ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

オーディオ・電子ピアノ・楽器|ようこそ!! 家電・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

仲間で盛り上がって、踊りまくれ!SONYのワイヤレスポータブルスピーカーでレッツ・パーティータイム!

Joshin 試用レポート
SONY
ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB41 SRS-XB31 SRS-XB21
ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカーh.ear go 2 SRS-HG10

 SRS-XBシリーズより新製品XB41・XB31・XB21が登場!なんと海での使用が可能になり、海水からのさびもへっちゃらに!盛り上げ要素として、音に合わせてライトが光るライティング機能と、スピーカーをタンバリンのように叩いて効果音が出すことも!みんなと盛り上がること間違いなしのXBシリーズで、あなたもレッツ・パーティーしてみませんか?フゥ〜!そしてハイレゾ対応のSRS-HG10も新登場したので合わせてレポートします!

ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB41」「SRS-XB31」「SRS-XB21」

  • XBシリーズ3機種が平行に並んでいる写真
    ラインライトがイケイケのXBシリーズ
  • 3つ縦に並んでいる写真
    縦でも置ける!

 スピーカーの前面部分が布で覆われているのなら分かるのだけど、新たに登場したXBシリーズは前面だけじゃなく、全面がファブリック素材で出来ている。『布』を感じる手触りでありながら防水仕様なので、水回りにも強いスピーカーなのだ。汚れそう・・・汚れそうと感じるのだが、汚れや傷に強く、高い耐久性をかねそろえたソニー専用のファブリック素材を使用。水洗いでき、汚れてもサッと洗う事ができる。
 今までもカラフルだったりコロリとした形で部屋のインテリアとしてもオシャレな見た目ではあったが、ファブリック調だとこれまでよりも、部屋によく溶け込む・馴染むといった印象が強くなっている。

 クラブのネオンのように光るXB41とXB31のラインライトは、色の変化がなめらかで、音とネオンの融合によってパーティーピーポー感が漂っている。XB41とXB31はラインライト全体が光るのだが、XB21は単色でボディの中央部分の上下にポッとライトが灯る。クラブ仕様がお好みならば、XB41とXB31をチョイスするのがオススメ。
 何より気になるのはタンバリンになるという機能。スピーカーを叩き、その振動と連動して『ポンポン』とデジタル音が鳴るようなのだが、スピーカーを叩くという発想がよく思いついたもんだ。

  • XB41の正面
    SRS-XB41
  • XB31の正面
    SRS-XB31
  • XB21の正面
    SRS-XB21
  • XB41の側面のラインが水色に光っている
    側面から光ってパーティー感倍増
  • XB31の側面のラインが水色に光っている
    XB31もピカピカ光って美しい
  • XB21の側面は丸くて筒状
    XB21はころっと丸みを帯びてかわいい

 重量はXB41で約1500g、XB31で約890g、XB21で約530g。XB41が一番大きいので重くなるが、広い場所で場所でも迫力のあるサウンドで音楽を楽しませてくれる。

 スピーカーユニットがXB21は42mm、XB31は48mm、XB41はなんと58mmが装備され、本体容積が大きくなるほどユニットが大きくなり、重低音のパワーが増していく。ハイレゾ対応のHG10に使用している発砲マイカ振動板も使い、より音が鮮明になった。前モデルでは紙素材を使用していたが、振動板の余計な振動が起こりにくくなって、音がよりキレイになりメリハリのある音に進化した。グリルフレームも改良され、前面フレームの穴の数を増やし、穴径も大きくなった。ボディ横方向にも穴を開けてより音が広がるようになり、多方面でも音で聞こえやすくなったのだ。XB41のみDSPを2つ使用し、屋外などの低音が聞こえづらくなる場所でもより大迫力で楽しめるように。

 XB41とXB31は形はスピーカーらしく安定性のある形だが、一番小さなXB21は筒のように丸みがある。XB41とXB31は側面も煌々と光るのでより華やかでにぎやかだ。ライトは曲に合わせて光る「ライティング機能」が搭載。XB31にはストロボフラッシュ、XB41はスピーカーライトとストロボフラッシュがついている。

