Joshin webショップ

音楽・映像ソフト|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
Joshin webショップはココが違う!
お店とポイントが共通
(手続き不要)
音楽/映像ソフト/書籍
2,500円以上ご購入で
送料無料!
Joshin webショップは
オリコン協力店です
Joshin webショップはココが違う!

CD/DVD新作予約案内サービス


アナと雪の女王2 MovieNEX が登場!
「INABA/SALAS」
阪神タイガース THE MOVIE〜猛虎神話集〜
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け MovieNEX
三代目 J SOUL BROTHERS【RAISE THE FLAG】
back number「NO MAGIC TOUR/」
ターミネーター:ニュー・フェイト
AAA 15th Anniversary
天気の子 Blu-ray&DVD
この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説
メルマガ登録はこちら
Joshin web スマホ版
レビューでポン
スタッフブログ
ザ・ウィークエンドの新作『アフター・アワーズ』、まもなくリリース...
GANG PARADEが2つに分裂。新ユニットのスプリットアルバ...
『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』〜1991年に放送された勇気と...
浮遊感漂うシンガー、レノン・ステラ、待望のデビュー・アルバムがリ...
オリコンランキング協力店

▲このページのTOPへ


追加10%point
ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション(77枚組)【輸入盤】▼|ブルーノ・ワルター|1907592324-2
CDその他(クラシック)
2019年11月22日発売

ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション(77枚組)【輸入盤】▼

ブルーノ・ワルター
1907592324-2
輸入盤
会員様web価格 26,695 円  (税込)
さらに 2670円分 (10%) ポイント進呈
カートに入れる
 お気に入りに登録
 ブルーノ・ワルターを新作予約案内リストに登録
出荷目安:1週間(品切時2〜3週間)(詳細はこちら)
返品種別A  (詳しくはこちら
送料無料
※数量限定につき、お一人様1枚(組)限り

※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。
音楽に愛を吹き込んだ音楽家〜20世紀最大の指揮者、ブルーノ・ワルターのコロンビア全録音を77枚のCDに集大成。

フルトヴェングラー、トスカニーニと並び、20世紀最大の指揮者と賞されるブルーノ・ワルター。
ナチズムの蔓延するヨーロッパを離れ、アメリカに亡命したワルターが、1941年から亡くなる前年の1961年まで
アメリカのコロンビア・レコード(現ソニー・クラシカル)に残したすべての録音をCD77枚にまとめたボックスセットです。
これはまた、現社長ボグダン・ロスチッチのもとでソニー・クラシカルが
新たな組織として出発してから10年という節目となる今年、「ソニー・クラシカル再生10周年」を記念してのリリースでもあります。
ワルターはその長い音楽活動の中で、レコード録音を特に重要視したパイオニア的演奏家の一人でした。
また、カラヤンと同様に、録音技術の進歩に応じて、同じ曲を繰り返し録音し、それが音楽家としての成長・円熟をも記録することになった演奏家でした。
このボックスセットには、そうしたワルターのアメリカ・コロンビアへの録音がほぼ発売年代順に収録されています。
ワルターが録音の経歴をスタートさせたのはアコースティック録音の時代(本人の証言では1900年とされていますが、
現在残されている最古の録音は1923年のベルリン・フィルとの独ポリドール録音)で、生涯にわたって約150もの作品を録音(その多くは複数回)していますが、
彼が集中したのはモーツァルトからマーラーにいたるドイツ・オーストリアの作曲家でした。
電気録音が開始されるとワルターの録音量は飛躍的に増え、特に1934年からのウィーン・フィルとのSP録音は、当時世界的にもっとも高く評価された名演ぞろいでした。
オールカラー203ページのハードカバー別冊解説書にはエリック・ライディングの新規エッセイ「Bruno Walter: New World Symphonies」のほか、
各ディスクの詳細な録音データとトラックリスト、作品別のインデックスも掲載されています。
未発表のものも含むワルターの貴重な写真が多数掲載されています(1958年2月のカーネギー・ホールでのマーラーの交響曲第2番の録音風景を収めたカラー写真など)。
すべてのディスクは初出時のLP(もしくはSPアルバム)のジャケット・デザインを使用した紙ジャケットに封入され、レーベルも発売当時のデザインを踏襲しています。
ディスクは別冊解説書とともにクラムシェルボックスに収容されており、永久保存版に相応しい体裁となっています。

