Javascriptが無効です、Javascriptを有効にしてください。  設定方法

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
検索メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧

≪ JNNEX Retro-bit GENERATIONS  | 一覧  ≫


試用レポート
BOSE
Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング
インイヤーヘッドホン QuietControl 30


ボーズの独自技術によって、周囲のノイズをコントロール
街中に飛び出して、実際に試してみました!
 周辺の音を気にせずにデジタルミュージックを楽しめる、便利なノイズキャンセリング機能。そのノイズキャンセリングをコントロール出来るのというのがウリである『BOSE QuietControl 30』ですが、どんな場面でコントロールするのか、なかなか想像しづらいかも知れません。

 どんな時に使うと便利なのか、試して考えていこうと思います。

付属品の確認
 充電用USBケーブル、簡易マニュアル(多言語)、サイズ違いのイヤーチップ: S・M(本体装着済み)・L、キャリングケースが付属。
 キャリングケースには、予備のマイクロSDカードなどを収納できる内ポケットがあって、持ち運びに便利です。
 ヘッドホン本体はネックバンドが付いており、独特な形状をしています。

 
集音マイク
 イヤホンの外側にノイズキャンセリングの要の部分でもある集音マイクが付いており、「BOSE」ロゴが薄っすらと見えます。ここが塞がると機能が発揮されませんので、小まめにメンテナンスしましょう。

 
イヤーチップ
 最初に本体に装着されているイヤーチップはMサイズ。薄っすらと見える「L」の文字はL/Rの「L」です。少し紛らわしいですね。お間違えなく。

 
ノイズキャンセリングのボタン
 リモコンの側面部がノイズキャンセリングをコントロールするボタン。上を押せばノイズキャンセリングが強くなり、下を押せば弱くなります。

 
音量ボタン
 音量調節のボタンも付いています。ペアリングした機器側でも調節可能なので、個人的にはあまり使わなかったです。

 
ネックバンドに電源ボタン
 電源ボタンはネックバンド内側の右側。押すと緑のランプが光ります。

 
Bluetooth接続
 電源ボタンを長押しすると青色のランプが光り、Bluetoothの接続先を探します。

 
ウォークマンとペアリング
 「NW-A16」とペアリングしてみました。相性が良いのか直ぐにペアリングが完了しました。

 
スマホとペアリング
 スマホと接続する際には専用アプリが必要なのでダウンロードを行いましょう。接続機器を認識すると画面に画像が表示されてペアリングされました。
 現在の音量とノイズキャンセリングレベルが、視覚的に表示されます。

 
アプリで音声ガイド言語を変更
 本体には操作部が少ないので気付かなかったのですが、アプリで音声ガイドの切り替えが行えます。(日本語音声ガイドがあったんだ・・・)

 
装着してみました
 ネックバンドタイプなので当たり前ですが、ケーブルが短い分、引っ張られる感じがあまり無く、快適な着け心地です。

 
後ろから見た図
 リモコンの重量分は重くなりそうな気がしますが、リモコンが軽いおかげか、左右で重さの違いを感じません。

 
コントロール
 本体のリモコンで直接ノイズキャンセリングレベルを調整すると、1段階ずつしか変えられませんが、アプリだと一気に0から100まで調整可能です。
 大阪の繁華街である難波を徘徊しながら、どのレベルが最適なのかを探ってみましょう。

 
人が少ない場所だと半分くらいのパワーで充分
 ノイズキャンセリングが優秀なので、周囲の環境音が消えてしまいます。歩きながら音楽を聴く時は、ノイズキャンセリングを最大にするのは少し危険だと思いました。
 半分より強めで十分クリアに聴こえるので、人がいるところだとこのくらいでよさそうです。

 
人通りが多くて危ない! ノイキャンをOFFにしよう!
 何かのイベントでもあったのか、立ち止まっている人も多く、急に人通りが増えました。このままノイキャンを使うのは危険です。慌てて機能をOFFにしました。
 この辺りはスマホアプリで一気に0にコントロール出来て便利ですね。

 
もし、MAXで使うなら・・・
 ノイズキャンセリング機能はかなり優秀ですので、MAXで使う場合は飛行機や電車の座席など、安全な場所で使用しましょう。
 写真は使用場所のイメージです。ファールボールに注意しましょう。