  • XB41の上部
    上部にはNFCとシンプルなボタンが並んでいるXB41
  • XB31の上部
    シンプルだからこそ分かりやすいXB31
  • XB21の上部
    XB31の配置と同じXB21
  • XB41の端子部
    WPCボタンでパーティーチェーンが使えるように
  • XB31の端子部
    マイクロUSBで充電
  • XB21の端子部
    XB21はマイクロUSBのみに

 操作ボタンは再生、音量、電源ボタンとシンプル。NFCマークはXB41は中央に、XB31とXB21は左側に配置されている。XB41に搭載された「ライブサウンドモード」のボタンは、音が横だけでなく縦の方向から広がり、ライブの会場にいるような臨場感を演出するという。音がどう変わるのかは後で試してみよう。

 背面カバーの奥の端子部は、パーティーチェーンのときに使用するWPCボタンやバッテリー残量をガイダンスしてくれるBATTボタンなど並んでいる。マイクロUSBケーブルで充電ができ、XB41とXB31では約5時間の充電で24時間使用できる。XB21は約4時間の充電で12時間。XB41はACアダプターも付いており、据置機としても最適だ。どのスピーカーでも少しの充電で長時間使えるので、野外でも安心のパワフルなバッテリーだ。

  • XB41が水に濡れている写真
    水に濡れてもへっちゃらだ!
  • IP67+防錆でビーチでも使用可能に!

     従来のXBシリーズも防水機能は搭載されていたが、海の塩水までは対応していなかった。今モデルでは防錆対応でサビにも強く、夏のビーチでも楽しめる。海や山と、シーンを選ばずマルチに使えるようになった。

     さらに水をダイレクトにぶっかけてもへっちゃらなので、汚れた時もジャバジャバと気にせず洗ってキレイに出来るのだ。スピーカーをジャバジャバ洗う。凄い時代になったものだ。

  • XB41とスマホがペアリングしている写真
    すぐにペアリングできた!
  • ペアリングもかんたん!

     音楽を端末からつないで聴く際は、Bluetoothでペアリングして聴こう!3種類同様、電源ボタンを7秒ほど長押しすると、Bluetoothマークのランプが点滅し、音声でも「Bluetoothペアリングモード」とアナウンスしてくれる。点滅している間に、端末でBluetoothの設定をONにするとすぐに使えるようになった!

パーティーチェーン & パーティーブースターで盛り上がる

  • XB41のWPCボタンを押している写真
    WPCボタンをそれぞれ押すと
  • 3機種が音に合わせてピカピカ光っている写真
    パーティーチェーンで更に楽しい!

 複数のスピーカーをつないで、大音量で楽しめるパーティーチェーン。単体よりも迫力が生まれて、みんなで盛り上がれること間違いなし。
 背面のWPCボタンを押して、つなぎたいスピーカーのWPCボタンも押していく。最初に押したスピーカーがマスターとなり、他のスピーカーはプレイヤーとなる。マスターの電源を切ると、他のプレイヤーの電源も切れる。全部繋げば、重低音と迫力は当然ながら倍増する。音楽に合わせてノリノリのライト達も部屋中でキラキラするので、自然に体も踊りだしてしまいそうだ。

  • XB41の背面を叩いている写真
    背面を2回叩くと…
  • XB41の正面を叩いている写真
    タンバリンに早変わり!フゥ〜!!
  • 【動画】パーティーブースターの様子をご覧ください

 心が躍ってきたところでタンバリン機能でさらにノリノリを畳みかけよう。スピーカーの後ろを2回叩くか、音量ボタンの+と−を同時に3秒以上押し続けると「パーティーブースター」が使えるようになり、スピーカーを叩けば太鼓のように音が出る。前面・左右の側面・底面・天面の5ヶ所で効果音がなり、リズムに乗ってあらゆる音を出せるのだ。全面ファブリックで、全面がタンバリン。打つ力の強弱で音量も変わるので、音楽の合いの手にも感情をドンドン入れていこう。音に合わせてタンバリンでレッツダンシングだ!フゥ〜!

