ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

調理・キッチン|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

Joshin 試用レポート
シロカ
コーン式全自動コーヒーメーカー
SC-C121

本格コーヒーで始まる朝を。

予約機能で淹れたての一杯が手軽に楽しめます。

 朝食はパン派の方。パンと一緒に淹れたての美味しいコーヒーはいかがですか?

 コーン式ミルで豆から砕く、全自動コーヒーメーカー「SC-C121」なら、前日に予約設定しておくだけで、忙しい朝でも本格コーヒーが出来上がり。無段階で粒度を選択しお好みの味を抽出できて、豆の美味しさを様々な淹れ方で楽しめますよ。

 そんな「SC-C121」を使って、美味しいコーヒーを淹れてみましょう。



豆から作れるコーヒーメーカー

 豆挽きからドリップまでを全自動で行うコーヒーメーカー。ボタンを押すだけで、簡単に出来たての美味しいコーヒーを楽しめます。

 どの方向から見てもシンプルなデザインで、キッチンはもちろん、部屋のインテリアとして置いても馴染みそう。ペーパーフィルター5枚、軽量スプーン、お手入れブラシが付属されています。


 本体背面の水タンクは取り外して水を注げ、手に取ると薄っ!と感じる厚みです。500mlのペットボトルと並んでも一目瞭然。薄くてもしっかり540ml入りますよ。

パッと見て分かりやすいシンプルなボタン

  • ボタンがズラッと並んでいる
  • 左側は豆/粉ボタンとコースボタン
  • 右側に予約・テイスト・電源ボタン

 操作部の中央のスタート/取消ボタンで、クリクリッとダイヤルを回して杯数や時間を選択し、ボタンを押して決定する操作を行います。サイドには電源ボタンや、「豆」や「粉」を選択するボタン、コースやタイマー、テイストのボタンが並び、パッと見て分かりやすく、直感的に操作が出来ます。

均等にコーヒー豆が挽ける「コーン式ミル」

  • コーヒー豆を均等に砕くコーン式ミル
  • しっかり砕いてくれそうだ

 豆が細かすぎたり、大きさがばらばらにならないよう、均等にコーヒー豆を挽くことが美味いコーヒーを淹れる秘訣。
 「コーン式ミル」は微粉の発生が少なく、粒度のばらつきを均等にして豆が挽けます。豆を砕く刃と刃の間隔は細かい調整が可能なので、豆の粒度を自由に選べ、様々な風味を味わえます。「SC-C121」は、粒度を「粗挽き・中挽き・細挽き」の3種類から無段階で選択可能! 気にいった味わいのコーヒーを楽しめますよ。

時間予約すれば、忙しい朝もおいしいコーヒーが楽しめる

  • 電源を入れて、現在時刻を設定
  • 予約を使って、忙しいときでも美味しいコーヒーを。

 電源プラグをコンセントに差すと、中央の数字が点滅するので時刻設定をしましょう。中央のダイヤルを回して時を合わせたら「タイマー」ボタンを押して分を合わせます。再び「タイマー」ボタンを押せば設定完了!

 時刻を設定する事で、自動でコーヒーを淹れる予約設定が可能! 朝バタバタしていても、前日の晩にセットしておけば、いつでも美味しいコーヒーが堪能できるんです!

 予約方法は、水タンクと豆をセットして電源をON。ドリップの設定後に「タイマー」ボタンを3秒ほど長押しすると、タイマー時刻の設定モードに切り替わります。時刻設定と同じようにクリクリ〜っとダイヤルを回し、時と分を希望の時間に合わせた後「タイマー」ボタンを押せばOK!

 一度タイマー時刻を設定すると電源プラグを抜かない限り設定時刻を記憶するので、2回目からは「タイマー」ボタンを押して5秒以内に再度押すと、あっという間に予約ができます。毎回時刻を設定しなくていいので、面倒な手間も掛からず簡単に設定できるのも嬉しい機能です。

煮詰まらずに保温してくれる、真空二重ステンレスサーバー

  • しっかり保温して、長くおいしさを楽しめる
  • サーバーふたを反時計回りに回すと外れる

 真空二重ステンレスサーバーは、抽出したコーヒーをしっかり保温してくれます。ずっと温めていると煮詰まって酸味が出てきますが、ステンレスサーバーだと煮詰まらないので酸味が出にくく、できたての美味しいコーヒーを長く楽しめますよ。

