Joshin ネットショッピング

スマートフォン・電子辞書|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

Joshin 電子辞書比較対決 2019 〜カシオとシャープで比べてみた〜

今年もやってきました。そう、電子辞書の季節です。 進学準備の必需品といえる電子辞書。 初めて買うし、失敗したくない!という方のために、2大メーカー「カシオ」と「シャープ」をスタッフが実際に使って、違いを確認してみました!ぜひ、電子辞書選びの参考にしてみてください。

2大メーカーの電子辞書【高校生モデル】を用意。

カシオ EX-word XD-SR4800
カシオ EX-word XD-SR4800
試用レポートを見る
SHARP Brain(ブレーン)  PW-SH6
シャープ Brain(ブレーン) PW-SH6
試用レポートを見る
収録コンテンツ 215
国語(11) 英語(11) 英会話・トラベル(64) 学習(57) 生活・実用(2) その他(3)
260
国語(56) 英語(164) 学習(27) 旅行(9) 教養(4)
本体サイズ(mm):幅×奥行×高さ(閉時)幅157.5×奥行101.0×高さ18.4mm幅152.4×奥行94.5×高さ18.4mm(突起部含む)
液晶画面5.2型カラー液晶(864×480ドット)、タッチパネル(5.7型)5.5型カラー液晶(854×480ドット)タッチパネル対応
重量(電池込み)約285g約265g(タッチペン含む)
本体メモリー容量
約200MB 約200MB
電源 単3乾電池2本(エネループ、エボルタ対応)、または、別売USB-ACアダプターからのUSB給電リチウムイオン充電池(同梱USB-ACアダプターからの充電が可能)
使用可能時間(約)130時間(単3形アルカリ乾電池LR6(AM3)の場合)130時間
付属品タッチペン1本、単3形アルカリ乾電池2本タッチペン・microUSBケーブル・ACアダプター
カラー5色(ホワイト・ブラック・ブルー・グリーン・イエロー)5色(ホワイト・ブラック・ネイビー・レッド・バイオレット)
※数値の算出方法の詳細な条件などは公式サイトをご確認ください。

スペックの違いは、ご覧の通り。 収録コンテンツはシャープのほうが多くなっています。 ただし、コンテンツは各社、考え方によって数え方が異なる場合があるため、収録内容もチェックすることをオススメします。 シャープは、今年から学校でよく使われるという「総合英語 Evergreen」「Vision Quest 総合英語 2nd Edition」を収録。 カシオは、フィリピン語やトルコ語など幅広い会話集を収録しており、グローバルな学習を手助けします。

カシオとシャープの大きな違いに、電源方式の差があります。カシオは乾電池(エネループ、エボルタ対応)とUSB給電対応、シャープは内蔵充電池とUSB給電対応です。 これだけなら、カシオが便利そう!・・・なのですが、カシオはUSB給電用のUSB-ACアダプターや充電池は別売り。シャープは付属品として付いてきます。 コレは悩ましい・・・。

両社ともカラーバリエーションのラインナップが変更になりました。カシオはイエローが、シャープはバイオレットが仲間入り。どちらも今までの電子辞書にはない色で可愛い!バイオレットはラベンダーといったほうがしっくりくる色味です。 ちなみに、カシオはタッチペンのカラーも変更。全カラー共通でピンク色になりました。カバンや机の中に落としたときに探しやすそうな色ですが、う〜ん、個人的に好みの色じゃないです・・・。

まずは、デザイン・基本性能を確認!

  • カシオ

    カシオの外観
    今年はなんだかゲーム機っぽい
  • シャープ

    シャープの外観
    安定のスマートさ。滑らか素材が気持ちい。
  • カシオ

    カシオ ホーム画面
    ホーム画面が今年も変わっている!
  • シャープ

    シャープ ホーム画面
    あいかわらず見やすくカラフルな液晶!
  • カシオ

    カシオ キーボード
    キーボードは昨年と大きな変化なし。
  • シャープ

    シャープ キーボード
    シャープは優しいタッチはそのまま、フラットに。

今年はカシオのデザインが一新!金型から変えているとのことで、見た目だけなら後継機種とは思えません。カラーも内と外のツートンカラーで選ぶのが楽しい! 昨年はホーム画面を大きく変えられていたのですが、今年も一新。 さらに、画質もぐっと向上。去年までのカクカク文字が嘘のようです。
カシオに比べるとシャープは大きな変更はありません。・・・と思いきや、キーボードの配置が変わっている!マイクとスピーカーが左手前から中央奥に移動。その分、細かいボタンの廃止や配置換えが行われています。確かに、発音練習をする際はキーボードに向かって話しませんね。 使い方を考えたら納得の変更です。

  • カシオとシャープの電子辞書を並べてみた
    カシオとシャープの電子辞書を並べてみた。
  • カシオとシャープの電子辞書を並べてみた
    カシオのほうがやや厚みがあります。

商品の仕様では、ややカシオのほうが大きく重く、シャープのほうが小さくて軽い数値になっています。 並べてみるとスペックの大きさの違いが良く分かりますね。 2つを並べるとカシオが大きく感じますが、単体で見ると大きさはそんなに気になりません。

検索機能をチェック!

