3way方式。カプセルは「UCCのドリップポッド」を使用するので紅茶や緑茶も楽しめる。

飲みたい方式に合わせてホルダーやフィルターを上部の抽出部分に取り付けて使う。付属のまほうびんサーバー(0.54L)はそのままコーヒーメーカーにセットでき、ドリップコーヒーの抽出(最大2〜4杯)を行えば 美味しい状態で長時間の保温ができる。そのまま持って移動も出来るので熱々のコーヒーが部屋の中ならどこでも好きな場所で楽しめる。ヒーターを使わないから省エネで、煮つまって味が変わる心配もない。
メニューボタンはドリップポッド、カフェポッド、レギュラーコーヒーの3つ。濃さや抽出量を選ぶ時はもう一度ボタンを押して表示を確認する。操作性はシンプルで分かりやすい。

コーヒー抽出時には、美味しさをしっかりと引き出す「スチーム蒸らし」を行う。カプセルで使う場合にも蒸らしを行うので、一杯からでも美味しいコーヒーに仕上げる。ドリップポッド抽出機と同じカプセルを使用するがコーヒーメーカーが違えば味も違うのだろうか。違いは飲んで確かめてみよう。
使用カプセルについては下部のドリップポッドを参照。



 【UCC ドリップポッド】紅茶や緑茶も抽出可能! プロのハンドドリップの味わいを一杯から楽しめるコーヒーメーカー

UCC UCCドリップポッド DP-1 UCC UCCドリップポッド DP-1
水タンク容量:0.75L、カプセル:専用カプセル

小さくて可愛い。ドルチェグストとはまた違った鳥のようなフォルム 水タンクは内フタもあり注ぎ入れやすかった カプセルは飛び出した頭の部分にセットする カプセルの種類によって、水の容量やボタンを選択する
カップをセットするドリップトレーの穴がコーヒー豆みたい
今回使用するコーヒーメーカーの中で一番コンパクト。小さいけれども水タンクは0.75L注ぐ事ができ、中フタが付いているので水を注ぎやすい構造になっている。
他の3機種はつるりとしたツヤのあるボディだが、ドリップポッド抽出機はさらりとした手触りでツヤがなくマット。真っ白なボディに映えるビタミンカラーのような鮮やかな黄色が、ポップな印象を与えるデザイン。ドリップトレーの排水穴もコーヒー豆のようなデザインになっていて遊び心を感じる。

ドリップポッド抽出機では、カプセルに記載された抽出目安をマウスのホイールボタンのようなダイヤルでクルクルしてセットし、「コーヒー・紅茶・緑茶」のそれぞれ独立したメニューボタンを選んで抽出を行う。
同じカプセルを使うタイガーのカフェバリエより抽出前のセットが細かい。同じカプセルでどれだけ違いが出るのか気なる所。
写真は「鑑定士の誇りスペシャルブレンド」のカプセル。
丸いプラスチックの密封容器の中にカプセルが入っている。プリンのフタのようにペリリと剥がすと不織布のカプセルが現れた。切って開けてみると、上面のフィルターの内側はビニールで覆われていて、中央部分だけビニールが無い。お湯はこの部分を通って、中で豆を蒸らしてカプセル全体からお湯を落とす構造になっているようだ。
挽き豆の粒が一番大きいが、ミルサーで挽くよりずっと細かい。他の2つのカプセルと見比べると豆の色もかなり鮮やかな茶色に見え、中煎りからやや深煎りのような色をしている。ペーパードリップ式を意識したカプセルらしい豆のように感じたが、喫茶店で淹れてくれるような味わい深いコーヒーが飲めるのだろうか。



  いよいよコーヒーを淹れます!
珈琲が 入ってないから 絵にならず
〜 ぴよこ 心の俳句 〜
どのコーヒーメーカーもカプセルをセットして抽出量を選択した後、ボタンを押せばプシューとお湯が出て自動で止まって「はい、完成!」という至極簡単な操作で出来る。
今回はコーヒーメーカーの使い勝手をチェックしながら、味はいかがなものかという、ちょっとゆるめの飲み比べ企画である。 全機種のレギュラーコーヒーにあたるカプセルを飲んでもらって味の違いを比べるレポートと、自由に飲みたい物を飲んで味や使い勝手の感想を言ってもらう2本立てだ。

準備も整ったのでスタッフ達に声をかけてカフェをオープン! ぞろぞろとコーヒーを飲みにスタッフがやってきた。みな仕事の間にちょっと一息といった所だろう。
朝も昼も仕事の時も、どんな場面でも飲まれるコーヒー。甘いおやつがある時にも苦いコーヒーが欲しくなるものだ。コーヒーを飲む時には甘いおやつが欲しくもなるものだ。ちゃっかりドーナツを用意して、仕事をしながら結構な一息をつこうと企てている。

コーヒーを淹れます!

⇒コーヒーでお腹がはちきれそうだ!

1.使用するカプセルコーヒーメーカー   2.コーヒーでお腹がはちきれそうだ!   まとめとスタッフがほしいと思った1台  
最近の特集 バックナンバー

テレビゲーム おすすめベスト5

定番から名作まで、おすすめのゲームを機種別にピックアップ!

第2回 はじめよう、ミニ四駆!

パーツを交換して、速く走るようにグレードアップ!

ポータブルヘッドホンアンプ比較対決

スマホの音質を改善するヘッドホンアンプを比較・検証!

SIMフリースマートフォンを使いこなそう

位置情報スマホゲームも楽しめる、SIMフリースマホの魅力をご紹介!
my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針