 コーヒーを淹れる際は、上部のレバーを押しながら注ぎます。反時計回りに回せば、ふたを開けられます。



コーヒーを淹れてみよう

  • 自動計量だから、ザラザラ入れても大丈夫
  • フタを閉めたら
  • ダイヤルを回して、好みの粒度を選択

 早速コーヒーを淹れてみましょう。豆容器は約100g。杯数に応じて自動計量してくれるので、適当にザラザラ〜ッと入れちゃいます。コーヒーを淹れるたびに量る必要もなくて、手間いらずです。

 フタを閉めて粒度の調節。ダイヤルをグリグリ回すのに少し力が必要ですが、ミルがしっかり動いている証拠。ダイヤルに描かれた粒の絵が大きいほうが粗挽き、小さいほうに向かうにつれ、中挽き・細挽きと調節し、豆を挽いてくれます。

  • ボタンを押して豆を選び
  • コースからホットを選択
  • テイストはマイルドにしよう
  • ダイヤルで杯数を選ぶ

 電源を入れ、豆/粉ボタンを押すと、豆と粉を切り替えられます。コースボタンではホット/マグカップ/アイスから選択でき、ホットだと約120mlのコーヒーカップ、マグカップは約180mlの大きめカップの分量で抽出してくれます。

 テイストはマイルドとリッチの2種類。蒸らし時間をしっかりとることにより、コーヒーとお湯がなじんで成分が出やすく、蒸らし時間を短くするとスッキリした味わいに。長くすると濃くしっかりとした味わいになるのだとか。「SC-C121」ではマイルドは普通、リッチは濃い目に抽出してくれますよ。

 豆やコース、テイスト設定をして、杯数の選択! 杯数は中央のダイヤルをクリクリ〜ッと回して選べます。ホットとアイスは最大4杯、マグカップは最大2杯まで抽出可能です。

  • あらかじめお湯を入れて温めて…
  • お湯を捨ててコーヒーサーバーをセット!
  • タンクをセット!
  • ペーパーフィルターもセット!
  • スタート!

 コーヒーサーバーにあらかじめお湯を半分ほど入れて1〜2分温め、お湯を捨てて本体にセット。タンクに選択した杯数分の水を入れておきましょう。1回抽出する際にタンクの中にある水を全て使うので、必ず選択した杯数分を入れて下さいね。
 ペーパーフィルターは2〜4杯用をセットし、準備が出来たらスタートボタンを押して抽出スタート!

  • お豆さんが砕かれてます
  • 豆が挽かれてる〜!

     スタートボタンを押してからすぐに「ガガガガガ」っとミルが動く作動音が鳴り響きました。中央を覗くと「ガリガリガリガリ」っとコーヒー豆がどんどんタンクから減っていってます!

     その様子から「本格的なコーヒーを淹れてるんだなぁ」と雰囲気を味わい、ずっと見ていたい衝動にかられました。

     豆が砕かれるのは一瞬なので、コレを見るために何回もコーヒー豆を入れてしまいそう。

できあがり!いい香り〜!

  • ふわっといい香り…
  • 澄みきったコーヒー、ウマソ!
  • サーバーに少し残る

 コーヒーのアロマがふわっと部屋に広がり、コーヒーサーバーに少しずつチョロチョロと落とされている音を楽しみながら、ワクワクしていると出来上がりました。

 コーヒーサーバーのレバーを押してコップに注ぐ瞬間、出来立ての深い香りがぶわっと広がり、これだけで癒される〜。これが本格コーヒーなんだ〜! 色もとても澄んでいて美味しそうです。

 全部注いだつもりでサーバーの中を覗くと、コーヒーが少し残っていました。フタを外して余すことなく入れちゃいましょう。



コーヒーを飲み比べ

それぞれ味わう

  • 粗挽き/マイルド
  • 中挽き/マイルド
  • 細挽き/マイルド
  • 粗挽き/リッチ
  • 中挽き/リッチ
  • 細挽き/リッチ
  マイルド リッチ
粗挽き さらっと飲めて、後味スッキリ。アメリカンが好きな人にオススメ。 ふわっと香りが広がり、豆の味をしっかり引き出している。苦さが少し出てコクがあり、飲みやすい。
中挽き 苦味とスッキリ感の両方が楽しめる。さらっと飲みやすく、マイルド。 苦味がより際立ち、コーヒーの味をしっかりと味わえる。香りがふわっと広がった。
細挽き 苦味もしっかり出て、コクを感じた。香りも際立っているが、スッキリしていて飲みやすい。 豆の味が濃く出て、ガツンとコーヒーを感じれる。香りも強く、しっかりと豆を楽しみたい人にオススメ。

 粗挽き・中挽き・細挽きをマイルドとリッチに設定し、それぞれを飲み比べてみました!

