ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

エアコン・季節・空調|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索



試用レポート
大阪ガス
ガスファンヒーター AirGrand(エアグラン)
ガスファンヒーターに空気清浄機をとっぴんグゥ〜
大阪ガスに突撃して徹底レポート!
 皆様こんにちはキンです。今回は大阪ガスの技術センターにお邪魔いたしました。お目当ては、なんと空気清浄機能が付いたガスファンヒーター『エアグラン』。

 なかなかありそうでなかった珍しい商品。暖めてくれるガスファンにドライアイスの冷気を使ったりして、その性能を確かめてみましょう!

(写真左が比較用の通常タイプ、右が空気清浄機能付きのエアグラン)

通常のガスファンヒーターと比べる
 空気清浄機能が追加(写真右)という事で本体の高さがある分、幅は少しスリムに見えます。奥行きがありそうな予感がしますが、どうでしょうか・・・?

エアグランのサイズ:幅480×高さ661mm
比較のガスファン:幅480×高さ435mm  

 
薄さもあまり変わりません
 後ろに回り込んでみるとそんな不安は杞憂のものでした。普通のガスファンと薄さはあまり変わりません!

エアグラン:奥行:180mm(脚部を含む寸法:285mm)
比較のガスファン:奥行168mm(脚部を含む寸法:205mm)

 
本体背面の確認
 エアグランの本体の背面を見てみると、排気口の他に、一般的なガスファンヒーターにはない空気清浄用の吸い込み口が上部にあります。

 
中をのぞき見る
 どれどれ、おじさんが中を覗いてあげようじゃないか。

 
フィルター構造
 外しました。フィルター構造はカバーとフィルターのみというシンプルさで、お手入れや交換も手軽に行えそうです。ダニやホコリ、そしてPM2.5対応など、空気の汚れを逃がしにくい、集じん・脱臭フィルターです!

 
日付を書き込めば交換の目安に
 フィルターには使用開始日を記入できる項目がありますので、交換時期の目安に便利!

 筆者もフィルターをいつ交換したか忘れがちですので、これはありがたい! 是非活用してください! フィルターに書き込みも出来ますし、本体操作部で交換時期サインも点滅するのでご安心を。

 
操作パネル
 本体を操作してみよう。まずは気になる空清ボタンをポチリ・・・ ん? 空清ボタンの横にブドウ型のプラズマクラスターのマークが! シャープ製のプラズマクラスター技術が搭載されている証です! これで気になるニオイも抑えてくれるんだ!

 
空気清浄 強・中・弱から選べます
 空気清浄の強さは3段階です。オフシーズンでも空気清浄単独運転でサーキュレーションとしても使えて年中大活躍!

 
おはようタイマーで時間設定
 各種タイマー機能は標準装備です。おはようタイマーでお好みの時間に設定したら、その時間に暖房運転を開始してくれます。

 
15分刻みのおやすみタイマー
 こちらは15分刻みで最大60分まで時間を選べます。選択時間経過後に自動的に運転停止してくれるお休みタイマー。

 おはようとおやすみタイマーを組みあわせて使えますので、朝も夜もお部屋は暖かです。

 
スポット暖房
 スポット暖房は室温に関係なく、P1〜P5までの5段階で、暖房能力を固定して運転できます。足元や本体周りで暖をとりたい時に使ってくださいね。

 
スポットで重点的に暖まる
 部屋全体を暖める実験のためにこの部屋の室温を5℃にしていただいておりました。ありがたさが身にしみてカチコチ。ですのでボクの所だけをスポット運転で温度を固定し、重点的にしばし暖を・・・。

 スポット運転を行うと、お部屋が暑くなりすぎる事があるので、その場合は、通常の暖房運転に切り替えてくださいね。

 
ドライアイスを使って空気清浄の実力を検証!
 では再開! 暖めてくれた暖房機に向かってドライアイスを使い、空気の吸い込みを視覚化してみました。ドライアイスの煙がモリモリ吸い込まれているのが分かります! これなら空気中の気になる浮遊物も吸い込んでくれるに違いない!

 
ほこりセンサーお手入れ
 ホコリセンサーの感度が気になったら、本体横のカバーを外して、お手入れし、しっかり感知してもらうようにしておきましょう。

 
ただいまの温度から実力を検証
 ここからはガスファンヒーターとしての実力を検証だ! ただいま15時5分。室温は10度。設定温度を24度に設定して、30分で室温をどれくらい上げられるのか確かめてみましょう。

 
検証を行うのは約14畳の部屋
 写真では伝わりにくいですが、検証は14畳に相当する広さで行っております。そして室温は10度。寒いです。

 
中間地点はどんどん暖まってきました
 検証開始から少し時間が経過した所で、中央地点の温度を専用の機械で計測してみました。21.8度。ふむ、中々の実力ではないか。

 
約30分後・・・14畳の部屋は
 約30後、ファンヒーターの本体パネルを確認。設定温度まではさすがに時間が足りませんでしたが、この短時間で14畳の部屋を10度も上げられました。十分じゃないか! さすがガスファンヒーター! パワフルです!
※室内の場所によって温度差が発生します。

 

 ガスファンヒーターとしての実力はさすが大阪ガスさん。この冬を任せられる性能で、【プラズマクラスター】が搭載されているので空気清浄機能としても、浮遊菌などにも効果が期待できそう。

 空気清浄機単体のものと比べてしまうとやはり劣ってはしまいますが、スペース的な問題を考えると実用性は非常に高いと思います。何より、冬が終わった後にガスファンヒーターを片付けずに、そのまま継続して空気清浄機として使っていけるのはとても良い。冬だけ使うファンヒーターを収納する場所って案外かさばりますので、オールシーズン使えるならば収納する必要がなくなるのではないでしょうか。

 ガスファンヒーターを長年ご使用のお客様、この冬を乗り切る新しい相棒選びの候補に、進化した大阪ガスのファンヒーターを是非加えてください!

2017. 10.23.公開(キン

スタッフが使ってみました
  • このページは参考になりましたか?



最近の試用レポート もっと見る



▲このページのTOPへ

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記