ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

パソコン・ソフト|ようこそ!! 家電・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索


メイン画像

Joshin 試用レポート エイサー
ゲーミングノートPC G3-572-A76H & MRヘッドセット

新しい世界へようこそ!
エイサー ゲーミングノートPC&MRヘッドセット

 普段お目にする事が少ないゲーミングパソコン、ゴツそうなイメージがあるけど、一般的なパソコンとどう違うの? 近頃話題の Windows Mixed Reality Headset ってなぁに? どうやって使うの?
 という事で『Predator Helios 300 G3-572-A76H』を使って『Windows Mixed Reality Headset』を接続! スタッフが新しい世界に足を踏み入れた様子をご覧ください。
 隅から隅まで、ずずずいー・・っと、乞い願い申し上げ奉りまする〜。

(ライター:スーノ 時々 ぴよこ)

購入はこちら

MRヘッドセットを接続する為に『Predator Helios 300 G3-572-A76H』も用意

  • 黒いパッケージの中から
  • 小さな黒い箱が登場
  • その中には黒いPCが

 PREDATORの文字とマークが物々しい雰囲気を漂わせているブラックの外箱の中から出てきたのは、小さな黒い箱。その黒い箱を黒いスポンジでしっかりと固定するようにホールドしております。この箱にもPREDATORの文字が刻印されています。
 引き出す手に、ずっしりとした重さが伝わってきました。

 この黒い箱を開けると黒い本体が出てきました。マトリョーシカ的な何かを感じます。ここまでクールな黒を貫いてきましたが、バッテリーなどが収納されている箱は塗装の無いTHE ダンボールで、一気に親しみが湧きました。

  • ヘアライン加工の天板
  • W・A・S・Dキーが赤い
  • タイピングすると赤く光ってカッコイイ

 天板はヘアライン加工で対照的に赤いラインも入っています。色は黒くツヤがある為、高級感が漂います。外箱に印字されたPREDATORと違い、本体にはしっかりマークとして刻印されています。総じて格好いいですね。
 FPSなどのPCゲームでキャラクターの移動に使う、W・A・S・Dキーが赤く、電源ボタンは右上に配置。見慣れない場所にあるので、ちょこんと配置されていると可愛らしいですね。ちなみにタイプするとバックライトが光ります。イカしてますね。

Predator Helios 300 G3-572-A76Hのスペック

搭載OSWindows 10 Home 64ビット
プロセッサー Intel® Core™ i7-7700HQ プロセッサー
2.80GHz (インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0対応 : 最大 3.80GHz)
インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー
キャッシュ 6MB
システムメモリ標準 16GB (SO-DIMM 8GB x2) / 最大 32GB
DDR4-2400MHz SDRAM, デュアルチャネル対応
スロット数 : 2 (空き x0)
※最大メモリー容量にする場合、標準実装されているメモリーを交換する必要があります。ユーザーによるメモリー交換および増設は保証対象外となる場合があります。
ディスプレイ15.6型 (フルHD、1920x1080)
IPS / 16:9 画面 / LED バックライト / 非光沢パネル
1670万色
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX 1060 専用ビデオメモリ6GB
ストレージ256GB SSD (M.2 (Type 2280))
+ 1TB HDD (5400rpm, Serial ATA)
光学ドライブなし
WebカメラHD Webカメラ

Acer Windows Mixed Reality Headset

  • 今度は青い箱が2つ出てきましたよ
  • 大きい箱にMRヘッドセットが
  • 小さな箱にはコントローラー!

 お次は『Windows Mixed Reality Headset』を用意。こちらは対象年齢が13歳以上ですので、予め注意が必要です。
 またしても黒い箱でしたが、中からは青い箱が二つ登場。あなたならどちらを選びますか? 僕なら迷わず大きい箱を選びます。これが舌きりスズメの話なら、僕はきっと魑魅魍魎(ちみもうりょう)に襲われています。
 舌きりスズメの話ではありませんので大小どちらの箱も開けますと、大きい方からパッケージと同じ青いMRヘッドが、小さい箱からは笠を横にスパッと切られたキノコのような形をした黒いコントローラーが2つ登場しました。使用中はコントローラーの上部が光ります。ついにSFの世界が現実になったと思わせるデザインです。

