Joshin ネットショッピング

医薬品|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索

ビタミン剤 おすすめ&選び方

ビタミン剤(医薬品)おすすめ&選び方

最近なんだか疲れが取れない・・・とお悩みではありませんか?もしかしたら、ビタミン不足かもしれませんよ。
そんな方には手軽にビタミンが摂取できるビタミン剤がおすすめ! このページでは症状別におすすめのビタミン剤をご紹介、さらに、それぞれのビタミンについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

肉体疲労

テレビCMなどでもよく見かけるおなじみのビタミン剤です。 主なビタミンはB群。ビタミンB1、B2、B6はタンパク質、糖質、脂質をエネルギーに変換するのに役立つので、新陳代謝を活性化、疲労回復を助けます。 また、皮膚や粘膜の維持を助ける働きがあるので、お肌のハリや筋肉痛に効果が得られる場合も。 多くが、ビタミンと一緒にビタミンの吸収を助ける成分が配合されているので、効率よくビタミン類が摂取できます。

目の疲れ・肩こり・腰痛

神経や筋肉の機能維持に役立つビタミンB群に、血流を改善するビタミンEが配合されているのが特徴です。血流が滞りがちなコリ部分の老廃物を取り除くことで、筋肉をほぐし疲れや痛みを和らげます。

肌あれ・にきび・口内炎

肌や粘膜の健康維持にビタミンB群、さらにコラーゲンの産生を助けるビタミンCが配合されているのが特徴です。 商品によっては、シミに効果があるL-システインや肌荒れに効果がある生薬のヨクイニン配合のものもあります。 肌のターンオーバーを助けるのでニキビにも効果的ですが、15才以下の服用を禁止しているものもありますので、必ずご確認ください。また、服用が可能な商品でも、服用の用量・回数が成人とは異なる場合がほとんどですので、ご注意ください。

女性のお悩みに

更年期における手足の冷えやのぼせや、生理不順の改善にオススメなのが、ビタミンEとγ(ガンマ)-オリザノールの組み合わせのビタミン剤。γ(ガンマ)-オリザノールは、更年期障害のほか、コレステロール値の改善に期待があります。

野菜不足が気になる方に

ビタミンCは熱に弱いビタミンのため、新鮮な野菜や果物から摂取するのが理想です。 けれど、小さなお子様をはじめ、野菜が苦手な方も多いのではないでしょうか。 そんな方には、ビタミンCを多く含んだ「ビタミンC主薬製剤」がおすすめです。 お子様用に飲みやすいよう工夫されたビタミン剤も。 こちらも商品によって服用できない年齢がありますので、よくお確かめの上、お買い求めください。

ビタミン剤について

ビタミン剤とサプリメントの違い

ビタミン剤は「医薬品」、サプリメントは「健康食品」に分類されます。 医薬品なので、ビタミン剤は効能・効果が謳え、用法・用量も決まっています。 安全に効能を得るには、用法・用量を守って服用することが大切です。

ビタミンの種類

ビタミンは全部で13種類。バランスよく摂取するのが健康に欠かせないとされています。 大きく分けて水に溶ける「水溶性」と油に溶ける「脂溶性」に分類できます。 食事から摂取する場合は、水溶性はスープや汁物など水分まで食べる料理で、脂溶性は油と一緒に調理する料理で効率よく摂取できます。 簡単に主要なビタミンの役割をご紹介します。

ビタミンB1

水溶性のビタミンです。 豚肉や魚卵、米ぬかなどに多く含まれています。糖質からエネルギーを作り出し、肌のハリを保ち、自律神経を整えます。 不足するとイライラしたり、肌のターンオーバーがうまくいかなかったり、内臓機能が低下する恐れがあります。 また、江戸時代や大正時代に流行した「脚気」とよばれる病気は、ビタミンB1不足から起こる病気です。

ビタミンB2

水溶性のビタミンです。 レバーや牛乳、うなぎに多く含まれます。 糖質・脂質・たんぱく質の代謝に使われる栄養素です。油っぽいものが好きな方はビタミンB2が不足しやすいといわれています。 他にも、赤血球や抗体を生み出すのに大きく関わっており、体全体の健康維持に必要不可欠なビタミンです。 そのため、不足すると肌荒れや口内炎、目の充血、髪の毛の悩みなど様々な症状が現れます。 余ったビタミンB2が尿に排出されると鮮やかな黄色になることから、別名「黄色いビタミン」とよばれています。

ビタミンB6

水溶性のビタミンです。 かつおやマグロ、バナナなどに多く含まれます。 アミノ酸や脂質をはじめ、多くの体内代謝に関かかわりがあり、筋肉や血液の生産にも役立っています。 ビタミン群では珍しく、腸内細菌でも生産されるため、日常生活で不足することは稀ですが 不足するとイライラしたり、内臓機能が低下する場合があります。

ビタミンB12

水溶性のビタミンです。 海苔や貝、レバーなどに多く含まれます。 野菜にはあまり含まれていないので、菜食主義の方は不足しがちな栄養素です。 悪性貧血に有効な栄養素として有名です。 不足すると前述の悪性貧血をおこしたり、精神的影響があるとされています。

ビタミンC

水溶性のビタミンです。 ご存知のとおり、レモンなどの柑橘類をはじめ、果物や野菜に多く含まれます。熱に弱いので、生で食べるといいとされています。 コラーゲンの合成と結びつきが強く、美容のサプリメントなどに多く用いられ、また、喫煙者やストレスの多い方は摂取量を増やすといいとされています。 不足すると、抵抗力の低下や壊血病などの症状を引き起こします。 過剰摂取しても、尿と一緒に排出されるのでほとんど問題ありません。

ビタミンE

脂溶性のビタミンです。 アーモンドなどのナッツ類や植物油、魚卵、かぼちゃなどに多く含まれています。 抗酸化作用があり、動脈硬化・生活習慣病の予防や血流改善が期待できます。 不足すると感覚障害や神経症状が起こることがあるとされていますが、植物油に多く含まれているので不足することは稀です。 逆に体内に蓄積されやすいので、過剰摂取に気をつける必要があります。


ビタミン剤をうまく活用しましょう!

健康にはバランスのよい食事がいいとは分かっているものの、忙しい毎日、毎食バランスを考えて食事をとるのは、なかなか難しいですよね。 そんなときは、ビタミン剤やサプリメントを上手に使ってバランスを整えましょう! 今日は野菜が少なかったな、いつもよりがんばって疲れたから、肌荒れが出てきた・・・など、毎日のちょっとした不調にぜひ、ビタミン剤を取り入れてみてください! ただし、主役はあくまでも日々の食事。くれぐれも、ビタミン剤が主食とならないよう気をつけましょう。

最近の特集 バックナンバー

父の日おすすめギフト・プレゼント

お父さんが嬉しくなる贈り物をご提案!

おすすめ扇風機の選び方

節電にも♪暑い季節を乗り切る必需品!

おすすめの除湿機・衣類乾燥除湿機

部屋干しに便利な除湿機をご紹介!

スティッククリーナー比較特集

吸引力やお手入れを体感してみました!

▲このページのTOPへ

  • このページは参考になりましたか?

Joshin ネットショッピング
会員ページメルマガ購読    会員登録サイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記