ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

調理・キッチン|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メテックス 家庭用エスプレッソマシーン G.A.T カフェティエラ(マグニフィカ)

Joshin 試用レポート イタリアでは一家に1台というほど定番の、
ちっちゃいエスプレッソマシーン

メテックス【IH対応】家庭用エスプレッソマシーン
G.A.T カフェティエラ (マグニフィカ)3カップ用

インスタント、ドリップ、焙煎も自分でやっちゃう!などなど、淹れ方から飲み方まで、幅広く楽しめるコーヒー。筆者も大好きです。

今回レポートするのは、イタリアのお家には1台はあると言われるほど定番の直火式エスプレッソメーカー。イタリアではモカポット(マキネッタ)と呼ばれて親しまれている小さくてかわいいポットで、エスプレッソコーヒーのような濃い〜コーヒーがお家で淹れられるんですよ。

キッチンに置いておくだけでとってもオシャレなこの見た目。蒸気の圧力でじっくり抽出を行うようですが、一体どんな味なんだろう。さっそく淹れてみたいと思います!

(ライター:ぴよこ)

本体の確認

  • モカポット『カフェティエラ』
    イタリアのご家庭のお馴染みさん
  • 映画で見かけそうな、かわいい見た目

    ボディはアルミ製でハンドルとふたのツマミは木目調。レトロな見た目ですがなんとIH対応! これはポイントが高いです!
    外国のキッチンに並んでいる事がカンタンに想像できるこのかわいい見た目・・・筆者、もう欲しくなってます。

    水を入れたポットを直接火にかけ加熱を行い、発生した蒸気の蒸気圧でタンクの水が押し上げられて、ポットの上部にコーヒーが抽出される仕組みです。

    本体サイズ
    直径10.0×高さ15.5cm
    重量
    約400kg
    容量
    3杯用
    材質
    アルミ、ナイロンガラス繊維強化、シリコン、ステンレススチール
  • モカポット『カフェティエラ』の取っ手
    木目調が良い味出してる
  • モカポット『カフェティエラ』の取っ手
    『MOKA』と書かれている
  • モカポット『カフェティエラ』の抽出口
    カップ3杯分の表記もカワイイ

イタリアでは、お店で飲むような機械で抽出したエスプレッソコーヒーの事を『エスプレッソ』と呼び、自家製エスプレッソメーカーで淹れるコーヒーの事を『モカコーヒー』と呼びわけているそうです。
日本で『モカ』と言ったらチョコやクリームが乗ったコーヒーのイメージがあるかと思いますが、イタリアで『モカ』と言えば、このポットで淹れたコーヒーの事。なので『モカポット』と呼ばれてるんですね。へぇ〜。あ、ハンドルの近くに『MOKA』の表記も発見しました。レポートでもモカポットと呼んで話を進めましょう。

このモカポットで抽出できる量はデミタスカップで3杯分。ポットの注ぎ口にも、ぷっくり盛り上がったカップに3と書かれています。このさりげないデザインもプリティーです。

  • モカポット『カフェティエラ』の底
    底の大きさは10cm
  • コンロに置けるのかい?

    『一家に一台モカポット』というほど親しまれるイタリアの家庭のコンロは、モカポットに合わせて小さなコンロが用意されているのだとか。日本のコンロのごとく(コンロに鍋を置いたときに触れる鉄製のアレ)って・・・すき間があってモカポットがはまりそうな気が・・・。置けるのかな?

    ポットの底は10cm。日本のガスコンロだとポットが不安定になるご家庭もあるかも知れません。その場合は、コンロに焼き網や専用プレートを設置して、ポットを安定させて過熱を行ってください。

    IH調理器での加熱なら、取っ手部分に火が当たる事もないので、IH調理器での加熱がオススメですよ。

    IHでの使い方はページ下をチェック!

