Joshin ネットショッピング

TVゲーム|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

Joshin 試用レポート

ソニックの新しいレーシングゲーム
チーム戦で勝利をつかめ!

【PS4】【Nintendo Switch】セガゲームス チームソニックレーシング

ソニックシリーズのレースゲーム最新作は、疾走感と爽快感はそのままに、今までのシリーズとは一線を画する新しい試み『チームレース』が楽しめる。 まるで自転車のロードレースのように、お互い助け合いながら戦う。チームメイトへの愛こそが、勝利への鍵といっても良いだろう。

ロトメンはレースゲームを愛している。ラブだ。だが全く勝てない。そんなロトメンでも、チームソニックレーシングならチーム愛があれば勝てるはず。 勝利という名の『レースゲームの女神』はロトメンに微笑むのか。誰にも負けないチームへの愛で、見事勝利をもぎ取れ!ライター:ロトメン

まずはシングルレースをプレイ!

  • メニュー画面
    メニュー画面
  • まずはシングルレースから
    まずはシングルレースから!
  • コースはどれにしようかな〜
    コースはどれにしようかな〜
  • む、難しそうだけどこれで…
    む、難しそうだけどこれで…

まずは自分のレースゲームの腕前を思い出す為にも一人でプレイしてみることに。見守るスタッフに下手なプレイを見せることになるのでは、というプレッシャーがロトメンの両肩に覆いかぶさります。

「まぁ、最初のプレイなんでね。一番オーソドックスなコースとかええんちゃうかな」
後ろからそんな声をかけられますが、その瞬間ロトメンの脳内コンピューターが働きました。
『簡単なコースで下手なプレイを見せるより、難しそうなコースで失敗した方がダメージが少ない』
その計算をするのに1秒もかかりません。

磨り減って磨耗しつくしたプライドですが、ロトメンの中にはまだ残っていたのですね。
すかさず、「あ、このコース難しそうですね。こっちのコースをやってみます」
と見るからに『火山』なコースを選択しました。

  • やっぱり最初はソニックかな〜
    やっぱり最初はソニックかな〜
  • カスタマイズでパラメータ調整だ
    カスタマイズでパラメータ調整だ!

ソニックシリーズから全15キャラクターが参戦とのことで、まさにオールスター!
キャラクターごとに特色のある車に乗っているので選択にも悩みますね。
また、今回は事前にご用意していただいたカスタムパーツで少しカスタマイズをして自分好みにしてみました。
できる限り、能力が平均になるように・・・。

  • レーススタート!
    レーススタート!
  • アイテム取りーの
    アイテム取りーの
  • アイテムを使ってライバルに攻撃
    アイテムを使ってライバルに攻撃!
  • うああああああああ落ちるううううう

レースをスタートして最初に気が付いたのは、始まって1秒で順位が12位だという事。つまり最下位です。
まあ、3周あります。3周あればロトメンの愛を持ってトップに返り咲くことも可能なのですよ。

そんな風に考えていた時代もありました・・・。
アイテムボックスを通過すると、シリーズお馴染み「ウィスプ」と呼ばれる、他のキャラクターを妨害するアイテムや、自分が加速したりするパワーアップアイテムがもらえます。
そして、ロトメンが手に入れたアイテムは、投げれば他のキャラクターを自動で追尾してクラッシュさせる。つまり、投げればほぼ確実に順位を上げることができるといっても過言ではない強いアイテム。
が、投げることに集中しすぎて投げた後のことを考えていなかった結果、ロトメンはコースアウトして奈落の底へ・・・。
順位を1つも上げることなく、最下位のままコースへ戻されただけとなりました。

  • ぬぬぬ、行かせるものかああああ
    ぬぬぬ、行かせるものかああああ
  • リングを取ると最高速度がアップ
    リングを取ると最高速度がアップ
  • 障害物を避けながら
    障害物を避けながら
  • フィニッシュ!
    フィニッシュ!

