ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

生活家電|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索

Joshin webショップ
おすすめ冷蔵庫の比較&選び方!【2018年最新版】

  • バックナンバー

おすすめ冷蔵庫の比較&選び方!【2018年最新版】

[2018. 6.11]

新規購入や買い替えなど、長く利用するものなので、どのような冷蔵庫にすれば良いのか迷ってしまいますよね。 この特集では、選ぶときのポイントや、おすすめの冷蔵庫をご紹介いたします。冷蔵庫選びの際に、是非ご活用ください!

冷蔵庫選びのおすすめポイント

容量(使用人数)

容量

冷蔵庫を購入する際、まず最初に悩む問題として冷蔵庫の容量を決めかねる点が挙げられます。一般的には「70L(一人分) × 使用人数 + 170L」程度が最適だと言われたりしています。突然の計算式でとまどってしまいますが、つまりは「普段どの程度の食材をストックしているか」で選ぶと失敗していまう可能性があります。と、いうのも、冷蔵庫の冷蔵効率を考えると、普段から余裕のあるスペースを確保しているほうがエネルギー効率がよく、消費電力量(電気代)も節約できるのです。また、お正月やお祝いごとなど、冷蔵庫の中がパンパンになってしまった経験はありませんか?そういったイレギュラーなケースにも対応できる点でも、一回り大きな容量のものを選んだ方が失敗しません。家電の中でも高額で、頻繁な買い替えをしないものですので、できるだけ大きな冷蔵庫を選ぶことをオススメします。

とはいえ…設置できるスペースにも限界があります。右ドア開き、左ドア開きなど設置場所に応じて適切なタイプを選ぶ必要があります。また、真ん中から左右に開くタイプのフレンチドア(観音開き)はスペースの有効活用ができます。 物理的な寸法の他にもチェックしておくポイントとして、メーカーによっては、様々な収納スペースの効率化がすすんでおり、チルドや野菜室はもちろん、ドアポケットにもたくさんの工夫が施されていますので、あわせてチェックしてみてください。 また、容量や設置場所については< 冷蔵庫ご購入前のチェックポイント >をご参照ください。

容量から冷蔵庫を選ぶ

省エネ性

省エネ性

1日中活動をしている冷蔵庫、やっぱり気になる電気代!前述でもふれましたが、大きめの冷蔵庫を使用して、冷蔵効率をあげることも省エネの1つです。また、年々冷蔵庫の省エネ性は高まっており、古いタイプのものと比べると格段に消費電力量を抑えることができます。単純な冷却の点でも、内容量を把握するセンサーや、エコナビといった人工知能が採用されていて、効率よく冷却できるようになっています。照明の面でもLEDが主流となっていたり、断熱精度が高くなっているため、古いタイプのものとは比較にならないほどエネルギー効率が違っています。具体的には下記の表リストから、2007年度モデルの冷蔵庫と、2018年度モデルのHITACHI【R-HW52J】を比べると、年間消費電力量に大きな差がうまれ、なんと電気代に換算すると年間10,000円以上の差に…!筆者も驚きを隠せません。

各メーカーから、多彩な省エネ技術が展開されております。Joshin webショップでは冷蔵庫を選ぶと商品ページ内に「省エネラベル」がある冷蔵庫があり、ラベルから年間の目安電気料金や省エネ基準達成率など判断でき、省エネ基準を5つ星から1つ星の5段階評価をご確認いただけます。

  • ※年間消費電力量×27円(新電力料金目安単価) ※しんきゅうさん(環境省)調べ

  • ※商品詳細には省エネラベルのある商品がございます。こちらのラベルから年間の目安電気料や省エネ基準達成率など判断できます。詳しくは< 省エネラベルの見方 >をご参照ください。

省エネ性能から冷蔵庫を選ぶ

野菜室

野菜室

新鮮な野菜で調理をするため、毎日お買いものをされる方もいらっしゃるでしょうが、最新の冷蔵庫は鮮度をなが〜く保てる、かしこい機能を搭載しています。様々な機能を備えたモデルが各メーカーから登場していて、冷蔵庫選びもどれがいいのか悩ましい…。多くの野菜は日の当たらない低音での保存が適しています。「野菜室」とは野菜を最適な状態で保存できるようになっているため、冷蔵庫の中でも少し高めの温度設定になっています。しかしながら「最適な状態」とはどのような状態なのでしょう…。例えば、筆者が使用しているシャープの「雪下シャキット野菜室」は、雪の下で保存された野菜は、寒さから身を守ろうとでんぷんを糖に変えるので甘みが増し、雪の中は風もなく適度な水分もあるので、長期間保存してもみずみずしいまま。という性質をモチーフにした機能があり、ラップなしでの保存でもシャキッとした野菜の鮮度を保ってくれます。また、野菜は比較的大きな食材になるため、収納スペースも取り出しやすく多段構造に設計されており、ドアを開閉しやすくなっています。