 粒度が一緒でも、マイルドはスッキリ飲みやすく、リッチだとコーヒーのコクをより強く感じたり、少し設定を変えるだけでコーヒーの色んな味を楽しむことが出来ました。粒度や蒸らし時間で味の出方、香りがこんなに違うのかとビックリ。1種類の豆が様々な顔を持っているみたいで、それぞれの良いところを余すことなく感じられます。

 今回は1杯分を抽出しましたが、マイルドは約2分50秒、リッチは約3分20秒ほどで抽出できました。
 濃いコーヒーをしっかり飲みたいときや、スッキリと飲みたいときなど気分によって風味を変えたり、自分なりのベストを探してみるのも楽しそうです!

フィルターの中を覗くと…

  • 粗挽き
  • 中挽き
  • 細挽き

 それぞれのフィルターの中を覗き込むと、豆の大きさが一目瞭然。粗挽きは粒感が残っていますし、反対に細挽きはしっかり細かく砕かれています。よく見てみると、それぞれの挽き方でも粒度のばらつきが少ないのが確認できます。粒の大きさを一定にして砕いたのでコーヒーの味がぼやけず、美味しく淹れることが出来たんですね。コーン式、さすがです。

粉コーヒーも美味しく抽出

  • フィルターに粉を投入
  • うん!おいしい!

 フィルターに直接コーヒー粉を入れれば、粉からでも美味しいコーヒーを淹れられます。コーヒーの良い香りと、雑味も少なくて美味しいコーヒーが出来ました。その日の気分で豆にしようか? 粉にしようか? と選べて、様々なコーヒーを楽しめそうです。

美味しく飲んだ後はお手入れ

  • 水で洗えない部分はふき取り
  • ミルは付属のブラシで、豆を掃き落とす

 豆容器ふた、挽き目調節ダイヤル、給水タンク、バスケット、コーヒーサーバー、ドリッパーやふたは台所用中性洗剤で洗浄可能。

 水洗いできない場所のお手入れは、乾いたやわらかい布でふき取りましょう。ミルは付属のお手入れブラシで掃き落とし、空運転を約10秒間行い、豆や破片を落とします。お手入れも簡単に出来ました。



  • 美味しいスコーンと共にいただきました
  • ブレイクタイムにほっこり。

     コーヒーのいい香りが部屋中にふわっと広がり、おやつの時間にスコーンと一緒にいただきました。

     豆の風味がよく際立ち、いつも飲んでいるコーヒーとは違う…。まるで喫茶店で飲んだような、一口目から広がる豊かな味わいを楽しみ、とてもリラックスできました。

     自宅で豆から抽出し、出来立てをいつでも簡単に飲める「SC-C121」。最大4杯分淹れられるので、ご家族やご友人と本格コーヒーを楽しめそう。忙しい朝でも予約をしておけばサッと本格的な美味しいコーヒーが飲め、優雅なモーニングを堪能でき、いい朝を迎えられそうです。お家で本格コーヒーを作ってみませんか?  

    2018.2.7 (あんまん)

お客様のレビューのご紹介
大変満足しています
豆の自動計量が大変便利です。同じ豆を使っても、以前使っていたものよりも美味しくなりました。プロペラ式のミルからコーン式ミルに変わったからでしょうか。手入れも簡単で大変満足しています。
ハッピー0301 様

注ぎ残しが発生!
新型のミル付コーヒーメーカとの事で早速購入。タイマーと豆の自動計量は便利でしたが、杯数が少ないと真空二重ステンレスサーバーで、冷めてしまう様です。(冬季も同様でその旨取説に記載されていました。)またサーバーに注ぎ残しが発生しますので最後は蓋を外して注ぎます。コーヒーは大変美味しく出来上がりました。
香春の亀 様

スタッフが使ってみました

一緒に買いたい
  • このページは参考になりましたか?

商品はこちら

▲このページのTOPへ

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記