 コントローラーには人差し指の所にトリガーや、内側部分にグラブなど、あらゆる所にボタンがあります。詳しい使い方は、MRヘッドセットの設定中に、パソコンの画面でコントローラーの説明などが見られます。
 イタリアの青の洞窟を思わせるカラーのMRヘッドセットの装着面には厚みのあるパッドで覆われています。右側にはイヤホン接続部もあります。

重要! パソコンの動作環境を調べましょう

  • チラリとロゴが登場。
    SSDは起動が速い
  • まずはアプリをインストール
  • 画面にしたがって
  • 準備完了!

 『Predator Helios 300 G3-572-A76H』の電源ボタンを押して起動させると黒い画面にPREDATORのロゴが一瞬だけお目見して数秒で立ち上がりました。SSD搭載なだけあって、ストレスを感じさせません。その一瞬でもPREDATORを見せつけてくるとは…徹底されています。
 適宜、初期設定を行います。

 ここからが重要です!大事な事ですので、語りますよ。
 Acer Windows Mixed Reality Headset【AH101】を利用するには、動作環境が問題ないかどうか確認する必要があります。一つの確認方法としては、MicrosoftよりWindows Storeにて「Windows Mixed Reality PC Check」というアプリが提供されておりますので、それを利用して、使用するパソコンが基準に達しているかどうか確認してください。

 また、OSはWindows UpdateでWindows 10 Fall Creators Update以降に更新する必要があります。
 今回はメーカー指導の下、Windows Updateを行いましたが、基本的にはヘッドセットを本体に接続するとWindows UpdateでWindows 10 Fall Creators Updateへの更新ウィザードが表示されますので手順に従って更新してください。
 万が一更新されない場合はマイクロソフトのサイトから手動で更新することも可能です。分からない場合は、事前にご利用のパソコンメーカーへご確認頂く事をお勧めします。
>>マイクロソフトのページ※別ウィンドウで開きます

  • よし! ヘッドセットを接続だ!
  • 自動でアプリが立ち上がる
  • また設定だった!
  • 我々は早く遊びたいんだ!

 準備が整いましたら、あとはMRヘッドセットを接続するだけです。接続はHDMI端子とUSB端子をパソコン側に挿すだけ!しばらくするとアプリが自動的に立ち上がりました(インターネット接続環境が必要です)。と、思ったら今度はMRヘッドセットの準備が必要ですので、画面に従って接続を完了させましょう。通信速度の状況にもよりますが、ちょっとお時間かかります。
 MRヘッドセットの準備を行う時に、ヘッドセットとリモコンの使い方などをここでしっかりと学べます。下のような画面がパソコンに映し出されますので、熟読しておきましょう。

  • ヘッドセットの紹介
  • コントローラーについて
  • コントローラーの接続の仕方
  • 部屋の状況に合わせた環境設定を行おう

スタッフでMRヘッドセットを試してみる

  • 後ろのグリグリでバンドを調整し
  • あとは頭に装着するだけ
  • メガネのスタッフで試す『ちょっと痛いですね…』

 頭のサイズに合わせるために、ヘッドバンドの後ろにあるダイヤルを回して広げてから、ヘッドセットのレンズ部分と目の位置を確認してダイヤルを閉めていき、固定します。装着は簡単なのでスタッフ:あんまんも難なくクリアしました。

 ちなみに、メガネを装着したままでも大丈夫という事だったので筆者も試してみましたが、僕のメガネと僕の目と、僕の顔が悪かったのか、少し痛かったです。付けられない事はありませんが、MRヘッドセットを長時間付ける事を考えると重みも感じてくるかと思いますので、メガネが無いに越した事はなさそうです。

  • あんまん『あ、スゴイですね』
  • あんまん『おぉおぉお〜!』
  • ぴよこ『めっちゃ動くやん』

 呼ばれてもないのに登場、どうもぴよこです。撮影していてスタッフたちが楽しそうだったので、ぴよこがその様子をそのままレポートしたいと思います。
 ヘッドセットをスムーズに装着し、現実世界から飛び出したあんまんは、バーチャル画面内に映し出されているコントローラーの位置を確認して、机の上にあるコントローラーを手探りで掴んでレッツトライ。一通り上下左右を見渡し、360度映し出されたバーチャルワールドに「おぉおぉ〜」と歓喜しております。楽しそうだ。

