Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧



試用レポート
ブラザー
インクジェット複合機 PRIVIO(プリビオ) DCP-J983N

ブラザーのインクジェット複合機を検証!
インクがなくなるまで、刷って刷って刷りまくってみた!
 SOHOといったビジネス用途でも定評のあるブラザーのプリンタ。給紙方法も多く、トレイもインクも大容量。たっぷり刷れて1枚あたりの印刷コストも非常に安い。新製品の「DCP-J983N」が登場したので、新品のインクを入れて一体何枚のカラー印刷ができるのかを試してみたら、驚きの結果が・・・。

 旧型よりも、どれだけたくさん印刷できるのかを比較した結果をぜひご覧ください!!
セット内容
 まずは、「DCP-J983N」のセット内容から確認しましょう。スターターとしてインクカートリッジ4色と、取扱説明書や保証書、印刷物、CD-ROMに加えて、届いてすぐ使える写真用紙(L判)も同梱されています。インクカートリッジは使用頻度の高さからブラックだけ大きめです!

 
スキャン部分
 原稿の読み取り部分は最大A4サイズまで対応。また名刺などを並べて「おまかせ一括スキャン」で複数原稿のデータをまとめて保存可能です。そのまま簡単にPDFに変換できるので、書類や名刺の整理にオススメ!!

 
前面左側のスロット部分
 パソコンが無くても、SDカードやUSBフラッシュメモリーからのダイレクトプリントにも対応しています!! また「Pict Bridge」にも対応していますので、ケーブルを接続するだけでデジカメからもダイレクトにプリントOK!!
 さらに、NFC対応の端末なら、プリンタにタッチさせることで、ダイレクトにプリントできます!!

 
大容量の黒インクを含めた4色インク
 インクカートリッジ装着!! 前年のbrother BASICシリーズに比べてカラーインクは約2.5倍、よく使うブラックはなんと約6倍の容量!! ビジネス用途に使用される方にも、テキストメインの原稿を印刷するのに安心です。インクを装着すると、プリントヘッドのクリーニングがスタートします。ウィンウィン。その間にその他の機能もレポートしましょう!!

 
途中で抜けたりしないように接続ケーブルは内側にセット
 お家や事務所などで、足をひっかけてケーブルが抜けちゃった!! なんてことを防止するため、USBケーブルの差込口、そしてそこから延びるケーブルは、プリンタの中を沿うようにセットされます。

 
背面手差しもございます
 前面給紙だけじゃない!! 背面給紙にも対応。背面の手差し給紙は、サッとプリントしたい時に便利なので、忙しい時に非常に重宝します。また、封筒などの特殊なものまで手差しで給紙できちゃいます!!

 
スピーディな読み取りでSOHOにピッタリ!!
 最大20枚まで連続読み取り可能な「自動原稿送り装置」。コンパクトな本体からは想像もつかない、開閉可能なスマートな機能となっています。

 
A4普通紙最大100枚! 大容量の給紙トレイ
 前面は2段給紙となっており、下段にA4用紙、上段にはがきを同時にセット可能!! A4用紙を最大100枚セットできる大容量給紙トレイとなっております。

 
液晶画面はタッチパネル式です
 スマートフォンなどで多く使用される静電式ではなく、こちらの液晶画面は感圧式。静電式に慣れていると一瞬「おや?」という操作感ですが、プリンタでは感圧式が好まれているみたい? 2.7型の画面ですが、アイコンもクッキリ見やすく、メニューもわかりやすいので、操作は簡単です!!

 
カラー、モノクロ、写真、どれを印刷しようか
 さて、そろそろプリントヘッドクリーニングが終わりそうだぞ、ということで、今日のメインとなる「インクがなくなる限界に挑戦!! 刷って刷って刷りまくり、一組のインクで何枚刷れるか耐久レース!!」の原稿を選びます。

 雑誌の切り抜きや、家庭教室の教材、お店のPOPやチラシなど、色んな用途でお使いいただけるこのプリンタ。うーん、迷う。

 
こちらの資料を印刷してみましょう!
 極端に色味も多くなく、ほどほどに色の乗った、いかにもビジネスチックな原稿「市場への導入時期と情勢」を選んでみました。真面目に作ってるように見せかけているこのナンセンスな原稿を、真面目にチョイスしてみるセンス。