【DISC1〜36】 ニューヨーク・フィルとのSP〜モノラル録音
ナチズムの蔓延するヨーロッパを離れて1939年にアメリカに亡命したワルターは、その2年後の1941年から米コロンビアに録音を開始し、
1940年代から50年代半ばにかけて、つまりワルターが心技体ともに最も充実していた時期に、
アメリカ時代に最も関係の深かったニューヨーク・フィルハーモニックと自らの主要レパートリーをほぼ録音しています。
この多くは正規原盤からワールドワイドでCD化されるのは初めてとなります。
DISC1〜14は、SP録音(いわゆるディスクによる録音)で、ワルターお得意のスタンダード・レパートリーのほかに、
シューマン「ライン」(DISC8)、マーラーの交響曲第4番(DISC5)、世界初録音となった同第5番(DISC11)、
バーバーの交響曲第1番(DISC10)など、再録音を残さなかった貴重なレパートリーが含まれています。
オペラ指揮者としても声望の高かったワルターの手腕が刻まれた、エツィオ・ピンツァおよびリリー・ポンスという
メトの2大スターとのモーツァルトのオペラ・アリア集(DISC7)も聴きものです。
DISC14のベートーヴェン「第9」は、第4楽章の出来が気に入らず、1953年に改めて録音しており(DISC19)、
その両方が収められています(特に1949年の第4楽章は、原盤保有会社からの初復刻となります)。
ベートーヴェンの「田園」とシューベルト「未完成」という、ワルターお得意の2曲(ワルターにとってはSP時代のウィーン・フィルとの録音以来度目の録音)は、
珍しくニューヨーク・フィルではなくフィラデルフィア管弦楽団と録音しています(DISC3)。
DISC15〜36はテープ収録によるモノラル録音で、モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、ブラームス、
マーラーなどのメイン・レパートリーのドラマティックな解釈が収められています。
モーツァルトでは、ステレオで再録音を残さなかった交響曲第25・28・29番、作曲者生誕200年記念で演奏された「レクイエム」や、
エレノア・スティーバー、ジョージ・ロンドンとのアリア集(DISC18・20)が貴重な録音。
ウィーン風の粋がたっぷり詰め込まれたJ.シュトラウスのワルツ集(DISC34)、
R.シュトラウス「死と変容」「ドン・ファン」(DISC16)、ブルックナー「テ・デウム」(DISC26)も再録音がないものです。

【DISC37〜67】 コロンビア交響楽団とのステレオ録音
1957年、ワルターの最初のステレオ録音であるマーラーの交響曲第2番の最初のセッションの直後、
心臓発作で倒れ、彼は演奏活動を制限することを余儀なくさせられます。
しかしほどなくして健康は回復し、1958年2月にマーラーの録音を完成させた1か月前には、ハリウッドの自宅近くのアメリカン・リージョン・ホールで、
ロス・フィルやハリウッド・スタジオのメンバーからから編成されたオーケストラとともにベートーヴェンの交響曲全集のステレオ録音を開始していたのです。
1958年1月8日、ベートーヴェンの交響曲第8番(初日は第2楽章を録音)に始まり、1961年3月31日のモーツァルトの序曲4曲に至るまで、
約4年間でワルターの根幹のレパートリーであったドイツ・オーストリア系の交響曲・管弦楽曲が網羅的に録音されました。
その全貌はDISC37〜67に収められていますが、ベートーヴェンとブラームスの交響曲全曲、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ブルックナー、ドヴォルザークの主要交響曲、
ワルターが最晩年まで演奏レパートリーに持っていた師マーラーの交響曲、ワーグナーの管弦楽曲集などが、鮮度の高いステレオ・サウンドで残されたのです。
またシューベルト「未完成」とマーラー「大地の歌」についてはニューヨーク・フィルと、ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章の一部は、
ハリウッドではなく、ニューヨークで(つまりハリウッドで組織されたコロンビア交響楽団とは異なるメンバーによるオーケストラで)収録されています。
今回のボックスでは、日本のソニー・ミュージックとの共同プロジェクトとして、
このステレオ録音すべてをオリジナル・アナログ・マスターから新しくリミックスおよびリマスターし、これまでのLPやCDで親しんでいた腰高の響きではなく、
ワルターが志向したヨーロッパ風の重心の低い、落ち着いた格調高いサウンドをおそらく初めてお聴きいただくことができるようになりました。
DISC68のブラームス「ドイツ・レクイエム」はワルターの愛奏曲の一つですが、
この1954年のセッション録音は、ワルターが部分的な再録音を希望していたため、没後1971年になって発売されました。
DISIC69もワルターの生前には未発売だった、1954年12月23日のカーネギー・ホールにおける演奏会をコロンビア・レコードが収録した音源(放送録音ではなくコロンビアによる正規のライヴ録音)です。2008年に英TESTAMENTから初めて発売されました。
DISC70-77は、ワルターのリハーサルや語りが収められた貴重な音源です。
リハーサル風景はもともと特典盤として添付されていたものですが、そのすべてが今回のボックスに収録され、
さらにワルターが様々な機会に発表してきたインタビュー、語りやコメントも網羅しています。
珍しいのは、ドイツ語の語り(CD72)、日本の音楽ファンに向けたメッセージ、ワルターを知るアーティストによるトリビュート・コメント(CD77)などでしょう。
収録情報
※商品内容、特典、仕様などは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承願います。
※ご注意:商品に同梱されていない特典品(ポスター等)は、お付けすることはできません。
※初回出荷分限定の仕様や封入特典のある商品に関して
 ・発売日以降にご注文の場合、初回出荷分手配の確約はできません
 ・発売日前にご注文いただいた場合でも、当社確保数量を超えるご注文があった場合、初回出荷分の手配ができない場合があります。
※書籍をご購入のお客様へ
 ・発売前の書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
  詳しくは、各商品の出荷目安をご確認下さい。
このページのトップへ
この商品のレビューを全部見る または 書き込みたい方は こちら
この商品の最初のレビューを書いてみませんか?
このページのトップへ

この商品を見た方は、他にもこんな商品を見ています

このページのトップへ

最近見た商品

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
会員ページメルマガ購読    会員登録サイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記