  • カシオ

    カシオ フォントが変更
    フォントが変更になっています
  • シャープ

    シャープの外観
    見やすさには以前から定評がある
  • カシオ

    カシオ 気になるワードは選択でスグに表示
    気になるワードは選択でスグに表示
  • シャープ

    シャープ ホーム画面
    Sジャンプは画面分割で目的を見失わない

ここからは肝の辞書機能をチェック。 ここでもカシオの変貌っぷりが発揮されます。デフォルトのフォント(書体)が風格の明朝体から読みやすさのゴシック体へ変更され、グッと見やすくなりました。 とはいえ、シャープは以前から見やすさには定評があるため、画面のキレイさは互角な印象。 差が出たのは、検索結果で気になるワードを選択したとき。 カシオは選択するとそのワードの意味を左下に表示してくれます。わざわざボタンを押さずに済む上に表示する意味もある程度判別されているみたいです。 (見出し語ジャンプを押すと一番上は「すべらぎ」でした)

一方、シャープはSジャンプリンクをクリックすることで、画面の半分に選択ワードの検索結果を表示。 画面半分なので、本来の検索ワードを見失わずいいですね。

ちなみに、「昭和」の解説が異なるのは、カシオが広辞苑をシャープは大辞林を収録しているからです。この二つの辞書の差はこちらでご確認ください。

マーカーはカシオが3色(ピンク・ブルー・イエロー)、シャープが5色(緑・黄・ピンク・オレンジ・紫)になっています。 どちらも、マーカーをした箇所をまとめて登録できる機能があり、後から見なおすことが出来ます。 こういう機能はデジタルならではです。

「手書き文字入力」の差をみよう

  • カシオ

    カシオの手書き入力
    前モデルより滑らかな書き心地
  • シャープ

    シャープの手書き入力
    画面が大きいので書きやすい
  • カシオ 2018年モデル

    カシオ 2018年モデルの手書き入力
    次の文字を入力すると自動で読み取ってくれるスタイルはそのまま。
  • シャープ 2018年モデル

    シャープ 2018年モデルの手書き入力
    自動読み込みのゆっくりさは変わらずです。

通常のキーボード入力のほかに、両社とも「手書き入力」と「ソフトキーボード入力」があります。今回も手書き入力をピックアップ。2018年モデルと同じく、手書き入力は、カシオがマス画面で、シャープが白紙スタイル。 文字の認識タイミングは「自動」と「手動」を選べます。シャープは同一画面にあってすぐ切り替えが出来ますが、カシオはホーム画面の設定からの変更。ここの操作性はシャープが一歩先のスマートさです。

今年は性能の差を見ようと「烏(カラス)」をチョイス。鳥や島に間違われやすい漢字です。 結果ですが、書き方によって認識差がひどかったので、ドローです。 強いて言うなら、シャープのほうがやや優勢だったように思います。というのも、シャープのほうが画像が大きいので横棒の有り無しが判定しやすい大きさで書けたからです。 カシオも、横棒のない部分(3画目)を縦長に書くことで「烏(カラス)」認定いただきました。 似たような漢字を書くときは、間違いやすい部位を大きめに書くことで認識されやすいようです。

分からない漢字を調べるという使い方では、入力面積の大きいシャープのほうが検索しやすそう。 カシオは書いている途中で候補を教えてくれるので、検索が楽でした。2文字以上の単語や熟語を調べるのはカシオが便利です。 読み込み式はカシオ、入力方式はシャープが私の理想です。

スピーチをしよう

英語の原稿作成にチャレンジ

  • カシオ

    カシオ 日本語例文検索が便利
    日本語例文検索が便利
  • カシオ

    カシオ 日本語例文検索で例文を引っ張る
    文章作りの参考にも
  • シャープ

    シャープ 英作ボードは辞書と併用可能で便利
    英作ボードは辞書と併用可能で便利
  • シャープ

    シャープ 英作ボードは最小化するとバグみたい
    最小化するとバグみたい

2020年、国の教育改革が行われます。英語は、4技能(読む・聞く・話す・書く)の評価に変更。 以前の入試対策とは異なる対策が必要となります。 というわけで、今回はスピーチ原稿の作成+発表というTHE・話す&書くの勉強を想定。 英語力ほぼなしの筆者がベタ(?)なテーマ「織田信長」でチャレンジします。

まずは英語で作文をしましょう。 とはいえ、なんて入ろうかな〜織田信長・・・武将・・・ふとカシオの便利機能を思い出しました。日本語例文検索です。 武将をいれて検索すると・・・出てくる! ん〜悩んだ挙句、最初の一文は「織田信長は戦国武将です」にしました。 ベタ過ぎる出だし。
Oda Nobunaga is a warlord of the Sengoku period.