 
買い替えを想定して旧型プリンタを用意
 準備完了!!ということで、今日は新人(新機種)「DCP-J983N」とは別に、対決用に大御所(旧機種)にも来ていただきました。2012年9月に発売、天板デザインがカスタマイズできる、当時大人気だった「DCP-J940N」です、どうぞ!!
※左:新製品「DCP-J983N」、右:旧機種「DCP-J940N」

 
奥行きがコンパクトになっています
 前面からはパッと大きさの違いが実感できないかもしれませんが、奥行はこんなにコンパクトになっています!! 実際、目の前で見ると新しい「DCP-J983N」はスッキリとしたスマートさを感じました。

 
どちらのプリンタにも同じ設定を行い・・・
 どちらのプリンタにもパソコンを接続。同じ原稿を選び、同じ出力設定を行います。間違えるなよ、間違えるなよ? ドキドキ・・・。
 ということで、ついに満を持して「14:55」印刷スタート!!

 
印刷開始!!
 実はこの段階で設定を間違えていまして・・・。100枚刷った後に双方の設定を入れ替え、100枚刷ってインク量を合わせました。300枚目から両方同じ設定でプリントしております。なのでこの写真を見て『微妙に仕上がりが違う』と思われた方は、お目が高い!! という事でお許しいただけますでしょうか・・・。

 
給紙職人参上
 インクが無くなるまで印刷する。という事なので紙はどんどん減ります。ブラザーの給紙トレイは大容量の最大100枚収納が可能ですが、もちろんそれで済む訳ございません。

 
ハイ、補充!!
 なのでプリンタの画面に「紙をセットしてください」という表示が出るとすぐに対応しなければならず・・・

 
ハイ、セット!!
 物凄い速さで紙をセットする技術が身につきました。

 
それ以外の時間はひたすら見守る
 紙をセットする以外は基本やる事ありません。紙づまりやインクかすれなどを起こさないかひたすら見守ります。

 
文書の印刷でよく使うブラックインクはここまで大きく!!
 黒が大容量だとご説明いたしましたが、旧型インクと比べると2倍ほどの大きさになっています。たくさん刷りたい文書もブラザーの大容量インクなら安心してタップリ印刷することが出来ますよ!!

 
旧型プリンタのインクが無くなった!! 刷ったのは322枚!!
 16:00 旧型「DCP-J940N」、イエローのインクが尽き「322枚」にて試合終了!! しかし、この時点で印刷速度でも「DCP-J983N」に負けていたのであった。

 (左)新製品「DCP-J983N」、(右)旧型「DCP-J940N」で印刷したもの

※ちなみに旧型「DCP-J940N」は、静電気により未印刷の紙送りが2枚発生したりもしました。

 
全然終わる気配の無いDCP-J983N
 すでに速度においても差を見せつけている「DCP-J983N」、インクが切れる気配がありません。もう終わって欲しいと願い始めています。夕方なんです。全然終わらないんです・・・。

 
時々休息時間も入る。そりゃそうだ
 連続プリントでプリンタが熱を持つので、安全のため時々約10秒ほど休息(冷却)します。とはいえプリンタを触ってみても、ほんのり暖かいだけなので不思議です。

 
イ、イエロォオオオー!!!! ついにDCP-J983Nも終了!!
 18:10 「DCP-J983N」にもついに動きが!! 『印刷できません』と言っています!! 印刷しなくていい! よく頑張った!! 終わりなき戦いに終止符を打ったイエロー万歳。これがモノクロ印刷での対決だったらと思うとゾッとするブラックインクの残量・・・。
旧型が止まってから2時間後、DCP-J983Nはどれほど差を広げる事が出来たでしょうか!! とくとご覧ください!!


 
ハイ、ドン!!! 結果は944枚!!
 これはヤバい、見せつけられた!! 約3倍の差をつけて、この堂々たる佇まい。ピンクの付箋紙のドヤ感すごい!!(付箋紙は100枚ずつ付けています)

 
別アングルで、ドン!!
 昨年のbrother BASICシリーズと比較しても、A4カラー印刷で2015年モデルが約8.1円/枚というインクコストに対して、この新機種「DCP-J983N」は約4.6円/枚という大幅なコストダウン!!