アプリ「Music center」で設定しよう!

  • スマホアプリのXB41のメイン画面
    アプリをダウンロードするとすぐに使える
  • パーティーブースターの設定画面
    パーティーブースターの効果音を変更!
  • パーティーブースターのカスタムの写真
    カスタムにすると自分好みの音に変更できる
  • 15種類の効果音から選んでいる写真
    15種類の効果音から選べる!

 専用アプリを使うとパーティーブースターの効果音の変更や、パーティーチェーンのグループ設定もできる。メイン画面一番下の設定を選んで「Party Booster」をタップすると、設定画面で「Drum kit」や「Percussion」などの効果音の選択が行え、「Custom」を選ぶと自由に効果音の設定が出来る。効果音は15種類! お好みの効果音でますますレッツ・パーティー!

  • パーティーチェーンの設定画面
    グループ作成でパーティーチェーンを設定
  • XB31とXB21にチェックをいれている写真
    つなぐスピーカーをチェックして…
  • XB31とXB21の準備ができましたと表示されている写真
    スピーカーに近づくと準備が可能に
  • パーティーチェーンのメイン画面
    パーティーチェーンを設定できた!

 メイン画面の「他の機器とグループ作成」を押すと「Wireless Party Chain」でグループ作成ができる。グループに追加するオーディオ機器を選択し、それぞれの機器に近づくと「準備が出来ました」とスマホに表示がされ、カンタンにパーティーチェーンが使えるようになった。スピーカー裏のボタンを押さなくてもスマホのほうがサクサク操作ができて快適だった。

レッツ・パーティータイム!

  • XB41の正面の写真
    XB41はやはり重低音はフロアに鳴り響く
  • XB31の側面の写真
    しっかり横からも聴こえてくるXB31
  • XB21を掴んでいる写真
    XB21は手軽さがよい

 レッツ・パーティーの前にそれぞれを聴き比べると、スピーカーユニットの大きさの違いもあり、XB41は重低音が際立って鳴り響いた。かといって小さいから重低音が聴きにくいわけではなく、XB31や一番小さなXB21も充分に重低音が鳴り出し、持ちながら踊りだしてしまいそうだ。スピーカーユニットが大きくなるにつれ重低音がより鮮明に聴こえるんだなぁ。

 横方向にも穴が追加されているため音がよく広がり、広い空間でもしっかり音が届いている。ここでXB41だけの機能「ライブサウンドモード」を押してみると、横だけでなく縦の方向に音を拡散してライブ会場の音の広がりと臨場感が生まれた!ドンドンと低音が引き立っている通常の音から、一気に拡散したような音になり、空間が広がったようだ。アウトドアで使うのはもちろん、部屋の中でもライブサウンドモードに切り替えて、家の中でフェス感を味わうのも楽しそうだ。

  • 3機種を並べて踊っている写真
    音楽に合わせてノリノリだ!
  • XB41を持って踊りながら叩いている写真
    タンバリンでもっとノリノリ!フゥ〜!

 EXTRA BASSの重低音が響き、音がクリアなので広い空間にもしっかり低音が広がっていく。単体でもよく低音が響いていたが、パーティーチェーンで3つのスピーカーから音を鳴らすと、更に迫力感が増し気分上々!身体が勝手に踊りだした。パーティーブースターでリズムを取りながらタンバリンのように鳴らして、そこはもうパーティー会場だ。髪も乱れまくってノリにのりまくる。夜はまだまだ終わらない!フゥ〜!