2周目からはちょっと真剣にプレイ!
レースゲームの醍醐味であるコースの読み合いと激しい接触もあり、レースゲームらしくなっていきます。
ソニックシリーズではおなじみのコース中のリングを集めると、本作では最高速度が上がるという事で、覚えたばかりのドリフトでがんばって集め、コース独特の障害物をヒラヒラとかいくぐり、己の力を全て振り絞ります!その結果は・・・

  • おう…くやしい
    おう…くやしい
  • 9位。 なんとも中途半端な順位になってしまいました…。
    やはりレースゲームの女神はロトメンに微笑んでくれないのか。
    「まぁ、最初だからね」
    「コースが難しそうですね」
    その一言一言が、ロトメンの心をえぐります・・・。
    どうやらレースゲームの女神は笑顔で鞭を振ってロトメンに試練を与えたがっているようです…。

【動画】シングルレースの様子
【動画】シングルレースの様子

新しい「チームレース」を体験

  • こんどはチーム戦!2Pも参戦だ
    こんどはチーム戦!2Pも参戦だ
  • アイテムボックスをもらったり
    アイテムボックスをもらったり
  • 黄色いラインに乗ると加速します
    黄色いラインに乗ると加速します
  • ブーストで1位をいただくぜ
    ブーストで1位をいただくぜ!

ならば、このゲーム最大の売りである「チームレース」をやってリベンジしましょう。
チームレースは、キャラクター3名で1チームを組み、その個別順位ごとに割り振られるポイントの総合点によって勝敗を決めるレースです。
オフラインでは最大4人まで同時プレイが可能で、同じチームになるも敵チームになるも自由となっております。
今回、私に牙を向いてきた2Pには、ロトメンがソニックシリーズで一番好きなキャラ「シャドウ」でお相手するといたしましょう。

とにかくチームメイトと一丸となって戦うレースで、シングルプレイとは別物のゲームといっても過言ではない、という感じです。
まず、順位を競っている時にアイテムを取り忘れたり、アイテムを持っていない状態のプレイヤーを、チームメイトがアイテムをプレゼントすることでフォローできます。
また、3人チームの先頭を走行するチームメイトが走ったラインが黄色で表示され、そのラインに乗って走ると「ラインブースト」というブーストがかかって加速する為、先行するチームメイトに追いつくことが容易となります。
自転車のロードレースのようなイメージで、先頭車両が入れ替わりながら走り続けることができれば好成績は間違いありません。
そして、チームで共有するゲージを消費しておこなう『アルティメット・ブースト』は、一気に加速することのできる一発逆転の可能性を秘めた、まさに切り札。

  • やったー!勝利
    やったー!勝利!
  • 全員のポイント数で勝敗が決まります
    全員のポイント数で勝敗が決まります

これらを駆使すれば、ロトメンだって余裕で1位を取れるのですよ。しかも、チームメイトたちも好成績で総合一位まで獲得しました。
『ライバルに勝つ!』『コテンパンに倒してやる!』という気持ちではなく『チームの為に』と戦い続けるロトメンをレースゲームの女神は見てくれていたのです。
ついに、レースゲームの女神はロトメンに微笑んだのです。

【動画】チームレースの様子
【動画】チームレースの様子

じっくり遊びながらテクニックも磨けるストーリーモードを体験

  • ソニックと仲間達が繰り広げるストーリー
    ソニックと仲間達が繰り広げるストーリー
  • チームレースからですね
    チームレースからですね
  • みんなで力を合わせながら爆走
    みんなで力を合わせながら爆走!

もう一つ、通常のレースゲームにはあまり実装されているのを見たことがない『ストーリーモード』もゲームの特色のひとつと言えますのでプレイしてみました。
各ステージにチャレンジのお題があり、それをクリアすることでルートや様々な特典が開放されるようです。
各ステージごとに難易度も設定できるので、自分の腕に応じた難易度でプレイすればクリアもそう難しくないかと思います。

  • リングチャレンジとな
    リングチャレンジとな
  • ドリフトでリングを獲得するのか
    ドリフトでリングを獲得するのか…
  • な、なかなか取れない…
    な、なかなか取れない…
  • Oh…
    Oh…

