ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

オーディオ・電子ピアノ・楽器|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

完全ワイヤレスで防水・ノイキャン。ソニーのWF-SP700Nを含めた新登場のイヤホンをまとめてチェック!

Joshin 試用レポート
SONY
完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン WF-SP700N
Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン WI-SP600N
Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン WI-SP500

オーディオプレイヤーと切り離された環境で使用できる、ストレスフリーなワイヤレスイヤホン。
スポーツタイプでノイズキャンセリング機能が搭載された完全ワイヤレスイヤホンが、ソニーから登場したのですが普段使いとしてもナイスなデザイン。3つのラインナップから、スポーツ環境に合った選び方が出来ますよ。

ころっとかわいい、スポーツタイプの完全ワイヤレス「WF-SP700N」

  • WF-SP700Nのセット内容
    充実したセット内容です!
  • イエロー、シルバー、ピンク、ブラックの4種類の写真
    4色ともファッションに溶け込みそうだ

 ノイズキャンセリング機能が搭載されたスポーツタイプの「WF-SP700N」。コロッとしていてソラマメのような可愛い見た目で、普段使いとしてもアクセサリーのように装着できるデザインです。カラーは4色展開で、元気なカラーのイエロー、ピンクは落ち着いた色で大人の女性にピッタリ。シルバーとブラックはどんな方でも似合いそうです。
 耳のくぼみにフィットする、ソニーのスポーツタイプのイヤホンでは定番のアークサポーターも新たに開発し、イヤーチップと併用する事により高い装着感で、完全ワイヤレスでも外れにくく、安定した装着感を生み出したとの事。

  • ソラマメのような形をしたイヤホンに湾曲しているシリコンのようなアークサポーターが付いている写真
    ソラマメのような、可愛いイヤホン!
  • SONYというロゴの下に小さくて細いボタンが付いている写真
    小さくさりげないボタン
  • イヤホンを手に乗せている写真
    手に乗せてもコロッとしてかわいいぞ!

 筆者の耳はカナル型ではなぜかフィットしない特殊な耳なのですが、アークサポーターが付いていることにより、ブンブン頭を振っても外れませんでしたので、激しい運動時や、通勤中にバタバタ走っても大丈夫そうです。防滴対応(IPX4)ですので汗や水しぶき、突然の雨でも大丈夫。幅広いワークアウトにお使いいただけます。

 そしてそしてノイズキャンセリング機能が搭載! 周囲の雑音や騒音を気にせず、より音楽に集中しながらアクティビティーを楽しめます。ただ、外で使用する場合に、ある程度音が取り込めた方がいい場合もありますね。そんな時には、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードに切り替えて、外音も取り込みながら、周囲に気を配りつつ、スポーツを楽しむ事が出来ます。

 ボタンはロゴの下にさりげなく付いています。L側に電源ボタン、R側のボタンでは曲送りなどの操作や、ノイズキャンセリング機能、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードの切り替えも行えます。着信時もボタンひとつでハンズフリー通話が可能です。ただ、ボタンはとても小さいので装着したままの操作は少し面倒ですので、スマホで操作を行う方が簡単ですし、視覚的に分かりやすいです。

セット内容:充電ケース、ハイブリットイヤーピースロング(SS・S・M・L 各2個)、アークサポーター(M・L 各2個)、マイクロUSBケーブル

  • ケースのふたをくるくる回している写真
    クルッとスムーズにまわる!
  • ケースからイヤホンをR側だけ取り出して青くランプが光っていてる写真
    イヤホンを取り出すと電源ONになる
  • ケースの後方からmicroUSB端子を挿して、充電している写真
    充電はおしりから

 丸みを帯びたころっと小さい充電ケース。軽いタッチでスライドし、フタは360°回転します。とっても小さくて軽いケースですが、ケースのおしり部分にMicroUSB端子があってバッテリー内蔵型だと分かります。イヤホンをセットすると充電が行え、ケースを約3時間充電(フル充電)を行った状態なら、イヤホンのバッテリーのフル充電(3時間分)を、2回出来ます。イヤホンはケースから取り出すと自動でONになります。

