Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧



試用レポート
SONY
2.1chホームシアターシステム HT-MT300

中小型テレビでも邪魔にならない、コンパクトなシアターバー
設置の自由度と迫力のサウンドを試してみました
 テレビの音に満足できないけど、シアターバーはちょっと大きくて邪魔だしなぁ… そう思っている方にぜひ使ってみてほしい、コンパクトなシアターバーが登場しました。

 ソニーのHT-MT300は、バースピーカーの高さはわずか5.4cm。幅も50cmしかないので、小型テレビの前でも違和感なく置くことができます。しかもサブウーハーはワイヤレスで、ソファの下にも置けてしまうということです。「HT-MT300」で、テレビの音はどれほど楽しくなるのか、さっそく試してみることにしましょう。

主な付属品を確認
 HT-MT300はバースピーカー(右)とワイヤレスサブウーハー(左)のセパレートタイプ。付属品としては、ACアダプターとACケーブル、光デジタルケーブル、リモコンが付いています。

 
テレビの前に設置
 我が家のテレビは東芝「40M500X」です。この40インチのテレビと比べていかがでしょう、結構コンパクトなサイズではないでしょうか? バースピーカーの横幅は50cmで重さは約1.4kgほどなので、さらに小型のテレビと組み合わせたとしても、違和感がなさそうです。

 
電源を入れるとランプが点灯
 Bluetooth、USB、アナログと接続されているソースによって違ったランプが点灯するので、分かりやすいです。Bluetoothは青色で表示されます。

 
操作ボタンは本体右側
 バースピーカー本体の操作ボタンは右側に並んでいます。

 
タッチ操作になっています
 タッチ操作により「入力切替」「Bluetooth」「ボリュームダウン」「ボリュームアップ」「電源ON/OFF」が操作可能です。

 
リモコンも付属
 実際に操作するのは、このリモコンを使うことが多いと思われます。ボリューム操作を中心にして、入力切り替えや各種モードの切り替えなど、ひととおりをリモコンで操作することができます。

 
ワイヤレスサブウーハーを確認
 低音を受け持つのがワイヤレスサブウーハー。ワイヤレスで音声信号のやり取りをするので、電源コード以外はケーブルがなく、設置の自由度が高いのが特徴です。直立でも寝かせても迫力のサウンド再生を可能にしています。

 
電源を入れます
 電源を入れて、バースピーカー本体とBluetoothで接続します。電源ボタン下の「SECURE LINK」ボタンを押すだけで、接続できました。低音は指向性が低いので置き場所を選ばないのがサブウーハーですが、ソファの下に設置しても音量や帯域を最適化してくれる「ソファモード」も搭載しています。

 
テレビと接続して試聴
 東芝「40M500X」は前向きにスピーカーがついているので、普段からテレビ音声は聴こえやすく、ボリューム不足は感じなかったのですが、HT-MT300からの音を体感すると、「おおお…!!!」と驚かされるほど非常に明瞭・クリアに聴こえるようになりました。ワイヤレスサブウーハーもしっかり重低音を響かせて、なんのことはないCMですら全く違う印象で聴こえてきます。

 
USBメモリ内の音楽を試聴
 さすがに本格的なオーディオコンポに匹敵するところまでは行きませんでしたが、かなりレベルの高い迫力のサウンドが楽しめます(最大96kHz/24bitのWAVファイルに対応)。 サブウーハーの効果で、部屋全体に重低音が響き渡り、普段聴いているのとは全く違う音楽に感じました。デジタルアンプ S-Masterと、S-Force PROフロントサラウンドの威力は絶大です。

 
HT-MT300の操作はSongPalで
 スマホの音楽を再生するにあたって、ソニーの純正アプリであるSong Palをダウンロード・インストールしてみました。ソニー製オーディオ機器に接続して、再生や機器設定が行えるようになります。

 
スマホの音楽をスムーズに再生
 テレビ、USB、各種設定などができるようになっています。メモリ内の音楽を再生する際は、定番のCDデータベースであるgracenoteに対応していて、タイトルによってはジャケット写真が表示されて非常に快適です。

 
 シアタースピーカーを初めて体感しましたが、すごく良いですね…! 普段、音楽やオーディオに興味を示さない家族も「スゴイ!映画館みたい!!」とテンプレートのような感想を興奮気味に語っていました。肝心のサウンドについても、テレビの音声については話し声がとても聴きやすく、クリアな音質になり、音楽を聴けばワイヤレスサブウーハーの重低音も加わって、まさに「生まれ変わった」サウンドを楽しめます。

 個人的に楽しかったのは「映画」「ゲーム」です。臨場感・迫力が大きく向上します。

Michael Jackson 「This is it」…全編通して、普通のテレビの音とは格段に違うと感じました。「Human Nature」の導入部分のシンセサウンドがとても気持ち良い。

「ターミネーター4」…それまでのシリーズと雰囲気が変わったこの作品は、スカイネットとの激しい戦い描写が見所、聴き所でした。飛行音、爆発音がより分厚く楽しめました。

ゲーム全般…色々なソフトをまたプレイしたくなることマチガイなし!

 HT-MT300はサイズ・質量ともに非常にコンパクトなので、設置は本当にラクでした。バースピーカーとワイヤレスサブウーハーの接続も一瞬で終わりましたし、テレビとの接続も光デジタルケーブル1本で完了できて、とても簡単です。HT-MT300で「生まれ変わったテレビの音声」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2017. 3.12.公開(ボーダー

スタッフが使ってみました
シアターバーシアターバーシアターバー

対象:20,000円以上

対象:20,000円以上

対象:20,000円以上
ソニー|2.1chホームシアターシステム(ブラック)|HT-MT300-Bソニー|2.1chホームシアターシステム(ホワイト)|HT-MT300-Wソニー|2.1chホームシアターシステム|HT-MT500
ソニー
2.1chホームシアターシステム(ブラック)
SONY HT-MT300-B
ソニー
2.1chホームシアターシステム(ホワイト)
HT-MT300-W
ソニー
2.1chホームシアターシステム
SONY HT-MT500
会員様web価格 31,530 円 (税込)
 2,523 (8%) ポイント進呈
会員様web価格 31,530 円 (税込)
 2,523 (8%) ポイント進呈
24時間以内出荷
2017年03月 発売
24時間以内出荷
2017年03月 発売
完売いたしました
レビュー 4.0
2017年03月 発売
今回レポートしたモデル。色はブラック。
今回レポートしたモデルの色違い(ホワイト)モデル。
ハイレゾ音源対応、HDMIインターフェースを持った上位モデル。

最近の試用レポート もっと見る

04月 26日 公開
アイディアファクトリー 【PS Vita】薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会(限定版) 
物語とミニゲームで楽しむ、ファンゲームをプレイ!
04月 24日 公開
サウンドブレナー バイブレーションメトロノーム<br>サウンドブレナー・パルス SOUNDBRENNER PULSE
振動で伝える新感覚のメトロノームを装着して演奏してみました!!
04月 21日 公開
ボーズ Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン QUIETCONTROL30BLK
街中に飛び出して、ノイキャン機能を試してみました!
04月 19日 公開
JNNEX Retro-bit GENERATIONS 
名作ソフト80タイトル内蔵のゲーム機で遊んでみました!


my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針