 また、ビジネス系 WORKSシリーズの「MFC-J6973CDW」のA4カラー文書 約6.1円/枚と比較してもこの差は明白なのですから、いかに「DCP-J983N」がすごいか、おわかりいただけるかと思います!!

 


 一目でわかる、トータルコストを表にまとめてみました。2015年 brother BASICシリーズと比較した結果です。
(※金額は2016年9月 価格改定時点で算出したもの)
 トータルコストとは、プリンタ本体の価格と、印刷時のインクコストの合計ですが、比較的早い段階で、従来機種と差がでてくるのが分かります。

 初期投資としてのプリンタ本体の価格は、他の類似の機種と比較すると高く感じるかもしれませんが、このように先々のコストを考えれば、トータルではこちらの方が断然お得です!! また今回、4年前の機種と比較して印刷速度の差も体感し、コストだけではない効率差も顕著に感じました。

 1年に1度、年賀状だけのために押し入れからプリンタを引っ張り出してくる、といった方には本機種のメリットが伝わりづらいかと思います。
しかし例えば・・・

 ・小規模な事務所・会社(SOHO系)や家で仕事をしている方の書類作成
 ・家で教室を開いている方の教材の作成
 ・飲食店・美容サロンなどの店舗を構えている方のチラシやメニュー、DMの作成

 など、たくさん印刷される方にこそ選んでもらいたい!! 全力でオススメしたい!!
 ビジネス使いとして「インクジェット」は敬遠されがちですが、裏写りも無く、インクが滲むこともなく、6pxの文字までキレイに印刷され、申し分の無さを大いに感じました。

 最近「ホームビジネス」に移行する企業が少しずつ増え、在宅ワークが増えてきていますが、そうなると無きゃ無いで困る!!のがプリンタ。コンパクトでスマート、コスパもいい!!「DCP-J983N」を、是非ご検討ください。
 長く使ってもらいたいということから、メーカーの通常保証1年に加え、BrotherOnlineユーザー会員にご登録で、2年間で1回使える無償修理「ハイプリ」サービスも近々スタートするとのことなので、長期的にも安心してお使いいただけます。
 ※「ハイプリ」のお申し込みに必要な環境・書類などはこちら(メーカーページ)からご確認ください。

 また、メーカーページでは、1ヶ月の印刷枚数により、ご自身でコストシミュレーションも行えます。是非一度ご確認ください!!

2016. 11.4.公開(つくね

スタッフが使ってみました
インク4色以下
ブラザー|A4カラープリント対応 インクジェット複合機(ホワイト)|DCP-J983N
ブラザー
A4カラープリント対応 インクジェット複合機(ホワイト)
brother PRIVIO(プリビオ) DCP-J983N
会員様web価格 32,400 円 (税込)
 324 ポイント進呈
24時間以内出荷
レビュー 5.0
2016年08月 発売
■ 仕 様 ■
  • プリント解像度:6000×1200
  • インク色数:4色(各色独立)
  • 印刷サイズ:最大A4
  • 給紙方法:前面2段/背面
  • 自動両面印刷:○
  • スキャナー機能:○
  • レーベルプリント:○
  • 対応OS:
     ・[Windows]10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP SP3(32bit) SP2(64bit)
     ・[MacOS]OS X v10.8.5〜
  • 外形寸法:幅420×高さ172×奥行341mm
  • 重量:8.7kg

最近の試用レポート もっと見る

04月 26日 公開
アイディアファクトリー 【PS Vita】薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会(限定版) 
物語とミニゲームで楽しむ、ファンゲームをプレイ!
04月 24日 公開
サウンドブレナー バイブレーションメトロノーム<br>サウンドブレナー・パルス SOUNDBRENNER PULSE
振動で伝える新感覚のメトロノームを装着して演奏してみました!!
04月 21日 公開
ボーズ Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン QUIETCONTROL30BLK
街中に飛び出して、ノイキャン機能を試してみました!
04月 19日 公開
JNNEX Retro-bit GENERATIONS 
名作ソフト80タイトル内蔵のゲーム機で遊んでみました!


my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針