やっぱり安心、ケーブルタイプのワイヤレス「WI-SP600N」

  • WI-SP600Nのセット内容の写真
    WI-SP600Nのセット内容
  • 黒いイヤホンで、カナル型。湾曲したアークサポーターが付いている
    ボディがWF-SP700Nとよく似ている。すこし小ぶり。
  • リモコン部分の写真
    リモコン部分。メニューが独立していて分かりやすい
  • 電源ボタンの横のmicroUSB端子で充電している
    バッテリーはフル充電で約6時間。

 700Nとほぼ同様の機能が付いたWI-SP600N。ちょっとイヤホンを外したい時でも、首にケーブルをひっかけておけるので、イヤホンをケースに直すのが面倒だったり、物をよく失くしてしまう方や、完全なるケーブルレスが不安な方には安心のモデルです。
 700Nと同じくアークサポーターとイヤーチップによる高い装着性で、防水でノイキャン機能、外部音の取り込みを行えるアンビエントサウンド機能も搭載。
 バッテリーは約6時間。カラーバリエーションも700Nと同じ4色展開。ワークアウト時も日常でもアクセサリー感覚で装着できます。ボディの見た目はWF-SP700Nとよく似ていますが、やや小ぶりで軽いので、よりファッションに馴染みそう。
 ケーブル部分にそれぞれのメニューが独立したボタン式のリモコンが搭載されているので、 オーディオプレイヤーが取り出しにくい時にでも、本体側の操作を手元で分かりやすく行えます。

セット内容:ハイブリッドイヤーピースロング(SS、S、M、L 各2個)、アークサポーター(M、L 各2個)、マイクロUSBケーブル

 「WF-SP700N」と「WI-SP600N」はアプリを使えば、スマホでイヤホンの操作が行えます。スマホに『Headphones Connect』をインストールして試してみましょう。

Headphones Connectを使って快適な操作を

  • アプリ画面。上にWF-SP700N。下はノイズキャンセリング機能の設定
    ペアリングが完了しているとすぐ使える!
  • ノイズキャンセリング機能、外音取り込み-ボイスモード、外音取り込み-ノーマルモードの設定写真
    ノイキャン機能の切り替えができる
  • イコライザーをTreble Boostに設定している写真
    イコライザーも選べますよ
  • 再生中の曲が表示されている写真
    曲送りもこの画面でOK!

 「Headphones Connect」を端末にインストールすると、ノイキャン切り替えやイコライザーをアプリ内で設定できます。既にペアリングが完了していると、アプリを開けばすぐに使えるようになりました。この画面だけでノイキャンやイコライザー、曲送りなどを1枚の画面だけでサクサク操作できて簡単です。ボタンが小さめな「WF-SP700N」はアプリでの操作が活躍しそうですね。イコライザーは8種類あるので、好みの音質に設定したり、気分によって変えてみたりとアレンジが楽しくなりそうです。

周囲の音も聴きやすい、インイヤー開放型の「WI-SP500」

  • WI-SP500のセット内容
    シンプルなセット内容です
  • インイヤー型のイヤホンにつぶつぶが付いている写真
    すべりにくいシリコンで覆われている
  • イヤホンに+と-のボタン、底面に電源ボタンが付いている写真
    ボタンが大きいから押しやすそうだ!
  • イヤホンをホルダーにまとめてケーブルはグルグル巻いている写真
    キャリングホルダーを使ってまとめた姿
  • イヤホンの先端からMicroUSBを挿して、充電している写真
    バッテリーは最大約8時間

 「WI-SP500」は「WF-SP700N」や「WI-SP600N」のようにノイキャンや、アプリでの操作はできませんが、シンプルに使いたい、周囲の音に気を配りたい方にオススメです。付属のキャリングホルダーで小さくまとめられて、ケーブルがくちゃくちゃにならずコンパクトに持ち運べます。R側の先端からMicroUSBのケーブルを挿して充電でき、約2時間のフル充電で最大8時間使用できますよ。装着面には、つぶつぶとした突起のあるシリコンカバーで覆われており、そのカバーの耳穴部分だけは少し耳奥に入るように尖ったインイヤータイプです。

 前述と重なりますが、筆者の耳の形状上、カナル型は入りにくく、昔からずっとインイヤー型を愛用しています。筆者と同じ様な耳の持ち主や『カナル型の閉鎖感が苦手』という方にもオススメ。
 そしてなんといっても、インイヤー型は周囲の音が聴こえるからいい。私がインイヤーを選ぶ理由は、耳の形状の他に周囲の音を聴けて気を配れるから。周囲の人の声も聴こえて通行人とぶつかることも防げるし、電車のアナウンスも聴いておかないと降りる駅なのに気づかないじゃないですか。そんな時でもインイヤーにいつも助けられてます。スポーツ時も外音はやっぱり気にしておきたいのです。

セット内容:イヤーチップ(S・M 各2個)、マイクロUSBケーブル、キャリングホルダー

実際に聴いてみよう

  • WF-SP700Nとスマホをペアリングした写真
    かんたんにスマホとペアリングできた!
  • ペアリングしよう!