  • モニターにも同じ場面が映し出される
  • 指示に従いノルマをクリアする
  • ぴよこ『前向いたままでいいはずやで』

 あんまんが見ている景色は、パソコンの画面にも映し出されています。どういった状況にあるのかが確認できますので色々口出ししていきましょう。利用者以外も画面が見られるので、自然と会話も弾むのではないでしょうか。

 コントローラーの使い方を指示されているのですが、慣れていないので、何をどうして何をすればいいのかが掴めず、装着者のあんまんは、なぜかずっと右を見たままコントローラーを右に振っていました。一体何がしたいんだ。
 しかも、ぴよこ、実はさっき試したから知ってるんですが、コントローラーのスティックを使えば、前向いたままで方向転換できるはずなんです。なのにこの子ったら、ずっと行きたい方向を向いたままカチカチやってるんです。きっとレース系のゲームでカーブする時に一緒に体も動いてしまうタイプだ。説明しても同じ過ちを何度か繰り返していました。それくらい映像の世界に入ってしまえる臨場感があるのは確かです!

  • 部屋の中に壺が
  • ボタンを押したままグググッと手を広げると
  • 大きくなっちゃった!
  • 宙に浮くメニュー
  • コントローラーを交差させると
  • 裏返っちゃった!

 ちょっと慣れた所で、ハリウッド映画で見るようなお金持ちが住んでいそうな家にやってきました。家の中の家具やらなにやらが自由に動かせたりしますので、コントローラーを使って自由にレイアウトを変更。画面に表示されるポインターをクリックしたまま動かすと、移動や拡大などが行えます。どうやら操作にも慣れてきたようですね。
 もう一人くらいスタッフに試してもらおうか。フレッシュな反応がもうちょっと欲しい。

  • makio.も試したいんだとか
  • わぁスゴイ!うわぁスゴイ!
  • あ、なんかある!なにアレ…あ、あれは!

天空の城だーーー!!!

ぴよこ『うん、あるある』

 パソコンの画面に確かに天空の城は映し出されてるんですけど、MRヘッドセットを付けた人と、PC画面を見ている人では、若干の温度差が生じる事が分かりました。ぴよこの実況中継はここで終わり!

  • 付けないとその凄さは分からない
  • ゴーグル部を持ち上げるとすぐ現実世界に戻れます
  • ヘッドホンを使えば臨場感が増しそうだ

まとめ

 『Predator Helios 300 G3-572-A76H』はゲーミングノートパソコンとして見ると、よくぞここまで詰め込みましたな、というのが初見です。正直なところ、でかくて重いのです。
でもゲーミングノートパソコンとしては薄く、パワーもある為、でかくて重い印象を払拭するのに有り余るパソコンだと感じました。残念ながら光学ドライブは搭載していませんが、外付けドライブでまかなえる事を考えると、これはこれで有りだと思います。
 自作は敬遠される方や、ノートパソコンでガッツリゲームがしたいけどどれが良いかわからないという方にオススメしたい商品です。

 合わせて使用した『AH101』は、VRヘッドセットと何が違うのか。昨今のVRヘッドセットとMRヘッドセットの大きな違いの一つは、MRヘッドセットは外部センサーを必要としない点です。本体にセンサーが内蔵されている為、外部センサーを必要としません。その為、セッティングはHDMIケーブルとUSBケーブルをパソコン本体に挿すだけとわかりやすいです。

 それでも、使用するパソコンの動作環境を満たしている事が前提の為、導入するのに敷居を感じる印象は否めません。ただ、一度これを体験してしまうと、欲しい!持って帰りたい!と思えるほどの体験が待っていました。(あくまで個人的な見解です)
 スタッフが体験している様子を見ればわかると思いますが、首を振らなくてもコントローラのスティックで視点移動ができると頭で理解していながらも、装着すると下を見たり首を左右に振ってしまう。反射的にそうさせてしまう何かを持っているのだと感じました。

