ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

エアコン・季節・空調|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
▽バックナンバー
風邪・ウイルスに備えよう 空気清浄機・健康家電特集
[ 2017. 10.20 ]


  風邪・ウイルス対策には湿度が重要です!

風邪・ウイルス対策には、湿度のコントロールが欠かせません! バクテリア・ウイルスなどは湿度40〜60%が苦手な環境といわれています。
また、 湿気があると「鼻」や「のど」などの粘膜にウイルスが吸着しにくくなり、体内に侵入するのを防ぐ効果もアップします。




空気清浄機

 気になる空気の汚れをパワフルに浄化してくれる空気清浄機は、運転しながら加湿をしたり、イオンを放出するタイプがおすすめ。

加湿器

 風邪などのウイルスは、湿気が苦手。暖房で室内の空気が乾燥しがちなこの時期に、おすすめです。

加湿セラミックファンヒーター

 小さな場所ならメインの暖房として活躍する、セラミックファンヒーター。風邪の季節には、「加湿機能付き」がおすすめです。

温湿度計

 湿度・温度をコントロールして、風邪・インフルエンザを効果的に予防しましょう。

スチーム吸入器

 風邪の予防・症状の緩和におすすめ。いつでも使える、ポケット吸入器が人気です。

マスク・かぜ薬など

 風邪の予防にはマスクが一番。のどの痛み、鼻水、せきといった諸症状の緩和にはかぜ薬の出番です。


  空気清浄機

 空気中に漂う、ホコリ・チリ・カビ・ウイルスなどの集じんや、タバコのニオイの脱臭にも使える空気清浄機。空中のチリやホコリの舞い上がりを抑える「加湿機能搭載タイプ」や、1年中使える「除湿・加湿機能搭載タイプ」など、空気清浄しながら加湿や除湿ができるタイプが人気です。

 また、上位の機種は、プラズマクラスターやナノイーなどのイオンを放出することで、除菌効果や肌へのうるおい効果を高めたり、集塵力を高めることでPM2.5に対応しています。

 その他、カーエアコンと組み合わせて、車内空間を快適にする、イオン発生機なども便利です。





  加湿器

 室内の空気が乾燥しやすい冬場、病院や学校など、人が多く集まる場所で活躍するのが加湿器。ヒーター式と気化式を組み合わせることで、パワーと省エネを両立した「ハイブリッド式」が主流です。

 機種によっては、室内の湿度を自動で調節したり、ウイルスなどを分解・除去する機能を持っています。

 その他、ヒーターやファンを使わないので低騒音・低消費電力、コンパクトな「超音波式」や、お休み前にリラックス効果を高める「アロマ対応」など、デザインや付加機能にこだわったモデルもおすすめです。



      加湿セラミックファンヒーター

     大きな部屋なら補助暖房として、小さな場所ならメインの暖房として活躍する、セラミックファンヒーター。乾燥が気になる冬場には、高い加湿能力と暖房能力を備えた「加湿機能付き」がおすすめです。

     室温(湿度)に応じて、室内環境を自動でコントロールしたり、プラズマクラスターやナノイーを空気中に放出することで、ウイルスに対し高い抑制効果が得られます。。




      温湿度計

     風邪・インフルエンザの予防対策で重要なのは、部屋の温度や湿度をコントロールして、ウイルスを蔓延させないこと。インフルエンザ注意に視点をおいた温湿度計であれば、季節性インフルエンザの予防目安が、段階ごとに表示されるなど、ひと目でわかるようになっているので安心です。

     また、身体を冷やしてしまうと、体力が低下し、空気が乾燥するとせきが出たり、風邪をひきやすくなってしまいます。暖房を使用するときは、室温のチェックも必要です。温度・湿度が両方計れる温湿度計で、風邪・インフルエンザを効果的に予防しましょう。




      スチーム吸入器

     風邪の予防・症状の緩和に効果的なのが吸入器。細かく、たっぷり、スチームを放出することによって、うがいだけでは届かない、のどの奥や気管にまでうるおいを与えて、不快感を改善します。

     据え置きタイプの場合、吸入には、「のど吸入」と「はな吸入」の2種類がありますが、症状に合わせて切り替えられるようになっています。薬剤はまったく使わないので、小さなお子様やご年配の方でも安心です。

     また、外出先での「のどケア」には、「いつでも、シュ〜ッ!」と使える、ポケット吸入器がおすすめです。微細なミストが、のどの奥までしっかり届き、うるおいを与えます。。



      マスク・かぜ薬など

     風邪のひきはじめ、のどにくる方には、せき止め・うがい薬がおすすめ。「頭がぼ〜っして、なんだか熱っぽい」「かぜにかかったかな?」と思ったら、かぜ薬の出番です。

     飛沫をブロックするマスクは、自分からまわりへウイルスを拡散させないことはもちろん、通勤・通学の電車やバスでは、かぜ予防に効果的。せっかくマスクを装着していても、鼻の間に隙間があったりすると効果が激減してしまうので、顔にピッタリフィットするタイプを選びましょう。


    ▲このページのTOPへ



    END
    最近の特集 バックナンバー

    こだわりの調理家電

    食欲の秋を楽しもう!おすすめの炊飯器・電子レンジなどご紹介!

    防災特集

    地震大国日本。災害にしっかり備えましょう。

    プリンター 最新モデルご紹介!

    エプソン、キヤノン、ブラザーの最新モデルをチェック!

    おすすめテレビ サイズ・機能から選ぶ【2018年版】

    テレビのサイズや便利な機能のポイントをチェック!
    会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
    企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記