     イヤホンと端末をペアリングしましょう。操作方法はSPシリーズ共通で、電源ボタンを約7秒間長押しすると、ランプが赤と青に点滅します。その間にスマートフォン等のBluetooth機能をONにして、イヤホンの型番を探して設定!あっという間にペアリングできました。8台までの機器とペアリングができるのでよく使う機器が複数ある場合など、2回目からのBluetoothの接続が簡単にできますよ。

    ペアリングできたところで早速聴いてみよう!

実際に聴いてみた

  • WF-SP700Nを耳に付けて音楽を聴いている写真
    低音がしっかり聴こえる
  • WI-SP600Nを耳に付けて音楽を聴いている写真
    思わずリズムに乗ってしまいそうだ
  • WI-SP500を耳に付けて音楽を聴いている写真
    700Nと600Nより軽い音

 まずは「WF-SP700N」を聴いてみる。音楽を再生するとはじめからノイキャンなので、周囲の音を掻き消して音楽の世界に飲み込まれました。EXTRABASSサウンドによる低音が際立ち、思わずどっどっどっどっ!とリズムを刻んでしまいそうになるほど低音が伝わってきました。
 「WI-SP600N」もEXTRABASSサウンドで、低音が際立って聴こえてきますが、よりハッキリと音が分離されているように感じたのはWF-SP700N。どちらも良い音だけども、没入感はWF-SP700Nが高い印象です。
 「WI-SP500」は2つと比べると軽い音で、しっかり装着しても外音が聴こえますので、集中して自分の世界に入るというよりは、音楽をBGMのようにして楽しみながら使う、といった環境を好まれる方向けです。

  • WF-SP700Nを耳に付けてボタンを押している写真
    ボタンが小さくて少し押しにくいか
  • WI-SP600Nのリモコンのボタンを押している写真
    やっぱりこのボタンのタイプは使いやすい!
  • WI-SP500を耳に付けてボタンを押している写真
    位置に慣れたら使いやすい

 「WF-SP700N」のボタンは左右に一つずつとシンプルな設計で、R側のボタンで操作します。少し押し応えのあるボタンなので、本体を持ちながら親指で押すと押しやすい印象。音量調節は端末で調節しないといけないので、アプリと併用して使うとよさそうです。

 「WI-SP600N」はL側にリモコンがついており、左手でポチポチと操作。ノイズキャンセリングは電源ボタンの横にあるNC/AMBボタンで簡単に切り替えられ、ボリューム調節や曲送りもかんたんです。普段の慣れた動作で操作できて、リモコンが肩にあるだけで安心します。

 「WI-SP500」はボタンが大きめで本体を掴みながら押しやすく、機能もシンプル。+側と-側の凹凸でどちらを押しているかが分かりやすいのはもちろん、押した感触もそれぞれ違うのにびっくり。+側では少し力を入れて押す感触に対し、-側は軽くてカチカチと高く鳴るようなボタンでした。

まとめ

 完全ワイヤレスは落ちそうという恐怖がありましたが「WF-SP700N」は落ちなかった!カナル型がフィットしない私が、走ったり頭を振り回してもちゃんとフィットしたままで感激しました。さすがスポーツタイプ、激しい運動をしても大丈夫なようです。600Nも同様にフィットしました。こちらはケーブルがあることで、少し外すのに肩に掛けたままでもOKなので、急に話しかけられてもとっさに外せるのが良いですね。
 3つとも防滴仕様で、突然の雨や汗だくになっても大丈夫。これからの汗をかく季節も気兼ねなく使えるので、スポーツをしない方でも普段使いできますよ。700Nと600NはEXTRABASSサウンド対応で、ドッドッと低音がダイレクトに伝わり、リズムに乗りながら運動したくなります。アプリでイコライザーの設定や、ノイキャン機能で音楽に集中できて、より音楽の臨場感を味わえました。音のクオリティ、音楽に集中できるイヤホンをお考えの方は、700Nか600Nがオススメです。カナル型が苦手、周囲の音も聴きたい!という方はインイヤー型の500をお選びいただければと思います。

