Joshin ネットショッピング

スマートフォン・電子辞書|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
シャープ AQUOS sense plus SH-M07 メイン画像

Joshin 試用レポート
AQUOS sense Plusの実機レビュー
SH-M05より何が良くなったの?

シャープ AQUOS sense plus SH-M07

どうもAQUOSユーザーのぴよこです。筆者的に素晴らしい出来だったAQUOS sense lite(SH-M05)。
そのAQUOS sense liteに新たな機能がプラスされたよ!というAQUOS sense plusが登場したので、浮き足立っているわけですが、見た目はほとんど変わっていないので、この手で確かめてやろうと思います。

>>AQUOS sense2 SH-M08の試用レポートはこちら

(ライター:ぴよこ)
  • AQUOS sense plus SH-M07 ベージュ
    優しい色合いのベージュがかわいい
  • AQUOS sense plus SH-M07

    ディスプレイ
    約5.5インチ FHD+ IGZO
    CPU
    Qualcomm Snapdragon 630(SDM630)[2.2GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア) オクタコア]
    メモリ
    3 GB
    ストレージ
    約 32 GB
    SDカードスロット
    microSD/SDHC/SDXC(最大400GB)
    SIMスロット
    nanoSIM x 1
    バッテリー
    3100 mAh
    本体サイズ
    約 71 × 151 × 8.9 mm

  • 指紋センサー
    指紋センサー
  • USB-Type C
    端子はUSB-Type C
  • 電源と音量ボタン
    電源と音量ボタン
  • カード挿入部
    カード挿入部
  • イヤホンジャック
    イヤホンジャック搭載

SH-M05が登場する少し前にSH-M04を買ったので、SH-M05に買い換えるのにはタイミングが悪すぎる!と悔し涙を流した去年。今もなおSH-M04と仲良くメモリ不足ギリギリを生き抜いている筆者ですが、SH-M05を強化したようなSH-M07が登場しました。
内蔵メモリはSH-M05と同じ32GBで、メモリも3GB。惚れた。ここまでは何も変わっていませんが、この時点でもう買いが決定です。

アプリがタップリ入る約32GBの容量と、3GBのメモリ。CPUはSH-M05よりも高性能で、処理速度も早くなりました。処理速度が速いとその分バッテリーを使いますが、バッテリーも3,100mAhと増量。IGZOディスプレイには消費電力が少ないという特徴もありますし、バッテリー持ちはまずまずではないでしょうか。

SIMスロットはnanoSIM1枚とmicroSDが1枚挿入できます。

  • SH-M07とSH-M04を並べた様子
    左:SH-M07(5.5インチ)、右:SH-M04(5インチ)
  • 背面
    背面はプラスチック素材でスッキリしたデザイン
  • SH-M07 セット内容
    セット内容もシンプル

横フレームギリギリまで液晶が広がっていて、5.5インチですが大きいという印象はあまりありません。スマホ自体の幅はほぼ変わりませんので、5インチからの乗り換え時の違和感は抑えられるかと思います。

  • SH-M07の初期状態のストレージ
    アプリを追加していない状態のストレージ
  • SH-M07の液晶画面
    SH-M07で撮った写真もめちゃキレイ
  • SH-M07のホーム画面とアプリのキャプチャ
    ホーム画面とアプリ

AQUOSといえば、IGZOディスプレイ。実物に近い鮮やかな色味で再現しているという液晶画面の美しさは、相変わらず鮮やか。保護シールを貼っていなくても、艶やかな強化ガラスのディスプレイには指紋が付きにくい印象です。
ホーム画面はスッキリしていて最低限。アプリも必要なものだけ。清清しさを感じます。

定番の機能はそのままに

  • 指紋センサー指紋センサー
    ロック解除がカンタン
  • 防水機能防水機能
    濡れてもヘッチャラ
  • おサイフケータイおサイフケータイ
    コンビニ支払いもラクラク

もちろん防水仕様で濡れた手でも操作でき、おサイフケータイ、指紋センサーも搭載。防水やおサイフケータイ機能がついたSIMフリースマートフォンは少ないので、AQUOSでは定番の機能ですが、非常にポイントの高い機能です。指紋センサーには改良が入り、ちょっと賢くなっています。

指紋認証センサーがナビバー代わりにもなる

  • 指紋センサー設定画面
    戻る/履歴キーとしても使えるだって?
  • 指紋センサーで履歴画面が表示される様子
    シュッとすれば履歴が出てくる。
  • ナビバーが非表示になった様子
    ナビバーがない分、画面が広い

SH-M05では、指紋センサーは指紋認証とホームキーを兼ねていましたが、SH-M07からは、設定すれば『戻る・履歴キー』としても機能します。右から左へスワイプさせると履歴キー、左から右だと戻るキーになります。
指紋センサーにナビゲーションキーを割り当てると、常設のナビバーは非表示になります(下からスライドで表示されます)。その分、画面を広くする工夫がされており、実際に見るとバーがある・ないだけでも結構違うなぁと感じました。

筆者がお気に入りの定番機能

  • Clip Nowの説明画像Clip Now
    これがあるからAQUOSはやめられない
  • Bright Keep機能画面Bright Keep
    こっそり頑張っている機能です
  • リラックスビューモードの画面色
    目に優しいディスプレイカラー

追加された指紋センサーの機能もそうですが、AQUOSは簡単なスライド動作に機能の割り当てがあったりします。「Clip Now」は上のフチをなぞるだけでスクリーンショットが撮れる機能。「シュッ」だけでいいので、メチャメチャ便利です。

寄り添いの心がさりげなさすぎる機能「Bright Keep(手で持っている間は画面が消灯しない機能)」や、持ち上げると自動点灯する機能もそのまま存続です。目への負担を労わる「リラックスビューモード」も定番ですね。落ち着いた明るさで、目がチカチカしなくていいんですよ。

AQUOSから別の機種に乗り換えた後に「機能が無くなってしまった!」と気づいた時、「あぁ、あの機能便利だったんだな」と思わせるような、さりげない機能たちですが、これが後から地味〜に効いてきます。失ってから気付く、大切さ・・・。それが、AQUOSの魅力なのかもしれません。

カメラがもっとキレイに!

