ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

調理・キッチン|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

Joshin 試用レポート
職人さんが手作りする伊賀焼き土鍋で
こだわりのご飯を炊き上げる

シロカ 全自動電気炊飯土鍋 長谷園×siroca共同開発 かまどさん電気 SR-E111(K)

むかしながらの「かまどさん」でおいしいご飯が食べたい!

伊賀焼きの重厚な土鍋で大切に炊いたお米は、きっと特別な味がするに違いない。
白いお米を一粒一粒大切に、ゆっくりと味わいたいからこんな形になったのかな。
早速、届いたばかりの箱を開けてみましょう。

(ライター:kei)
  • かまどさんの化粧箱
    大きな箱!
  • かまどさんの化粧箱の中からさらに箱
    お重のようになっていました
  • かまどさんの刻印
    箱の刻印も渋い
  • 箱を開けた状態の梱包
    梱包もしっかり
  • 取説類
    取説類が貴重な書類に見えます

外箱は高さ約55cm奥行き約38cmと予想していたよりもはるかに大きな箱・・・。そして箱の中には、もう一つの黒い箱・・・。その中に大切に納められていたのが、お重のような、2つの箱でした。
きれいな箱や袋を捨てることが出来ない筆者は、この箱をどうしよう〜という、どうでもいいような悩み事が頭をかすめました。

ゆっくりと本体や土鍋を取り出していきます。他の付属品もほとんどが黒で統一され、重厚感がありますよ。

  • セット内容
    全部取り出しました
  • [セット内容]
    本体、土鍋(上ふた、中ふた、土鍋)、電源コード、米カップ、水カップ、しゃもじ、しゃもじ置き、鍋敷き、手ぬぐい、取扱説明書(保証書つき)、レシピブック、ブランドブック。

    本体の重さは4.1kg、土鍋は3.5kg
    本体サイズ(約):幅30.0×奥行30.0×高さ26.1cm(土鍋含む)
    土鍋サイズ :幅26.0×奥行26.0×高さ16.7cm

    土鍋に上ふたと中ふたがあったのには、ちょっとびっくり。考えてみると通常の炊飯器にも中ふたがあるので、納得ですね。その他、商品開発への思いやプロセスを綴った冊子なども入っていて、ますます味が気になります。

  • かまどさんの土鍋
    重量3.5kgの伊賀土鍋
    • 内側
      内側
    • 内ふた
      内ふた
    • 上ふた
      上ふた
    • 底面
      底面

土鍋は直径約30cm。土鍋の縁がしっかりと出ているので両手で持ちやすいのですが、お米を入れなくても重さ3.5Kgと、その重みをずっしりと感じます。底面の丸い部分が温度センサーです。
鍋ものをするときの鍋にもいろいろ種類があるけれど、この伊賀焼き土鍋は土のもろさを感じない肉厚で、重みがあります。 内ふたは平らで、その上からさらに上ふたをすると、お米の旨みを逃がさないような、しっかり守られた感じが伝わってきます。

  • 本体
    こちらが本体。上に土鍋を乗せて炊きます
    • 本体背面
      本体背面
    • 本体の脚部分
      本体の脚部分
    • 着脱式コード
      コードは着脱式
    • 本体のくぼみ
      土鍋を取り出せるようくぼんでいます
  • 本体に土鍋をセットした状態
    なかなかの大きさです
  • 本体の内側
    本体の内側

土鍋を乗せる炊飯器本体も黒いです。かまどに土鍋を置く仕様で、本体にふたはなく、土鍋をすっぽりと包みこむように炊飯を行います。本体の内側中央に温度センサーがあり、底面がヒータープレートになっています。

鍋に厚みがあり、それをさらに包む本体。一般的な3合の炊飯器よりも大きめで、5合炊きに近いので、3合炊きの炊飯器を想像すると、届いた時に大きい!と感じるかと思います。

  • 液晶画面
    時計の下をタッチすると
  • 炊飯メニュー
    メニューが表示されました

電源コードをセットし、電源を入れると時計が表示されました。時計の下の操作部をタッチすれば、炊飯メニューが表示される、おしゃれなパネルです。土鍋を素早く乾燥させるために搭載された、乾燥ボタンが特徴的。
「保温」機能はなく、土鍋がもつ蓄熱機能と自然な呼吸でご飯のおいしさを保ちます。

  • ごあいさつの用紙
    ごあいさつ
  • 三十日の献立集
    とってもおいしそうなレシピブック
  • かまどさん電気のはなし
    作りたくなるブランドブック

付属の冊子とレシピブックを開いてみましょう。「かまどさん電気のはなし」には、この炊飯器へのこだわりと試行錯誤が綴られていて、つい本を読むかのように、読み進めてしまいます。伊賀焼窯元「長谷園」の職人さんが一つずつ丁寧に作り上げる土鍋への思いが伝わってきます。

レシピブック「三十日の献立集」には、三十日間の献立がカラー写真と共に掲載され、どれをとってもおいしそう!見てるだけでも癒される〜。

付属品を確認した所で、実際に「かまどさん」でご飯を炊いてみましょう。

炊く前の準備:目止めをする

    • 土鍋を乾燥している様子
      土鍋を裏返して乾燥中
    • おかゆを作成している様子
      8分目の水と、残りご飯1杯分
    • 土鍋にフタをセット
      内ふた、上ふたをセットして
    • おかゆコースを選択
      おかゆを炊きます
  • 完成したおかゆ
    目止め完了! おかゆは食べられます。

ご飯を炊く前に土鍋におかゆ炊きをして「目止め」を行います。

目止めとは、おかゆを炊くことで米のでんぷん質が土鍋の細かい気孔を埋めて、水漏れを防ぐ作業です。
一般的な土鍋なら、米汁で目止めを行いますが、伊賀土鍋は粗土を使っているのでおかゆで目止めをする必要があるようです。

洗った土鍋をしっかり乾燥させ、8分目ほどの水と、茶碗1杯分ほどの残りご飯を投入し、ざっくりと混ぜて、中ふた、上ふたをセットします。
操作画面から「おかゆ」「1合」を選択し、炊飯ボタンを押せば、おかゆが出来上がります。

炊飯が完了し、おかゆを入れたまま1時間ほど放置すれば目止め完了。ようやく、ご飯を炊く準備が出来ました!