音質にトコトンこだわるならh.ear go 2

  • ソニー h.ear go 2
    安定した再生が可能なWi-Fi接続に対応
  • h.ear go 2のハイレゾマークの拡大画像
    ハイレゾにも対応
  • h.ear go 2の操作部の拡大
    低域を強化する『EXTRA BASS』も搭載

 同じポータブルコンパクトスピーカーで同日発売の『h.ear go 2』は、ハイレゾ音源も再生できる高音質なスピーカー。こちらのタイプは防水機能は備わっていないが、音にこだわり音だけを楽しむのなら、こちらのモデルがオススメだ。
 前モデルでは周りのコーン紙に着けていた振動板センターキャップを、ダイレクトにボイスコイルボビンに接着し、ボーカルなどの中高域がよりクリアになり、ボイスコイルの直径も拡大する事で低域のボリュームも向上。Google Play Music やAWAなどの各種音楽配信サービスを高音質で再生できるChromecast built-inに対応し、さらには楽曲数4,000万曲というデジタル音源を配信している『Spotify』を高音質で再生できる『Spotify Connect』にも新たに対応した。

 Google Homeなどの音声指示が出来るGoogleアシスタント搭載のスマートスピーカーとも連携が行え、スマートスピーカーから指示すれば、スピーカーの操作も出来る。Wi-Fiで安定した音楽再生が行え、データ量の多いハイレゾ音源(DSD音源や最高192kHz/24ビットのハイレゾ音源)も、ワイヤレスで再生が可能だ。サイズはSRS-XB21と比べてもさほど変わらないコンパクトさながらに、手軽に高音質なハイレゾ音源までもをワイヤレスで楽しめ、Chromecast built-inに対応し、スマートスピーカーで音声操作が出来るという利便性の高さ。

 ラインネオンがついておらず、カッチリとした四角い筐体から、まさに『音のためのスピーカーだよ』という雰囲気をかもし出しているh.ear go 2は、みんなで音楽を楽しむというよりは、しっかりと音を楽しみ音楽をたしなみたい人が選ぶべきスピーカーと言えそうだ。

  • HG10の底面
    ビスとゴム足の中心をずらしてノイズを低減
  • XB21とHG10を並べた写真
    XB21ほどの大きさでコンパクト

 前モデルではボディに接着させていたが、今モデルでは底面の樹脂版をビスでダイレクトに結合。さらにビスの中心をゴム足の中心とずらすことによりノイズを低減してくれる。音がより鮮明に聴こえ、まるで目の前にいるかのような立体感がアップした。

 XB21もXBシリーズの中で一番小さかったが、並べてみるとXB21よりも高さは低く、幅は少し長い程度で非常にコンパクト。XBシリーズよりも落ち着いた印象で「いい音だしますよ」とスピーカーらしいスピーカーで高級感がでている。お部屋に置いてインテリアとしてもなじみそうだ。

 音楽を聴いてみると、パワフルなXBシリーズにくらべて鮮明でクリアな印象が強い。なめらかで聞きやすく、リラックスできる心地の良い音だ。EXTRA BASSモードにしてみると、重低音が際立って音が響き渡っている。鮮明さは変わらずに、パワーと音の厚みが増して、より音が広がった。

まとめ

 バーベキューやキャンプなどのアウトドアにはもちろん、今シリーズから海でも使えるようになったXBシリーズ。今までだったら海水についてしまうとさびてしまったが、その心配も無くどこにでも連れて行ける存在になった。いつでもクリアで低音な音楽を楽しめ、スピーカーと一緒に旅行している感覚になるだろう。

 一番表情を見せて面白いのはやはりXB41だ。ライトが他の機種よりもたくさん光り、大きくて存在感がある。おうち用にも最適だ。パーティーブースターをたくさん使うならば、XB31がオススメ。一番叩きやすく、手にしっくりくる大きさなのだ。ライトもストロボフラッシュがピカッと光って盛り上げてくれるだろう。小さめで持ち運びやすさで選ぶならばXB21がオススメだ。

 HG10は音を深く味わっていただけるだろう。部屋での音楽鑑賞をたしなみ、なめらかでクリアな音でよりリラックスできそうだ。どこでも美しい音を楽しみたい人はHG10をお選び頂ければと思う。