シャープには新しく英作ボード機能があるのを学んでいるので、使ってみよう思います。 「幼い頃、彼は"尾張の大うつけ"と呼ばれました。」ちょっと難しいぞ。
英作ボードは辞書と併用可能な画面分割表示がよかったです。画面を切り替えずとも検索できるので、探しているワードを見失いません。 間違って最小化を押した時はちょっとびっくりしましたが、上手に活用すればさらに画面が見やすくなりそう。
He was called "The fool in Owari", when he was young.

これ、あってるの・・・?自信はないけど、スピーチってそんなものよ、と割り切って進めます。

発音練習でスピーチの準備

  • カシオ

    カシオは1語ずつ再生ボタンで・・・
    1語ずつ再生ボタンで・・・
  • カシオ

    カシオ 発音練習
    発音練習はありますが・・・面倒!
  • シャープ

    シャープの手書き入力
    英作ボード、大活躍!!
  • シャープ

    シャープ 英作ボードは録音までしてくれる
    録音までしてくれる

引き続き、スピーチの発音練習にいってみよう。 warlord ... ウォーロード?でいいの? ピンとこない、こんな時は電子辞書の再生機能だ!っていちいち調べるのか・・・。 基本的に知っているワードで構成しているとはいえ、単語の発音に自信があるかといわれれば、そうでもありません。特に、アクセントが苦手な筆者は苦戦・・・めっ、面倒くさい!

シャープはいよいよ本領発揮。 そう、英作キーボードは文章で発音してくれるのです! 本場の方が聞けば違和感はあるとは思いますが、英語慣れしていない筆者にはスーッと耳に入ってきます。 コレはいい。 1文ごとはもちろん、慣れれば英作ボードに記載した長文をまるまる発音してくれて、聞いた後に録音も可能。こんな至れり尽くせりでいいのか!

シャープもカシオも発音練習機能が付いているので、聞いてしゃべって採点のサイクルで簡単に練習できます。 人前に出れるレベルじゃない・・・!という時も、コッソリ練習できていいですね。

  • 今年もブロッコリースプラウトはカシオだけ
    恒例の検索「ブロッコリースプラウト」
  • 辞書なんてどれも一緒と思われがちですが、毎年検索する「ブロッコリースプラウト」は今年もカシオですし、新語の「バズる」「エモい」などはシャープだけの登録。
    そのほかにも操作性などに差があり、 辞書のレポートをはじめて数年経ちますが、いまだに新しい発見も多く、使いきれていると思いません。 考えてみたら、学校によって宿題や勉強範囲が異なるので、様々な機能を有することであらゆるパターンに対応できるようになっているんですね。

    今年は両社とも異なった方向に進化しており、どちらがいいか非常に甲乙つけがたい結果となりました。 ハッキリ言えることは、昨年モデルより今年のモデルのほうが断然オススメです! ちょっと違うだけなんじゃないの?なんてとんでもない。 後継機種というより上位機種と言える内容です。 ぜひ、昨年モデルの対決もご覧いただき、その進化のほどをお確かめください!

    2019.3.5 しもんぬ

「広辞苑」と「大辞林」の違いについて

実は、同じ国語辞典でも、解説文が異なるのはご存知ですか?たとえば、「あいさつ」を調べてみると、広辞苑は"@禅家で、問答を交わして相手の悟りの深浅を試みること"と書かれているのに対して、大辞林のは"@人に会ったり分かれたりするとき。儀礼的に取り交わす言葉や動作。"と書かれています。これらの差は、各辞書が何を優先しているかで異なるため生まれます。広辞苑は、言葉の成り立ち、由来から時代の変化にそった順番で掲載、大辞林は、現在の使用頻度が高い意味を優先にして掲載しているのです。広辞苑は「言葉の起源」を、大辞林は「現在の言葉の使われ方」を優先しているのです。そのため、広辞苑は国語や古文などの理解を深めることに、大辞林は分からない言葉をさっと調べることに適しています。カシオは広辞苑、シャープは大辞林を採用していますので、電子辞書選びにお役立てください。

広辞苑 大辞林
  • 言葉の成り立ち、由来から時代の変化にそった順番で掲載
  • 国語や古文などの理解を深めることに役立つ
  • 現在の使用頻度が高い意味を優先にして掲載
  • 分からない言葉をすばやく調べることに役立つ
スタッフが使ってみました

商品はこちら

▲このページのTOPへ

最近の特集 バックナンバー

ボーナスで買いたい!憧れの逸品

買換におすすめの家電をピックアップ!

おすすめ扇風機の選び方

節電にも♪暑い季節を乗り切る必需品!

おすすめの除湿機・衣類乾燥除湿機

部屋干しに便利な除湿機をご紹介!

スティッククリーナー比較特集

吸引力やお手入れを体感してみました!
Joshin ネットショッピング
会員ページメルマガ購読    会員登録サイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記