Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧



試用レポート
Bluetooth4.0 ワットチェッカー REX-BTWATTCH1

気になる消費電力をスマホでチェック!
電気料金からCO2排出量まで、7種類のデータをまとめて計測!
 日々の生活の中で何気なく使っている電気ですが、自分が実際にどれだけ消費しているのかを確認するのは何かと面倒なものです。そこでおすすめしたいのが、コンセントに挿すだけで、消費電力・電気料金などの計測データをスマホで手軽に確認できる、Bluetooth搭載ワットチェッカー。

 その使い勝手をエアコン用のコンセントを使って試してみました。
箱から取り出しました
 写真上がワットチェッカー「REX-BTWATTCH1」本体、下が取扱説明書(保証書同封)です。本体のみのシンプルな構成で、取説以外の付属品はありません。

 
サイズの比較
 手持ちのスマートフォンと比較してみると、やや大きめのACアダプターといったサイズです。Bluetooth接続や計測データを保管するメモリ部分のスペースで大きくなっていますが、重さは見た目ほどではありません。高い場所にあるエアコン用のコンセントに設置する際も苦労することは無さそうです。

 
表面を確認
 上から順に、ロゴマーク、Bluetooth接続状況を表すBluetooth LED、電源ON・OFFを示すPOWER LED、一番下にプラグ差し込み口が並んでいます。コンセントに差し込むと同時にPOWER LEDが点灯し、ペアリング可能な機器を探してBluetooth LEDが点滅します。今回は家庭用の2個口のコンセントを使いましたが、もう一個の差込口もふさいでしまうので、エアコンや冷蔵庫用等1個口のコンセントを使われることをおすすめします。

 
裏面を確認
 裏面を確認してみましょう。上部にBluetoothのロゴとシリアルナンバーを記載したシール、下部にACプラグがあります。

 
専用アプリをダウンロード
 計測を開始する前に、専用アプリをダウンロードしましょう。今回用意したのは、Android用OSのスマートフォンなのでGooglePlayから対応アプリであるBTWATTCHをダウンロードします。Bluetooth機能をOFFの状態にしているとインストール完了後に警告が出ますので、ONの状態に変更しておきます。

 
エアコン用のコンセントに設置
 エアコン用コンセントにREX-BTWATTCH1を差し、表面の差込口にエアコン用の電源プラグを差し込みます。今回は接続に特に問題ありませんでしたが、洗濯機や電子レンジなどアースが必要な商品もありますので、できればアース用のプラグも欲しいところです。

 
Bluetooth接続を開始
 スマートフォンのBluetooth機能をONにし、ペアリング可能な機器を探しましょう。REX-BTWATTCH1が検出されたので、選択するとパスキーの入力画面が出てきます。初期設定の「0000」もしくは「1234」を入力すればペアリング完了です。今回は1台だけの接続ですが、最大で4台まで1つのスマートフォンに認識させることができます。スマートフォン本体がスリープ状態になると接続はいったん解除されますが、再接続の際にデータは反映されますのでご安心下さい。

 
BTWATTCHを確認
 専用アプリBTWATTCHを立ち上げると、REX-BTWATTCH1を操作するリモコン画面が出てきます。今回は10日前後データを計測していきます。

 
環境設定ボタンの中身を確認
 環境設定ボタンを押して、詳細を確認してみましょう。上から順にCO2排出係数、電気料金単価、計測データを転送するメール宛先、アプリのバージョン情報となっています。C02排出係数は平成24年度の環境省のデータを、電気料金単価は東京電力の電気料金を元に設定されていますが、お住まいの地域の電力会社にあわせて変更可能です。

 
リアルタイムで使用量を確認
 では実際にどのように電力が消費され、電気料金などが推移していくのか見ていきましょう。画面上半分、累積データの数値が、画面下半分に1分あたりの電力消費量のチャートになっています。計測途中にエアコンの電源を切ったところ、それまで400W前後で推移していたグラフが瞬時に落下し、待機電流のみになったため0Wになりました。データの計測の信頼度はかなり高いといえるでしょう。

 
1時間単位での電力使用量を確認
 縦軸に[Wh]、横軸に[分]をとった棒グラフになっています。左の塊を見ると、最初は室温を下げるために急激に消費電力が上がり、適温になった頃に安定した消費電力になっています。いったん電源を落としていたので途中の消費電力は0になっていますが、再稼動した際は1回目ほど消費電力は上昇していません。元々室温が下がっていたため設定温度まで下げるのに大量の電力が必要なかったと考えられます。10分程度の離席でもトータルで見れば、電源を落としたほうが消費量は少なくなるようです。