構造の確認

  • モカポット『カフェティエラ』のポットの内部
    噴水のような注水口
  • モカポット『カフェティエラ』のバスケットとフィルター
    本体中央部にバスケットとフィルター

ポットの内部は、先端に穴の開いた金属の塔が中央にニュッと建っています。この穴から、蒸気圧で押し上げられたコーヒーが抽出されます。ドリップコーヒーなら上からお湯を注ぎ、フィルターを通って、下にコーヒーが抽出されますが、モカポットは下から上に抽出されます。では豆はどこにセットするのでしょうか?

タンクとポットのつなぎ目をねじるようにして取り外すと、タンク側(下部)にはコーヒー豆をセットするバスケットがかぶさっていました。取り出すと漏斗のような形をしていて、お湯を吸い上げられるようになっています。
タンクから吸い上げたお湯はこのバスケットを通って、ポットへと送られていきます。ポット(上部のパーツ)の底には、ゴムパッキンで目の小さなフィルターが取り付けられていました。

  • モカポット『カフェティエラ』のタンク
    タンク部だけ少し重みがある
  • モカポット『カフェティエラ』の安全弁
    安全弁
  • モカポット『カフェティエラ』を分解した様子
    分解できるパーツの一覧

水を入れるタンクは他のパーツと比べると厚みと強度が高く、ズッシリとしています。側面には金色のネジのような見た目の安全弁ありました。

加熱をする事でタンクの圧力が高まりますので、万が一、フィルタープレートやバスケットに汚れがあって詰まってしまった場合、安全弁が作動し、余計な圧力を外部に排出する仕組みになっていますよ。

フィルターやバスケットは取り外せますので、全て水洗いが出来ます。ドリップコーヒーよりもややパーツは多いかも知れませんが、お手入れの手間もそこまで大変ではなさそう。

抽出の準備

  • タンクの注水ラインまで水が入っている様子
    注水ラインに合わせて注水
  • バスケットにコーヒー豆をセット
    こぼれないようにバスケットに豆をセット
  • バスケットにすりきり一杯の豆が入っている様子
    すりきり一杯!

さぁ!コーヒーの抽出とまいりましょう! まずはタンク内側の注水ラインに合わせて水を注ぎます。安全弁より水を入れてしまうと火傷などの危険性がありますので、必ず注水ラインを確認してくださいね。
タンクにバスケットをかぶせ、コーヒーの粉をすり切り一杯セットしましょう。コーヒーの粉は『深入り』か『細挽きエスプレッソ用』の豆をご用意ください。今回使用するのは『PELLINI エスプレッソコーヒー トップ』です。缶の開けたて、いいかおり・・・。

バスケットにすりきり一杯・・・。性格なのか、豆をバスケットにセットするのにやたらと集中。ピッチリと、フレーム部分に付着させる事もなく、キレイにすりきり一杯を、セット。ふぅ☆っと満足した後、説明書を読むと『豆は押し付けずに、ふんわり盛ってね』的な言葉を発見しました。めちゃめちゃピッチリ入れました。ま、まぁ、エスプレッソやし・・・いいか!という事で、このまま進めます。私は止まる事をしりません。

  • モカポット『カフェティエラ』のポットとタンクをつなげている様子
    時計回りにギュッと閉める
  • モカポット『カフェティエラ』をIH調理器の上に乗せて加熱を行っている様子
    IHで加熱スタート

豆をこぼさないようにタンクを手でしっかり固定し、ポットを右に回して締めていきます。締めがゆるいとお湯や蒸気が漏れてしまうので、しっかりと締めましょう。キュキュッ。よし加熱。

今回はIH調理器で加熱を行います。ポットが小さいためIHが反応しない事もあると注意書きがありました。うん、反応しない。でも大丈夫! IH対応の鍋などに水を入れ、モカポットの横に添えて加熱をすると作動するって説明書に書いてます。お鍋を添えて加熱します。お、加熱できたできた。全然大丈夫!