お客様の献立事情にあった機能を搭載した冷蔵庫を見つけるために、是非こちらの< メーカー・シリーズで選ぶ冷蔵庫のページ >もチェックしてみてください。

その他(保冷技術、使い勝手、お手入れ)

保冷技術

お肉やお魚をまとめ買い後、食材を小分けして冷凍保存したり、たくさん料理をつくり置きして冷凍保存したりしますよね。解凍時のドリップもれから、食材や料理の旨味が落ちてしまった経験はどなたでもあるかと思います。最近の冷蔵庫では保冷機能も向上しており、例えばパナソニックからは、凍らせずに約−3℃で保冷する「微凍結パーシャル」という機能があります。長期間の保存ではやむなく冷凍になりますが、1週間程度の保存ですとこの機能がおすすめです。食材の細胞のまわりにある外液が少し凍る程度で留まるため、細胞は傷つかずおいしさも維持できるというもの。すごい…!

そのほか、頻繁にお買いものにいけない高齢の方や、日々仕事で多忙な方、共働きされているご夫婦などにフォーカスを当てた冷蔵庫もたくさん登場しています。冷蔵庫内のボックスを丸外しできお手入れ楽々だったり、ボックス内が多段構造になっていて無駄のない収納ができたり、食材をシェアしないような場面にも役立ちそうな構造です。 是非これからの生活環境にあわせた冷蔵庫を選んでくださいね。

メーカーごとの冷蔵庫おすすめ機能

パナソニック

約1週間分、食品をまとめ買いして、おいしく保存するのにおすすめの「ラグジュアリーモデル」や「プレミアムモデル」。洗練されたデザインは、インテリアにこだわりたい方や大家族のご家庭にぴったり。 3〜4人くらいのご家族で、基本機能にもこだわりたい方には「Vタイプ」、スペースが限られているマンションのキッチンには「FMタイプ」がおすすめ。

日立

鮮度と栄養素を守っておいしい「真空チルド」や、みずみずしさと栄養素が長持ち「新鮮スリープ野菜室」、旨みや栄養素の減少を抑えておいしい「デリシャス冷凍」など、食材の鮮度を守る技術に定評のある日立の冷蔵庫。 デザイン性の高さと機能充実のラグジュアリー・プレミアムモデルはもちろん、まんなか野菜室タイプのSシリーズなど、多くのモデルで高い省エネ性能を実現しています。

三菱

三菱の「置けるスマート大容量」シリーズでは、「薄型断熱構造SMART CUBE」の採用により、大容量なのにスリムな幅を実現。諦めていた大容量が置きやすく、限られたキッチンスペースが有効活用できます。 「氷点下ストッカーD」「切れちゃう瞬冷凍」「朝どれ野菜室」など、食品をおいしく保存すること、便利で使いやすいことはもちろん、家事をラクに楽しくするこだわり機能が満載です。

東芝

東芝のべジータ(FWX・FWシリーズ)は、今収穫したような、みずみずしさが長持ちする「新鮮摘みたて野菜室」を搭載。いつでも、ご家庭で、栄養がたっぷり詰まった新鮮な野菜が楽しめます。 その他、肉・魚を凍らせず、生のままおいしく長持ち保存する「速鮮チルド」や、触れるだけで、ドアが自動でオープンする「タッチオープン」など、便利に活用できる機能が満載です。

シャープ

たっぷり入って、サッと取り出せる「メガフリーザー」や、みずみずしさをしっかり保って、野菜のおいしさを守る「雪下シャキット野菜室」、浮遊菌、付着菌を除去し、清潔保存する「プラズマクラスター」など、家族のことを第一に考えた基本機能が充実。マンションなどで、セッティング(設置)スペースが限定される場合は、どっちもドア採用の「GW・PWシリーズ」がおすすめ。省スペースモデルながら、プラズマクラスターや、暮らしに合わせてかしこく節電する「節電25モード」も搭載しています。

メーカー・シリーズで選ぶ冷蔵庫特集へ

冷蔵庫おすすめランキング

 一人暮らし・二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめランキングをJoshin webショップからご紹介します。ぜひご購入の際は、各種ランキングを参考にしてくださいませ。

一人暮らし向け冷蔵庫 おすすめランキング

二人暮らし向け冷蔵庫 おすすめランキング

最近の特集 バックナンバー

テレビアンテナ・ケーブルの選び方&設置【2018年版】

テレビアンテナ・ケーブルの選び方&設置まで解説!

おすすめパソコンの比較&選び方【2018年版】

おすすめパソコンの比較&選び方のポイントをご紹介!

おすすめテレビの比較・選び方【2018年版】

おすすめテレビの比較&選び方のポイントをご紹介!

おすすめ洗濯機の比較&選び方【2018年版】

おすすめ洗濯機の比較&選び方のポイントをご紹介!

▲このページのTOPへ

  • このページは参考になりましたか?

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記