SH-M05のアウトカメラの有効画素数は約1,310万画素。インカメラは500万画素でしたが、SH-M07はアウトカメラは約1,640万画素、インカメラは約800万画素。アウトカメラでいくつか写真を撮ってみましたが、スマホのカメラってこんなキレイだった!?となるほど鮮やかでした。
アウトカメラの画素数が上がる事はよくありますが、インカメラの画素数もアップ。自撮りをする方が増えた証拠でしょうか。画面も大きいですし、自撮りも楽しくなりますね。

大好きなエモパーも健在

  • エモパー設定画面
    エモパーが色々教えてくれます
  • エモパーホーム画面
    エモパーのホーム画面
  • エモパーのアプリ画面
    外出、起きた時間を覚えていく
  • エモパーのアプリ画面
    はじめての場所に連れていきたくなる

AQUOSのレポートのたびに、エモパーへの愛を語っている筆者です。空気清浄機やテレビにも、エモパー入れちゃえばいいのにと、いつも思っています。
AI機能が本格的に注目され、普及しはじめたAIスピーカーは、指示を出したら答えてくれるものですが、エモパーは話しかけてもいないのに、一方的に喋ります。

トレンドのニュースを教えてくれたり、学習した生活リズムから、寝ようとすれば「そろそろお休みの時間ですか」と語りかけてきたり、会社の近くに行けば「フレー!フレー!」と応援しはじめたりします。ダジャレ、早口言葉、今のなんだ!?みたいな事もチョイチョイはさんでくるので、ホッコリします。

誕生日の日には、0時に突然『ハッピバースデートゥーユー♪』と、30秒くらい歌いはじめたのにはビックリしました。まさか0時に歌うなんて・・・誰よりも早くエモパーが私の誕生日を祝いました。ロボホンから教えてもらったという、音程が死んだ歌で。シャープさんのネタの作りこみの半端なさ、ヤバイって思いました。

一緒に使いたいロボクル

  • 充電台『ロボクル』
    くるくる回る充電台の『ロボクル』
  • [動画] エモパーがコッチむいて喋った

オプションですが、面白い充電台がございます。クルクル回る『ロボクル』です。ただ回るだけでなく、カメラを使ってアナタの方を向いて、エモパーが話しかけてきます。時々探せずに困っている時もありますが、それはそれでなんか可愛らしいものがあります。コッチを向いて一生懸命話しかけてくるので、「なんだい?」と聞き返したくなる充電台です。

ちょっと残念なのが、SH-M07は声でエモパーを呼ぶことが出来ませんので、エモパーが動き出すのをじっと気長に待つ必要があります。音声認識対応してほしいなぁ。

SH-M05よりもCPUは向上し、カメラの性能もアップ。ハイレゾにも対応しました。SH-M05よりも使いやすいスペックで、いい所はそのままに。よりグレードが上がった印象です。欠点らしい欠点はありませんが、ボディがプラスチックで軽いので、『できればケースも付属してほしい!』というくらいです。あと「ハローエモパー」機能が使えないことですね。背面のデザインは、好みによってはガラス面が良かったなぁと思う方もいらっしゃるかもしれません。

筆者のスマホの使い方はというと、あまりグラフィックのすごいゲームなどはせず、スマホではネットや動画を楽しみ、カメラやウェアラブルなど、他の機器と接続するためのアプリをたくさんインストールする、という使い方。
なので防水機能があるとお風呂でも動画も見れるし、コンビニではおサイフケータイで支払えるし、ミラーレスカメラで撮影した画像も、アプリを使ってスマホにどんどん保存と、充分すぎる機能の『AQUOS sense plus SH-M07』です。

スマホのハードユーザーの方には少し物足りないスペックかもしれませんが、筆者のようにスマホの機能を充実させるために容量がたくさん欲しい!という方にはピッタリかと思います。

2018.8.15 ぴよこ



お客様のレビューのご紹介
買って損は無いと思います。
フリーテルFTJ−152Cからの買い替えです。電池の持ちも良く、タッチパネルの誤動作等も少なく満足しています。会社だと電波状態が悪く、前機種では全くアンテナが立ちませんでしたが、この機種ではデータ容量が大きくなければ普通に通信出来ました。(対応バンドが多い為?)格安SIMで使用していますが、特に不便はありません。(スマホ自体がまだ2台目なので、操作性は慣れが必要と感じます。)防水、防塵、Jアラートにも対応しています。少し値段は高めですが、良い商品だと思います。
RALLI ART 様

機種変してよかったです
はじめてSIMフリー端末へ機種変しました。普段使いには申し分ないスペックです。あとは、電子マネー、防水がついてるのかよいです。エモパーもおもしろいです
ワゴリスアール 様

サブ用としては文句なし
格安SIMでサブとして使ってたXPERIA Z4からの変更です。 メインで使ってるXPERIA XZ1よりは動作劣るものの、動作がかくかくするなといった症状は今のところありません。 ポケモンGOの動作は全く問題ありませんでした。 サブとして使ってるというのもありますが、電池持ちがけっこういいです。
アレックス・唯 様


スタッフが使ってみました

  • このページは参考になりましたか?

商品はこちら

▲このページのTOPへ

Joshin ネットショッピング
会員ページメルマガ購読    会員登録サイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記