 音楽に合わせてライトが光って場を盛り上げてくれるだけでなく、パーティーブースターで音を奏でてもっと盛り上がる。みんなでワイワイもっと楽しいものになりそうだ。パーティーチェーンで他のスピーカーと繋いで、大迫力の音を出しながらもっと楽しい宴に。是非XBシリーズを連れて、みんなとレッツ・パーティーしてみませんか。

2018.5.2 (あんまん)


スタッフが使ってみました
Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ…
ソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ブラック)|SRS-XB41 Bソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ホワイト)|SRS-XB41 W
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ブラック)
EXTRA BASS SRS-XB41 B
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ホワイト)
EXTRA BASS SRS-XB41 W
会員様web価格 25,250 円 (税込)
 2,525 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 25,250 円 (税込)
 2,525 (10%) ポイント進呈
お取り寄せ お取り寄せ 
レビュー 4.0
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売


Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ…
ソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ブラック)|SRS-XB31 Bソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ホワイト)|SRS-XB31 Wソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ツートーンブルー)|SRS-XB31 Lソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ツートーンレッド)|SRS-XB31 R
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ブラック)
EXTRA BASS SRS-XB31 B
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ホワイト)
EXTRA BASS SRS-XB31 W
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ツートーンブルー)
EXTRA BASS SRS-XB31 L
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ツートーンレッド)
EXTRA BASS SRS-XB31 R
会員様web価格 19,850 円 (税込)
 1,985 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 19,850 円 (税込)
 1,985 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 19,850 円 (税込)
 1,985 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 19,850 円 (税込)
 1,985 (10%) ポイント進呈
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売




Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ…
ソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ブラック)|SRS-XB21 Bソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ホワイト)|SRS-XB21 Wソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(ブルー)|SRS-XB21 Lソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(レッド)|SRS-XB21 Rソニー|ワイヤレスポータブルスピーカー(イエロー)|SRS-XB21 Y
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ブラック)
EXTRA BASS SRS-XB21 B
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ホワイト)
EXTRA BASS SRS-XB21 W
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(ブルー)
EXTRA BASS SRS-XB21 L
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(レッド)
EXTRA BASS SRS-XB21 R
ソニー
ワイヤレスポータブルスピーカー(イエロー)
EXTRA BASS SRS-XB21 Y
会員様web価格 13,910 円 (税込)
 1,391 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 13,910 円 (税込)
 1,391 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 13,910 円 (税込)
 1,391 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 13,910 円 (税込)
 1,391 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 13,910 円 (税込)
 1,391 (10%) ポイント進呈
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売





Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ… Bluetoothスピーカ…
ソニー|ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(グレイッシュブラック)|SRS-HG10 BMソニー|ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(ペールゴールド)|SRS-HG10 NMソニー|ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(ムーンリットブルー)|SRS-HG10 LMソニー|ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(トワイライトレッド)|SRS-HG10 RMソニー|ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(ホライズングリーン)|SRS-HG10 GM
ソニー
ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(グレイッシュブラック)
h.ear go 2 SRS-HG10 BM
ソニー
ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(ペールゴールド)
h.ear go 2 SRS-HG10 NM
ソニー
ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(ムーンリットブルー)
h.ear go 2 SRS-HG10 LM
ソニー
ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(トワイライトレッド)
h.ear go 2 SRS-HG10 RM
ソニー
ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー(ホライズングリーン)
h.ear go 2 SRS-HG10 GM
会員様web価格 26,870 円 (税込)
 2,687 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 26,870 円 (税込)
 2,687 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 26,870 円 (税込)
 2,687 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 26,870 円 (税込)
 2,687 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 26,870 円 (税込)
 2,687 (10%) ポイント進呈
24時間以内出荷
2018年05月 発売
お取り寄せ お取り寄せ 
2018年05月 発売
お取り寄せ お取り寄せ 
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売
24時間以内出荷
2018年05月 発売







最近の試用レポート もっと見る

商品はこちら

▲このページのTOPへ

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記