 ただ個人差はあると思いますが、前述している通り、メガネをかけたまま装着すると少し窮屈になります。ゴーグルの重さもあり、メガネ(視点)がズレますので、激しい動きや長時間の使用は控えた方が無難です。この部分(長時間の使用)はメーカーでも注意喚起している部分ですので、休憩しながらのご利用をお勧めします。
 自分の語彙力が乏しいのもありますが、これ以上言葉で説明するのが失礼なくらいですので、この辺でペンを置きます。百考は一行にしかず、ぜひ一度体験して頂きたいと思える商品です。これからどのようなコンテンツが出てくるのか楽しみにしたいところです。

2017.11.17 スーノ


スタッフが使ってみました
Core i7Windows Mixed…
エイサー|15.6型 ノートパソコン Predator Helios 300<BR>(ゲーミングモデル)|G3-572-A76Hエイサー|Acer Windows Mixed Reality Headset|AH101
エイサー
15.6型 ノートパソコン Predator Helios 300
(ゲーミングモデル)
G3-572-A76H
エイサー
Acer Windows Mixed Reality Headset
AH101
会員様web価格 205,980 円 (税込)
 2,060 ポイント進呈
会員様web価格 53,800 円 (税込)
 538 ポイント進呈
明日お届け ※本日の13:29:59までに購入手続き完了の場合
2017年10月 発売
「おひとり様1点」
明日お届け ※本日の13:29:59までに購入手続き完了の場合
レビュー 5.0
2017年10月 発売




最近の試用レポート もっと見る

02月 24日 公開
フィリップス LED電球 レフ形 800lm(白色光(電球色〜昼白色))【電球×2個、ブリッジ、スイッチセット】 PY47915L
部屋にIoTの風を取り込むなら『Hue』!
02月 23日 公開
セガゲームス 【特典付】【PS4】北斗が如く(通常版) 
「龍が如く」と融合した「北斗の拳」の世界を体験!
02月 21日 公開
アテックス マッサージクッション フリースタイル(ブラウン) AX-KCL7500BR
フリースタイルにマッサージを楽しむ!
02月 19日 公開
ソニー 2.1chホームシアターシステム(クリームホワイト) HT-S200F(W)
コンパクトボディにウーファー内蔵「ワンボディー・サウンド・スピーカー」
02月 17日 公開
コーエーテクモゲームス 【デジタル特典付】【PS4】真・三國無双8(通常版) 
広大な中国大陸を"オープンワールド"で駆け抜けろ!
02月 16日 公開
シャープ 551L 6ドア冷蔵庫(ピュアホワイト) SJ-GX55D-W
使いやすさにこだわった「WXシリーズ」と「GXシリーズ」をレポート!
02月 14日 公開
Google Google アシスタント 搭載スマートスピーカー Google Home GA3A00538A16
Google アシスタントがあらゆる生活シーンをサポート!
02月 12日 公開
カドー PM2.5対応空気清浄機(15畳まで ブラック) AP-C120-BK
卓上にも便利なコンパクトサイズ!シンプルで美しい空気清浄機
02月 09日 公開
シャープ SIMフリースマートフォン AQUOS R compact SH-M06 (ホワイト) SH-M06-W
ハイスピードIGZOパネル搭載で、高精細で美しく操作も快適!
02月 07日 公開
シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121(K/KT)
忙しい朝も、予約機能で淹れたての一杯を楽しめる!
02月 05日 公開
パナソニック コアトレチェア(ブラウン) EU-JC70-T
座って体幹を鍛えるチェア! 男性スタッフが体感!!
02月 02日 公開
ヒサゴ トリック!クリアフォルダ A4(3色アソート) OP2447A
アイディアが詰まった特殊なクリアファイルで情報を守る!
01月 31日 公開
M-SOUNDS 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ホワイト) MS-TW1WH
装着感を感じさせない、小型ワイヤレスイヤホンをレポート!
01月 29日 公開
デバイスタイル 電気ケトル 0.8L KA-800C
ホーロー素材のようなレトロな電気ケトルで一服♪


商品はこちら

▲このページのTOPへ

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針