 
 ノイズキャンセリングをコントロールできるのが売りの商品ということで、使用シーンが謎でしたが、歩きながら使う時にはとても便利な機能だと体感できました。イヤーチップの装着感が良くて耳から落ちる事無く、とても快適に使用が出来ます。

 1回の充電で最大10時間という長時間バッテリーを搭載しており、今回お借りしている間は1度も充電を行う事なく使用し続けました。充電の手間が少ないのは普段使いに便利です。

2017. 4.21.公開(トンカツ



お客様のレビューのご紹介

電車通勤にピッタリです
発売開始直前に予約購入しました。通勤に片道1時間ちょっとかかるため、それまではソニーのMDR−EX31BNを使ってスマホ上のPodcastで英語を聴いていましたが、今回BoseからBluetooth対応のQC30が出ると聞いてネットで事前評価をチェックし、即座に予約しました。使い始めてから2ヶ月弱経ちましたが、耳にやさしく外部騒音も防いでくれるため、適度なボリュームで明瞭に聴くことができます。自分の耳が大きいせいかイヤーチップは大を使っています。もちろん、耳にぴったりで外れることもありません。以前よりも耳への負担も減り、快適な英語漬け通勤を楽しんでます。スマホにBluetooth出力可能な目覚ましアプリも入れ、寝過ごさないように心がけています。ノイズキャンセル対応製品はソニーやBoseなど長年使ってきましたが、今回は他に類似の製品も少ないため、少々高価ですが満足度は最高を選択させていただきました。
Donkey Kong 様
ちょっと不思議な感覚です
BOSEのノイズキャンセリングの使用は、3製品目です。新しくなるに従って、使いやすさが増している感じです。最初に購入した製品は、単にノイズをキャンセルするだけでしたが、2番目に購入したものは、スイッチによる切り替えで、外の音が聞こえるようになりました。そして今回の製品では、人の声は常時聞こえる状態になりました。ちょっと不思議な感覚です。駅のホームのアナウンスがよく聞こえます。(聞いている音楽の音量にもよると思いますが、私の利用状態では問題なしです。)車内放送は、放送の音量や車内の位置によって結構違います。スピーカーの近くではよく聞こえます。今のところ車内での乗客の会話は聞こえてません。たまたま、最初の使用日に大幅なダイヤの遅れがあり、ホームで長時間待たされることがありました。今までなら音楽を聴くのを止めて放送を待つ感じでしたが、今回は音楽を聴きながら待ってても大丈夫でした。私にとっては非常に使いやすくなりましたが、音楽に没入したい人には向いていないかもしれません。
さすらいのクマゴロウ 様

ノイズキャンセル機能は秀逸
ノイズキャンセル機能は秀逸で普通のイヤホンと比較するとはっきりとその効果を実感できます。しかしながらネックバンド部分の耐久性は心配なところです。
ponnta 様
NC機能はさすがです
BOSEのノイズキャンセリング機能はさすがの出来です。ネック部分が気にならなければ買いでは。長く使えそうです。
poco1 様

スタッフが使ってみました
ブラック/チャコール
ボーズ|Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン|QUIETCONTROL30BLK
ボーズ
Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン
BOSE QuietControl 30 QUIETCONTROL30BLK
会員様web価格 34,560 円 (税込)
 1,728 (5%) ポイント進呈
「おひとり様1点」
24時間以内出荷
レビュー 4.8
2016年10月 発売


最近の試用レポート もっと見る

04月 21日 公開
ボーズ Bluetoothワイヤレス ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン QUIETCONTROL30BLK
街中に飛び出して、ノイキャン機能を試してみました!
04月 19日 公開
JNNEX Retro-bit GENERATIONS 
名作ソフト80タイトル内蔵のゲーム機で遊んでみました!
04月 17日 公開
佐藤商事 家庭用シミュレーションゴルフ(ジョイ スイング) STL-PG100
ご家庭で楽しめる本格派シミュレーションゴルフを試す!
04月 14日 公開
エレコム モバイルフォトプリンター EPR-PP01WWH
スマホに入っているデータを自宅でプリントしてみました!

≪ JNNEX Retro-bit GENERATIONS  | 一覧  ≫

my Joshinメルマガ購読    会員登録商品の選び方お支払い方法配送・設置アフターサービスよくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針