2018.04.13 (あんまん)

お客様のレビューのご紹介
【WI-SP600N】
満足しています
これまで携帯を操作したり、ポケットから出し入れするときにコードが邪魔になっていましたが、これは首にかかるコードだけなのでほぼストレスフリーです。アークサポーターにより耳にフィットして負担になりません。ノイズキャンセリング機能で外音が気にならず集中できます。値段は高いですがいい商品です。
eit 様

【WI-SP500】
外で使うのにいい感じ
予想以上に音漏れはなく、周囲の音も聞こえ、その点では期待以上。静かなところで使うと、サーというヒスノイズが聞こえます。音質を追及する方には不向きかと思います。
まゆっきぃ 様


スタッフが使ってみました
イエロー/オレンジレッド/ピンクブラック/チャコールホワイト/アイボリー
ソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(イエロー)|WF-SP700N Yソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ピンク)|WF-SP700N Pソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)|WF-SP700N Bソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ホワイト)|WF-SP700N W
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(イエロー)
SONY SPシリーズ WF-SP700N Y
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ピンク)
SONY SPシリーズ WF-SP700N P
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)
SONY SPシリーズ WF-SP700N B
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ホワイト)
SONY SPシリーズ WF-SP700N W
会員様web価格 24,710 円 (税込)
 2,471 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 24,710 円 (税込)
 2,471 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 24,710 円 (税込)
 2,471 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 24,710 円 (税込)
 2,471 (10%) ポイント進呈
24時間以内出荷
2018年04月 発売
24時間以内出荷
レビュー 5.0
2018年04月 発売
在庫あり 在庫あり 
最短 7月22日(日) に出荷します
レビュー 3.7
2018年04月 発売
在庫あり 在庫あり 
最短 7月22日(日) に出荷します
レビュー 4.0
2018年04月 発売




イエロー/オレンジレッド/ピンクブラック/チャコールホワイト/アイボリー
ソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(イエロー)|WI-SP600N Yソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ピンク)|WI-SP600N Pソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)|WI-SP600N Bソニー|ノイズキャンセリング機能搭載<br>Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ホワイト)|WI-SP600N W
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(イエロー)
SONY SPシリーズ WI-SP600N Y
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ピンク)
SONY SPシリーズ WI-SP600N P
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)
SONY SPシリーズ WI-SP600N B
ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ホワイト)
SONY SPシリーズ WI-SP600N W
会員様web価格 12,720 円 (税込)
 128 ポイント進呈
会員様web価格 12,720 円 (税込)
 128 ポイント進呈
会員様web価格 12,720 円 (税込)
 128 ポイント進呈
会員様web価格 12,720 円 (税込)
 128 ポイント進呈
24時間以内出荷
2018年04月 発売
24時間以内出荷
2018年04月 発売
24時間以内出荷
レビュー 5.0
2018年04月 発売
24時間以内出荷
レビュー 5.0
2018年04月 発売




開放型(インイヤー型)開放型(インイヤー型)開放型(インイヤー型)開放型(インイヤー型)
ソニー|Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(イエロー)|WI-SP500 Yソニー|Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(ピンク)|WI-SP500 Pソニー|Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(ブラック)|WI-SP500 Bソニー|Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(ホワイト)|WI-SP500 W
ソニー
Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(イエロー)
SONY SPシリーズ WI-SP500 Y
ソニー
Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(ピンク)
SONY SPシリーズ WI-SP500 P
ソニー
Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(ブラック)
SONY SPシリーズ WI-SP500 B
ソニー
Bluetooth対応ダイナミックオープン型カナルイヤホン(ホワイト)
SONY SPシリーズ WI-SP500 W
会員様web価格 5,570 円 (税込)
 557 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 5,570 円 (税込)
 557 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 5,570 円 (税込)
 557 (10%) ポイント進呈
会員様web価格 5,570 円 (税込)
 557 (10%) ポイント進呈
24時間以内出荷
2018年04月 発売
24時間以内出荷
2018年04月 発売
お取り寄せ お取り寄せ 
レビュー 4.0
2018年04月 発売
24時間以内出荷
2018年04月 発売






最近の試用レポート もっと見る

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記