抽出

  • モカポットから湯気が出ている
    湯気が出てきた!
  • 中が全然見えない

    加熱して気付きましたが、中が全然見えません。抽出できたかどうかは・・・ボコボコという音頼みのようです。説明書には抽出時間の目安は4分と記載があるので、4分待ちましょう。

    耳を澄ますと「ポコポコッ」と音がしない気もしない・・・というほど静かです。覗きたい・・・。でも、フタを開けた瞬間に抽出口からピューッとコーヒー飛び出してきた!ってなるの、怖いし・・・。

    とか考えている間に4分経ちました。抽出口から湯気が出てきたし、良い香りもします。フタを開けて中を確認してみましょう。

  • モカポット『カフェティエラ』のポットにコーヒーが溜まっている様子
    出来てる!
  • わぁ!出来てるー!

    フタを開けてみるとコーヒーが抽出されていました!この少ない量で、部屋中に濃い〜コーヒーのアロマが一気に立ち上がりました!さすがエスプレッソです。

    蒸気の圧力で押し上げられた自家製エスプレッソのお味は一体どんな味? イタリア式らしく、カップに砂糖をたっぷり入れて飲んでみましょう。

  • カップにコーヒーが入っている状態
    抽出の1.5杯分ほどの量です。
  • ブオニッシモ(めっちゃおいしい)

    110mlのカップに、抽出分の2杯分ほど注いだ量が左の画像です。ギュッと凝縮されているに違いないコーヒー。ではいただきます。

    パンチがあります!濃いです! でも砂糖の甘さがコーヒーの深みを引き立てていて、イヤミのないシャッキリとした味がします。美味しいです!ボーノ(おいしい)!いや・・・ブオニッシモ(めっちゃおいしい)!

    ランチの後にエスプレッソが飲みたくなる人は砂糖やブラックで、深い味わいは好きだけどちょっと苦いぞ、という人はミルクを入れてももちろん美味しいです。コーヒーの味が強いので、いつものカフェオレとは違い、お店で飲む味に近い、コーヒーの味が楽しめるカフェオレです。

お手入れ

  • 抽出後の豆
    豆がギュッとまとまってる
  • 抽出後の豆をゴミ袋に入れた様子
    ポコッと取れた
  • バスケットやフィルターに付着した豆をティッシュで取っている様子
    付着分はティッシュで取っとこ
  • 分解して流し台で水洗いを行う様子
    パーツは全部水洗い!

本体が凄く熱いので冷めてからお手入れしました。豆をフィルターにダイレクトに入れているので汚れそうだなぁと思ってましたが、フィルターの中で豆がギュッと固まっており、バスケットからポコッと豆が取れました。バスケット、フィルター共に付着が少なく、シンクもそこまで汚れる事はありませんでした。パッキンとフィルターを外して、後のパーツも全て水洗いが出来ますので、手入れも楽に行えましたよ。

  • モカポット『カフェティエラ』で抽出したコーヒー
    モカポットがキッチンにあれば絶対かわいいし、コーヒーも美味しい
  • 見た目のかわいさで心惹かれていましたが、見た目とは裏腹に、パンチのある深い味わいのエスプレッソが抽出できました。ドリップして淹れるコーヒーとは、全く違う味わいで、この味が飲みたい時の専用器具として所持したいアイテムです。

    全自動のコーヒーメーカーのような手軽さはありませんし、抽出できたかどうかは自分の感覚が頼りです。ですが、豆の量やその抽出時間によって変わる味わいが、時にめちゃめちゃ美味しいコーヒーを作り出し、それがコーヒーの楽しみの醍醐味でもあるかと思います。
    『今日のは・・・特に上出来だ』という出会いもあれば『ち、違うの!昨日はもっと美味しかったの!』なんて事も、もしかするとあるかも知れませんが、そんなモカポットのある生活が、きっとブオニッシモ。

    蒸気圧で抽出を行うモカポットで、自家製エスプレッソコーヒーをぜひ、楽しんでみてください!

    2018.7.11 (ぴよこ)


スタッフが使ってみました
  • このページは参考になりましたか?

参考になった

商品はこちら

▲このページのTOPへ

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記