が、そうは問屋がおろさない。
今回、我々は試遊機ということでステージが開放されておりましたのでチャプター1の最後のステージにチャレンジしてみましたところ、全く歯が立ちませんでした。
しかし、プレイするごとに自分の腕が少しずつ上がっていくのが分かります。最初が下手すぎたとは、あえて言いませんよ、あえてね。

  • 
こ、こっちのルーレットロードなら…!
    こ、こっちのルーレットロードなら…!
  • 赤を通りたいいいいい
    赤を通りたいいいいい
  • またまた赤を通りたいいいいい
    またまた赤を通りたいいいいい
  • 必死に挑むもブロンズでした
    必死に挑むもブロンズでした

チャプター1の「1-5」ステージにもロトメンとあんまんが挑みましたが、スキーのアルペン競技のようにゲートを通っていくだけなのに、これがまた難しく、プレイを重ねるたびに好成績になっていくものの5回目のプレイでようやくブロンズメダル、という体たらくでした・・・。
やはり、チームの助けがないロトメンなどこの程度です・・・

各レーシングカーはカスタマイズ可能!必要なパーツはガチャで

  • コインを集めるとガチャを回せます!
    コインを集めるとガチャを回せます!
  • ベクターのパーツをいただき
    ベクターのパーツをいただき!
  • ソニックのもかっこいいですね
    ソニックのもかっこいいですね
  • 自慢の機体に仕上げよう
    自慢の機体に仕上げよう!
  • 金ピカ!超かっこよくなーい?
    金ピカ!超かっこよくなーい?
  • 赤もイカしてるぜ
    赤もイカしてるぜ

レースをすることでコインがもらえるのですが、そのコインを集めるとガチャが回せます。
ガチャから出てくるのは各キャラクター用のパーツやボーナスアイテム。狙ったキャラクターのものが出るとは限らないのですが、コイン自体はレースをプレイすれば自然と集まりますので、コンプリートするのは難しくないようにも感じました。
その証拠にロトメンたちが軽くプレイしただけでも500枚以上のコインを集めることができました。
どんなに結果が芳しくなくてもコインがもらえるシステムですから、ロトメンのような愛はあるけど結果が出ないプレイヤーにとっては親切なシステムですね。
まあ、上手かったらもっと効率よくコインを集められるんでしょうけど・・・
そのアイテムを使って車をチューニングするのですが、青いトゲトゲがトレードマークのソニックの車を金ピカにすることもできます。
まさに、ゴージャス!この金ピカ具合に心が慢心しそうです。
ちなみに、パーツを付け替えるだけではなくカラーリングだけを変更することも可能なので『シャドウが白い車に乗っている!』なんていう事も可能となります。

まとめ

  • 大人たちは盛大に燃え上がりました
    大人たちは盛大に燃え上がりました
  • 『レースゲーム』という女神に一時は見放されたロトメンであったが、勇敢なる仲間の助けもあり、無事に女神に微笑ませることができた。
    そのことはロトメンにレースゲームへの更なる愛を与え、心強い仲間の存在への感謝と愛を再認識させた。
    そう、ロトメンは気がついたのだ。
    『ゲームは一人でプレイしても、みんなでプレイしても素晴らしいものなんだ』
    という当たり前の事実に。
    確かに、愛だけではプレイは上手くならないかもしれない。
    しかし、愛があれば仲間達は集い、仲間達と共に勝利をつかむことができるのだ。
    そして、その愛は場の雰囲気を和やかにして、集った友人達と一緒にプレイしてわいわい盛り上がれる『チームソニックレーシング』。それは、今までのレースゲームとは一線を隔するとロトメンに確信させてくれました。
    なぜなら、ブース内のプレイヤーやプレイを見守る者達から笑顔と笑いが絶えなかったからです。
    友人と、もしくは家族で一緒にわいわい楽しめる『チームソニックレーシング』は、ロトメンのようにレースゲームが得意ではないと思っている方だけではなく、レースゲームを知り尽くした方にも新しい発見をもたらしてくれるでしょう。2019.04.26 (ロトメン)

スタッフがプレイしました!

  • このページは参考になりましたか?

商品はこちら

▲このページのTOPへ

Joshin ネットショッピング
会員ページメルマガ購読    会員登録サイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記