 
同じく電気料金を確認
 縦軸に[銭]、横軸に[分]をとった棒グラフになっています。長さこそ倍になっておりますが、先ほどの1時間単位での電力使用量とほぼ同じような形状になっています。CO2排出量でも同様の形のグラフが見られ、3つのデータは表示単位を変えただけだとわかります。なお、画面上には11時台のデータしか出ていませんが、画面を左右にスライドすれば他の時間帯のデータを見ることができます。

 
1日単位で消費電力を確認
 今度は1日単位で見てみましょう。縦軸に[Wh]、横軸に[時]になっています。2時台にグラフが途中で止まりそこから0が続いていますが、これは夜間のエアコンのタイマー設定が反映されたためで、再稼動した11時台になると消費量は0時台、1時台と同じ量まで伸びています。深夜のタイマー設定についても正確に反映してくれているようです。

 
月単位の電気料金を確認
 7〜8月と月をまたいでの計測となったので、今回は8月のデータ画面を表示してみました。縦軸に[円]、横軸に[日]となっております。8月1日だけ60円と突出して高くなっておりますが、この日は休日で日中にエアコンをつけいていたことが原因です。仕事のある平日は日中家におらず、エアコンをかける時間が少なかったため、料金はあまり伸びておりません。グラフにして比較することで自分の電気の使い方の特徴や課題などが見えてくるかと思います。

 
CO2排出量を確認
 最後にCO2排出量を累積データで確認してみましょう。縦軸に[kg]、横軸に[日]をとった右上がりのグラフになっております。先ほどと同じく休日で電気力を多く使用した1日に急激に伸び、平日になるとペースが鈍化しております。電力消費量・電気料金のグラフとあわせて1ヶ月の目標値を設定し、上限との差を考えながら節電方法を考えてみるのもいいですね。

 
計測したデータは保存可能
 画面右上にある「保存ボタン」を押せばCSV形式で保存し、ご覧のように一覧で保存することができます。REX-BTWATTCH1本体のデータ保管の上限が50日ですのでこまめにバックアップをとっておくことをおすすめします。

 
保存したデータは転送も可能
 今回はドコモのAndroidスマートフォンを使用したので、「Gmail」と「spモードメール」が出ましたが、メール形式を選択すれば計測したデータを添付ファイルとして選択できます。今回は「Gmail」を選択し、パソコンに1日の消費電力量のデータを送ってみましたが、添付ファイルの容量も小さくてすぐに送れました。

 
転送されたデータをエクセルで開いてみました。
 先ほど送られてきたデータをパソコンでExcelを開いて見てみましょう。統計を開始した日からの1時間単位の消費電力の数値が並んでおり、ご覧のようにグラフ化することもできます。パソコンに転送するデータは1項目ずつしか転送できませんが、複数の項目を転送し、編集すればより詳しく見やすいグラフを作ることもでしょう。

 
パソコン版もあります
 Bluetooth機能搭載パソコンであれば、メーカーページから専用ソフトウェアをダウンロードし、直接計測データを見ることができます。スマートフォンほど手軽に持ち運びはできませんが、大画面で見たいという方にはパソコン版がおすすめです。

 

 今回は普段調べることのできない消費電力・電気料金などの詳細なデータを、スマートフォンとの接続で簡単に手軽に手に入れることができました。できれば目標値と実際の消費量を比較する機能をアプリに追加して欲しいところですが、漠然とした感覚ではなく数値化させることで、節電・節約をより計画的に、より具体的に取り組むのに役立つ商品だと実感しました。

2014. 8.30.公開(タコメシ

スタッフが使ってみました
その他関連アクセサリー
ラトックシステム|Bluetooth4.0 ワットチェッカー|REX-BTWATTCH1
ラトックシステム
Bluetooth4.0 ワットチェッカー
REX-BTWATTCH1
メーカー希望小売価格 9,072
会員様web価格 6,640 円 (税込)
 67 ポイント進呈
入荷次第出荷 入荷次第出荷 
レビュー 4.0
2014年07月 発売


最近の試用レポート もっと見る

12月 09日 公開
パナソニック 導入美容器 EH-SG90-P
パナソニック
導入美容器 EH-SG90-P
シュワシュワ炭酸の低刺激でフェイスケアしてみました!
12月 07日 公開
大阪ガス ガスファンヒーター(都市ガス13A用 木造15畳/コンクリート21畳 ホワイト) 140-9365-13A
スタッフがメーカーに突撃! 自慢の暖房性能を体験しました!
12月 06日 公開
カシオ The G 
長く愛される「G-SHOCK」のベーシックモデルをレポート!
12月 05日 公開
オリンパス デジタル一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」ボディ OM-D E-M1 MARK2ボディ
高級ミラーレスの新モデルを現行モデルと徹底比較!!


my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針