 

ご飯を炊く

  • 洗米中
    レシピブックにあったご飯の洗い方をマネします
  • 土鍋にお米と水をセット
    すりきり2杯分のご飯と2合分の水を注ぐ
  • 中ふたと上ふたの穴の位置を確認している様子
    中ふたの穴と上ふたの穴の位置に注目!
  • 操作画面から炊飯コースを選択
    おこげモードにしてみよう

いよいよ炊飯! お米を洗って土鍋にセットしていきます。
付属の米カップですりきりで正確に2杯計り、お米を研ぎます。レシピブックにお米の美味しい炊き方や研ぎ方も載っていますので、この機会に熟読。フムフム・・・。

研いだお米と水を土鍋の中に投入していきましょう。この際、土鍋はまだ本体にセットしません。机の上でお米と水を入れ、中ふた、上ふたを被せます。ここで、ふたの被せ方に気をつけてください。
中ふたには2つの穴が開いており、中ふたの穴と直角になるように上ふたの穴の位置をセットします。

せっかくですので「おこげ」モードをチョイス! 2合でかたさ「ふつう」を選択し、炊飯を長押しして赤ランプが点灯すれば、炊飯が開始します。58分で炊きあがり!楽しみです。

 

約1時間後

  • 本体から土鍋を取り出した
    土鍋を取り出します
  • 上ふたを外すと蒸気が上がった
    あつい!

いい香りが漂いだして、炊飯完了!土鍋を取り出し。付属の鍋敷きの上にどっしりと置く。 ゆっくりと上ふたを開けると強い熱気で、かなり熱い。炊きたての蒸気が勢いよく外に飛び出しました。中ふたも注意して、おそるおそる開けてみると・・・。

  • 炊けたご飯
    おいしそう!
  • おねばも少ない
    ねばりの付着が少ない
  • おこげが出来ている様子
    わぁ、おこげ!
  • 甘いご飯
    甘みがあります
  • 米粒が立って、いい炊きあがり。「おいしそう!」と一斉に声が上がりました。 ご飯をほぐしていると、底におこげが出来ていました! なんだかうれしくなりますね。

    さっそく試食してみると、炊きたてアツアツの時は、少しあっさりとした味わいなのに、時間が経ち冷めてくると、甘みが広がってきました。余分な水分がなくなりもっちりしてきた感じ。おこげも香ばしくいただきました。 今回は「ふつう」で炊飯しましたが、「やわらか」「ふつう」「かため」から選べるので、好みに応じて調整も出来ます。

 

炊き込みご飯もやってみた

  • 炊き込みご飯を作っている様子
    手軽にレトルトよ
  • 炊けたご飯
    すっごく良い香りでした
  • ご飯をほぐしている様子
    へばりつきが少ない
  • 美味しい炊き込みご飯
    うん!美味しい!
  • 市販の「炊き込みご飯の素」で手軽に炊き込みご飯を炊いてみました。
    白米同様、炊飯量2合を選び、炊飯ボタンを押すだけ。約1時間で出来上がりです。

    炊飯完了。どれどれ・・・色よく炊きあがりました。香りもよく、土鍋の風合いに炊き込みご飯が良く合います。
    このまま土鍋を食卓に置いて食べたいですね。白米よりも油分があるせいか、鍋肌にご飯が付着せず、きれいによそえました。

  • かまどさんで炊いたご飯で作ったおにぎり
    個性的なおにぎりでしたが、味はどれも美味しかった
  • 目止めなど、ご飯を炊くまでの準備が大変でしたが、これは大切な土鍋のため。
    鍋物をする時、新しい土鍋を使う前に米のとぎ汁などで目止めをするのと同じ効果がありますので、必ず目止めは行ってください。一度目止めをしておけば、水もれの心配がなく使えます。

    手間をかけた分、土鍋で炊けたご飯の白さは格別。レシピ本にあるように、おにぎりにしてみました。スタッフ3名がそれぞれの気持ちを込めて作ったら・・・ こんなにバラバラな個性が出てしまいました。

    炊きたてのおいしいご飯を、皆さんのご家庭でもいかがでしょうか。

    2018.8.1 (kei)

お客様のレビューのご紹介
新しい発想の商品です。
永谷園のかまどさん愛好者にかまどさんをいいと聞いてましたが、うちはオール電化のため断念してましたがシロカさんとのコラボでそれが解消されました。やはりかまどさんで炊いたご飯は美味しいです。おかゆはお米が開いた感じでかなり美味しかったです。鉄釜を使っていましたのでかまどさの重さも問題ないでした。
ワッキーさん 様

スタッフが使ってみました

  • このページは参考になりましたか?

商品はこちら

▲このページのTOPへ

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記