ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索



試用レポート
SONY
ハイレゾ対応ヘッドホン MDR-1A Limited Edition

低域から超高域まで再生できる『MDR-1A』の限定モデル
デザインと素材にこだわった、国内限定2,900台のモデルを試す!!
 SONYは、ヘッドホンやポータブルアンプなど、ハイレゾ関連商品を矢継ぎ早に登場させていますが、いよいよ人気の『MDR-1A』シリーズに高級感のあるデザインを施した、限定モデルを登場させました。

 基本性能は『MDR-1A』を踏襲しているとのことですが、デザインや装着感、音質をチェックしていくことにしましょう。

セット内容を確認
 左上から本体、取扱説明書、専用キャリングポーチ、手前が左から、1.2mの3.5mm接続ケーブル、スマホなどに使用できるマイクつき3.5mm接続(4極)ケーブルとなっています。  

 
軽い装着性
 40mmの大型ユニットですが、装着感は非常に軽く、この商品の存在を忘れさせます。まさに自然な感じで高級な音質を楽しむというコンセプトでしょうか。

 
ヘッドパッドのエンボス処理!
 この限定モデルは、ヘッドパッド、イヤーパッドに収放湿性に優れたエンボス加工の合成皮を使用しています。

 かけ心地の良さと長時間つけても蒸れないことが最大の特徴ですが、見た目の高級感もグッと上がります。街でこのデザイン(エンボス処理)を見かけたら限定モデルと思って下さい!

 
イヤーパッドを取り外しました
 数カ所のはめ込みを外すだけでこのようにカンタンにイヤーパットが外れます。マウントされた土台ごとパットがくっついて来ます。長期間使用するとやはりパットが摩耗してきますので、その部分がカンタンに交換可能な事は便利でしょう。

 
40mmのHDドライバーユニット
 大型軽量のネオジュームマグネットが醸し出す、ハイスピードかつ軽快でコシのある低音。まさにハイレゾ空間を形成する根幹となるものです。

 基本構成となる部分は通常モデルと限定モデルに差は有りませんが、実際触りますとプレミアム感が全然違います。

 
特徴的なイヤーパッドの形状
 横からイヤーパットを見て下さい。一切平面なところがないのです! 人間工学に基づいたかけ心地を追求しているのでしょうか。

 左側、右側、上面、下面すべて厚みが違い、かつ側面にもエンボス処理を施す、プレミアム感は圧巻です。

 
ドライバーのマウントも凝ってます
 立ててみますと付け根の所もしっかり作られています。そして写真奥にマウントされているドライバーも、内側に向かって斜めにマウントされています。細かいところの積み重ねが、このヘッドホンの質感の高さを物語っています。

 
接続端子部分
 筆者は20年前に当時結構高かった、外国製ヘッドホンを使っていました。音は抜群でしたが数年で本体とケーブルの付け根部分が接触不良を起こし、非常に残念な思いをしました。

 今は断線しても買い換えが出来る着脱式が増えました。専用ケーブルは銀コートが施されており、さすがプレミアなヘッドホンです!

 
音質チェックです
 いよいよ音質です。いつもの自前のSONYハイレゾプレーヤーとスマホを用意しました。解像度とスピード、低音の切れ。さすがハイレゾと思わせてくれるのは、その情報量の多さ。

 このモデルの特長は音のバランスの良さでしょうか。低音主役でもなく、ハイスピードでもない自然な高音・・・。たとえるならそう!空気感がまとわりつく感じ。ギラギラな高級感の世界ではなく、自然な感じです。

 
スマホとの相性をチェック
 通話用コントローラー付きのケーブルで自前のスマホ(ハイレゾ非対応)で音楽を聴きました。正直、期待していなかったのですが、これは驚きです! ソースがハイレゾではないので奥行きはないのですが、普段聴く音楽としては充分レベルが高いものでした。

 
 今回、ハイレゾ対応ヘッドホンというものではなく、オーバーヘッドタイプの高級ヘッドホンとしての実力に驚きを隠せませんでした。ヘッドホン好きの方は何台ものヘッドホンを所有して、同じ音楽を「別テーク」として楽しむことも多いと聞きます。

 この『MDR-1A Limited Edition』を所有する事でのプレミアム感、そしてバランスのいい音楽体験は、その日の気分や聴くジャンルによって、様々なヘッドホンで楽しむ方にも、きっと満足していただけることでしょう。ぜひコレクションに加えていただきたい、オススメのモデルです!

2016. 12.30.公開(shiraishi

お客様のレビューのご紹介
バランス接続時の音色がGood!
ウォークマン直刺しでは鳴らしきらないように感じたので下記のような環境を構築。

ウォークマン(NW−A30)−DigiFi No.22
特別付録バランス駆動対応ヘッドホンアンプ間は3極イヤホンジャックで接続し、アンプ−ヘッドホン(MDR−1A)間はまずTOMOCAの12−3.5JでXLRキャノン端子を3.5φSTジャックに変換した後MUC−S20BL1でリケーブルしてバランス出力視聴できる環境にしました。(リファレンスとしてMUC−S12SM1でアンバランス接続も試しました。)

アンバランス接続の時はすべての音が近くで鳴っているように感じたが バランス接続では音の広がりが良くなって全体がほど良い距離を保っているように感じ今まで埋もれていた音色がはっきり聞こえます。。。
こうなってくると今度は上位のMDR−Z7が気になってきます。。。

ウォークマン−ヘッドホンアンプ−MDR−1Aでアンプ−ヘッドホン間はバランス接続がお勧めです。
j22046 様

HR音源を聴くために
HR対応のウォークマンを購入したので、視聴用に同じSONY製品のHR対応ヘッドフォンを購入しました。HR音源を聴いた感想は、曲の音がしない部分で、音がしない。今までは「ジィーッ」とか「ブーン」とかのノイズが聞こえていたのが無音になり感動しました。HR対応ヘッドフォンでこの値段は妥当かなと思います。
あわやん 様

スタッフが使ってみました

最近の試用レポート もっと見る

10月 16日 公開
ハクバ カメラバッグ ルフトデザイン スウィフト03 ショルダーバッグ M(カモフラージュグレー) SLD-SW03-SBMCGY
カメラやレンズ、小物類をたっぷり収納してみました!
10月 14日 公開
デバイスタイル ワインセラー (18本収納)【右開き】 WE-18W
18本収納できる、スリムなワインセラーを試してみました!
10月 13日 公開
ソニー ハイレゾ対応カナルイヤホン XBA-N3
人気のハイブリット方式・カナルイヤホン2機種を聴き比べ!
10月 11日 公開
マクロス コンパクト電動ミシン MEH-41
片手で持てるコンパクトな電動ミシンで作品作りに挑戦!


会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針