ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

おもちゃ|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索



試用レポート

バンダイ クッキンぷっちん ハンバーガーショップ

ねんどに魔法のような粉を練り合わて、油であげちゃう!?
巷で噂の(?)「クッキンぷっちん」で遊んでみました!
 はじめて見たとき、小さなフライヤーの中に粘土を入れて、油で揚げる様子に興味がわいて、ぜひ体験してみたい!と思っていた「クッキンぷっちん」。

 箱を開けてみると細かいパーツがギッシリ! 不器用な筆者でも出来るのか!?とおののきつつ、ハンバーガーを作って、ポテトやナゲットを揚げていきたいと思います!

セット内容
 箱から中身を取り出して机に広げてみると、かなり細かい! カラーねんどやオーブン、フライヤーなど、リアルに近づけるため、セット内容も本格的になってきています。

 
調理台やトレイ、油であげる!?
 最近のおもちゃは細部にこだわってるなぁといつも関心します。揚げ物の油きりなんて本当に下に油が(ここでは水ですが)切れるようになっていますし、トングもかわいい。
※トングはオーブンの壁中央にかかっています。

 
4色のねんど。余ったら専用クリップで保管
 魚肉ソーセージのようなねんど・・・。余った場合はねんどが乾燥しないよう、専用クリップで封を閉じ、付属のジッパー付きビニール袋に入れて保管しましょう。

 
ねんどをこねて作っていきましょう
 ねんどをこねるなんて何年ぶりなんだ! 最初は要領を得なくて大変でしたが、慣れればカンタン! まずはバンズを作ろう。手の中でグルグルとこねまわして丸くして、と・・・

 
小さな伸ばし棒でのばす
 粘土の使用量などのガイド線が書かれたプレイシートの上で、粘土を伸ばします。

 固くてなかなか上手く伸びない上に、何気に伸ばし棒が大人の手には小さくて苦戦しております。薄くなりすぎないように・・。

 
『ふっくらのこな』をのせます
 のばしたねんどの上に『ふっくらのこな』を、付属の計量スプーン大にすりきり1杯分を乗せます。

 
つつんで、のばして、よく混ぜます
 案の定、粉をうまく混ぜることができず・・・悪戦苦闘しております。

 説明書の回数よりかなり多めに折りたたんでは伸ばしを繰り返し、粉がちゃんと混ざったと納得するまでこねました。

 
シリコン製の型にねんどを入れる
 くまさんの型は2種類あり、最初にねんどを2つに分けておかないともう1つの型に入れるねんどが足りなくなりますから気をつけてください!

 ・・・はい、1回目に足りなくなったのは、私です。

 
20分ほど乾かすと、少しふっくらとしていました
 型に入れて20分。ほんの少しですが、外側部分がちょっとムックリしていました。

 最初に説明書を熟読しておらず、20分かかると発覚した時、ちょっと悲しかったです。

 
型から外すと、くまさんのバンズ!
 筆者の不器用さが随所に出ています。写真では凹凸がわかりづらい・・・? とりあえず、くまさんではあります!

 
同じ要領でナゲットを作りました
 ナゲットやポテトも粘土をこねて『あげもののこな』を練りこませ、具材型で型抜きします。少し慣れてきたかも? たくさん作っとこ♪

 
ポテトはストッパーで同じ太さに切ります
 ポテトは、シートのガイド線を利用して切っていきます。同じ太さにすることで、フライドポテトらしくなるんですね。

 
フライヤーに水と、あぶらの粉を投入
 さて、気になっていた『揚げる』工程へとやってきました! フライヤーに水と『あぶらのこな』を入れたら、のばし棒を使ってくるくるかき混ぜます。

 
切ったポテトを入れてみると・・・
 黄色い液体がまさしく油。どうなるんでしょうか。ドキドキ・・

 
シュワシュワシュワ!
 これ、見えますか? わかります? 私が見たかった「シュワシュワ」の泡です!!

 
浮いてきたら揚がったサインです
 本当の揚げ物と同じで、出来上がったら浮かんできます。ちなみに「シュワシュワ!」と音はしません。静かですよ。

 
トングを使って水切りします
 かわいいトングで、本物さながらの「油きり網」にのせておきます。やわらかいのでトングで潰さないように慎重に。

 
レタスやハンバーグは型どるだけ
 ここまでくると慣れたもんで、カンタン♪ ねんどが余れば、これもたくさん作っとく?

 
2〜3日乾かしましょう
 付属の『作品を乾かすシート』の上に、作品を乗せて乾燥させます。これも乾かすのに2〜3日かかるとは。なかなか時間がかかるおもちゃです。やはり説明書をよく読むべきだった・・今日は終了でーす。

 
乾燥したポテト。本物みたい!
 数日後、乾いた粘土の確認です。写真からポテトらしさがわかるでしょうか。大きさ的にスナック菓子のような気も・・

 
ポテトケースを組み立てて詰めていく
 ケースが小さいため、接続部分がうまく挟まってくれない・・あぁ! 小さくてかわいいこちらのポテトケースに出来上がったポテトを入れれば完成です。

 
本物みたい
 ナゲットケースも同じように組み立てて、詰めてみました。美味しそう! ポテトよりなんだかリアルかも? 小さいのに良くできています。

 
バンズにはポンポンと焼き色をつける
 乾いたバンズにはすこしお化粧を。茶色い絵の具のような『焼き色の元』と専用スポンジを使ってバンズに色つけ。ポンポンポンとすると、とっても美味しそうな見た目に変化していきます! たのしー♪

 
右が焼き色をつけたバンズ。美味しそう
 ほら美味しそう! グッと本物みたいになったかな?

 
パーツを重ねて・・・
 レタスにパテ、チーズの上には小さなピクルス! さりげないピクルスにも注目して下さーい。作業が細かいでしょ?

 
バーガーセットの完成です!
 付属の包み紙でハンバーガーを包んで、コーラも用意し、トレイの上にセット! 本物さながらのバーガーセットの出来上がり♪

 
色んなハンバーガーが作れます
 包み紙でハンバーガーが見えなくなって悲しかったので、ダブルチーズバーガーも作ってみました。タワーのような、贅沢バーガーです。パテに黄色の粘土を使えばフィッシュバーガーが出来たりと、色んなアレンジバーガーも作れますのでぜひチャレンジしてください。

 
いっぱい作ってあそんでください!
 ねんどのあたたかみなのか、かなり本格的な仕上がりとなりました。揚げたり、色付けしたりと、とっても楽しいクッキンぷっちんで、いろいろ作って楽しんでください!

 

 久しぶりのねんど遊びでしたが、粉を包んだり、水に入れてあげたりと、粘土もこんなに進化したのかと驚きました。ねんどの色がきれいなので、作ったハンバーガーやポテト、ナゲットなど、どれもリアルで見ているだけでトキめく仕上がりです。女性スタッフも見るやいなや「わぁ!かわい〜!」と声を上げていました。

 ふっくらの粉を使って膨らませる時間や、粘土の乾燥に結構な時間がかかりますので『一気に遊びたい』という気持ちで作っていると、その待ち時間がヤキモキしそう。じっくり時間をかけて遊ぶ事を心がけて取り掛かってください。

2017. 8.23.公開(ikuchan

お客様のレビューのご紹介
子供用の模型
作り方によっては思ったよりリアルに作れます。材料がすぐに無くなりそうです
ミンミン夏 様

スタッフが使ってみました


  • このページは参考になりましたか?



商品はこちら

▲このページのTOPへ

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記