Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧
▽バックナンバー
プリンタ比較対決 2017 3大メーカープリンタバトル
[ 2016.11.11 ]
 皆様はプリンタや複合機はどんな時に使ってますか? 私は一番多いのは、実はモノクロコピー。子供が学校から持って帰ったプリントをコピーして壁に貼ったり、町内会の回覧をコピーしたりと家にコピーがあるって結構便利なんですよね。その次はやっぱり写真プリント。スマホやタブレットの時代になっても、ここ一番というスナップ写真は大判プリントして額に入れる…ってのがかっこいい。

 というわけで、毎年恒例行事となった Joshin web のプリンタバトルの季節がやってきました。今年も3大メーカーのプリンタ(複合機)を集めて、どれが一番綺麗な印刷を見せてくれるのか、がっつりと競っていただきます。


---------------------------------- 目次 ----------------------------------

エントリーしたプリンタの特徴 スタッフたちと印刷物を比較 スタッフによるベスト3を発表!!



  エントリーしたプリンタ(複合機)
コンパクトなのに高画質

EPSON EP-879AW
新デザインハイスペックモデル

Canon PIXUS TS8030
レーベルプリント搭載の多機能モデル

BROTHER DCP-J968N



 対決方法

 文書のモノクロコピー、カラーコピー、そして写真プリントを行ってその美しさを比較する。モノクロコピーとカラーコピーは弊社の会社案内の資料から、写真プリントはスタッフが特集や試用レポート用に撮影した写真を集めて印刷。出来上がったプリントをスタッフが見比べて、それぞれを5段階評価してもらうことにする。





【 EPSON EP-879AW 】 コンパクトなのに高画質。6色染料インクで写真プリントが美しい。

 そのコンパクトサイズにはいつも驚かされるエプソンのプリンタ。一般家庭に置く場合は、やっぱりサイズって重要な要素だと思う。操作は直感タッチパネルと呼ばれる画面を使って行う。名前のとおり、マニュアルがなくても直感的に操作できる。

 コンパクトながらも必要な機能はひととおりそろっているのが嬉しいところで、今回は試さなかったがなんと自動両面ユニットまで内蔵されているというのは驚きだ。フロントトレイにはA4の用紙を最大100枚内蔵することができ、急ぎの場合は手差しのリアトレイが使えるのも便利である。



360度すっきりデザインで、コンパクト&スタイリッシュな新カラリオ。

コンパクトなので、スキャナのA4サイズがいっぱいいっぱい。

スマホのように使いこなせる、直感タッチパネル。

6色染料インクは交換メニューを選ばないと外せない安全設計。





【 Canon PIXUS TS8030 】 体積で旧型比-29%のコンパクトボディを実現。6色ハイブリッドで文字も写真も美しい。

 見た目も中身も一新して登場したキヤノンの複合機。昨年はキヤノンはエプソンより一回り大きいという印象だったが、今年は並べてみてもほぼ同サイズとなった。もちろんこのサイズで両面自動印刷も内蔵しているので、機能的には互角と思われる。

 スムーズタッチパネルは明るくて見やすく、するする動くのが心地よい。ブラックインクはキヤノンは伝統的に写真用の染料インクとモノクロ印刷用の顔料インクを別々に持っており、しかも顔料インクの容量が大きいのはモノクロ印刷が多い方にはランニングコストを考えるととっても有利。



デザイン一新でコンパクトになったボディ。

キヤノンもスキャナの読み取り面は幅いっぱいまで使用。

軽いタッチでもスルスル動く、スムーズタッチパネル。

キヤノン独自の光るインク。黒が大きいのは、モノクロ印刷が多い方なら経済的。





【 BROTHER DCP-J968N 】 4色インク採用で低ランニングコスト。ADF搭載の多機能モデル。

 昨年はSOHOモデルでの参戦だったため、他メーカーに比べて一回り大きかった。そのためか、ずいぶん小さくなった印象のあるブラザーの複合機。20枚が一度にセットできる自動原稿送り(ADF)が付いていたり、給紙トレイに100枚をセットできたりとSOHOでも使えそうなスペックを持つ。

 4色インクは画質的には不利なはずだが、逆にランニングコストには有利。このインクで他機種と互角に渡り合えるのであれば大きなアドバンテージになるはずだ。



サイズ的には一回り大きなブラザーの複合機。

大きいには理由がある、自動原稿送り付きは読み取りに便利。

タッチパネルはやや暗めだったが、使用感は良好。

ブラザー伝統の4色インクで、今年も写真対決に挑む!!



 印刷の準備をする

 それでは印刷の準備をしよう。写真プリント対決では、各社純正の写真印刷ソフトを使用する。3機種分のソフトをインストールして、USBケーブルで各プリンタを認識させるのは意外と時間がかかる。しかしソフトのインストーラーが優れているせいか、USBケーブルが不良で悩んだ他は意外とすんなりとセッティングは終わった。

 次のページでは、各プリンタで原稿をコピーと印刷。それぞれの美しさを競ってもらうこととします。



⇒ スタッフたちと印刷物を比較

1.エントリーしたプリンタの特徴   2.スタッフたちと印刷物を比較   3.スタッフによるベスト3を発表!!

ページトップへ戻る

最近の特集 バックナンバー

照明器具特集

シーリングやペンダントなどのLED照明やLED電球をご紹介!

バーチャルサラウンド大実験

実際の効果はどうなのか? サラウンド感を体験してみました!

年末の大掃除はおまかせ!

大掃除におすすめの掃除機や、洗剤などの日用品をご紹介!

おうちでプロジェクションマッピング!! 〜紅葉編

噂の超短焦点プロジェクターを用意! 紅葉を部屋で見るゾ!!
my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針