Joshin ネットショッピング

スマートフォン・電子辞書|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

ASUS ZenFone 5Q はカメラが4つ!
広角レンズで風景写真や自分撮りもダイナミックに!

Joshin 試用レポート
エイスース ASUS ZenFone 5Q ZC600KL

4つのカメラが搭載されたクアッドカメラシステムの「ZenFone5Q」は、前面・背面両方に広角レンズが搭載!風景や自分撮りをワイドに撮影できます。
さらに前面のメインカメラは2000万画素という高画質で、自分撮りが驚くほどキレイ。友達や家族との撮影を楽しめたり、美人エフェクトモードでキレイに撮影したりなど、カメラで遊べる要素がもりだくさん。
そんなカメラ性能に特化した「5Q」のスペックをチェックしつつ、遊んでみました!

ライター:あんまん

「ZenFone5Q」の
スペックを見てみよう

  • ZenFone5との大きさ比較
    ZenFone5より大きい6インチ
  • ZenFone5の背面
    つるんと美しいフォルム
  • ZenFone5Qのカラー
    カラーは3色展開
  • セット内容
    セット内容
  • サイズ 幅約76mm×高さ約160.5mm×奥行約7.7mm
    質量 約168g
    内蔵ストレージ 64GB
    ディスプレイ 6型ワイド IPS液晶 (LEDバックライト)
    CPU Qualcomm® Snapdragon™ 630 (オクタコアCPU)
    GPU Adreno 508
    メモリ LPDDR4 4GB
    アウトカメラ 1,600万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
    LEDフラッシュ
    インカメラ 2,000万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
    800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
    LEDフラッシュ
    SIMカードスロット nanoSIMスロット×2
    バッテリー 3,300mAh
    搭載OS Android™ 7.1.1
  • 同時発売の「ZenFone5」もレポートしておりますので、何が違うのかスペックも比較しつつ確認したいと思います。
    「ZenFone5」では6.2インチのオールディスプレイスクリーンでしたが、「ZenFone5Q」は6インチのフルHDディスプレイ。カラーはミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト、ルージュレッドの3色展開。みずみずしいルージュレッドがかわいく、目を惹かれます。

    内蔵ストレージは64GBと大容量ですが、メモリはZenFone5の6GBから4GBと少しサイズが抑えられています。

    5Qの魅力といえば、4つのカメラを搭載したクアッドカメラシステム。前面・背面に800万画素の広角レンズが搭載され、前面のメインカメラは2000万画素の高画質。LEDフラッシュも付いているため、自分撮りでもフラッシュが使えます。実際のカメラ性能は後で詳しく見ていきましょう。

    セット内容:USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar、ZenEar交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書

  • 電源ボタンと音量ボタン
    電源ボタンと音量ボタン
  • microUSB差込口
    microUSB Type-Bで充電します
  • 上面にイヤホンジャック
    上面にイヤホンジャック
  • SIMスロット
    DSDS対応のトリプルスロット

つるっと丸みを帯びた側面は優しく手にフィットします。「ZenFone5Q」のUSB端子はType-Bで、なんとSIMスロットはDSDS対応のトリプルスロット!「ZenFone5」は2回線をセットしている場合にはmicroSDカードをセットできませんでしたが、microSDカードを入れたままの状態でSIMカードを2枚セットできます。容量を多く使う方、入れ替えが面倒な方にピッタリ!

あなたは指紋認証派?顔認証派?

  • 指紋センサーに指を置いている画像
    指紋認証は0.3秒で解除!
  • 顔認証でロック解除している画像
    見つめるだけですぐにロック解除!

背面に指紋センサーがついているため、スマホを掴む流れで指紋認証を行えます。指をポンと当てると一瞬で解除されました。時間はわずか0.3秒!パッと解除されてストレスフリーでセキュリティーも強い!

もっと楽に解除したいならば顔認証がおすすめ。顔情報を登録しておくだけで、画面に顔をむけるとロック解除されますよ。スマホカバーで指紋センサーが隠れている場合や、手袋をしている場合に大いに活躍してくれます。

ZenFone5Qで
カメラ撮影してみました!

前面・後面に120°広角レンズが付いたクアッドカメラ

  • アウトカメラ
    セカンドカメラには広角レンズ
  • インカメラ
    前面にもLEDフラッシュが!

さて、「ZenFone 5Q」の一番の魅力であるカメラ性能をチェックしましょう。
前面・背面に2つずつレンズが搭載されたクアッドカメラシステムで、カメラは前面が2000万画素、背面が1600万画素と、背面よりも前面カメラの方が画質が高いというスマホです。さらに前面カメラにはSONY製のイメージセンサーを使っており、自分撮りもキレイに撮影できます。背面でももちろん高画質で、わずか0.03秒という速さでピントが合うため、遊んでいる子供達やペットの写真を瞬時に撮影できますよ。

セカンドカメラに120°広角レンズも搭載されていて、風景撮りや自分撮りも広く写します。メインカメラでは収まらない広大な風景を撮影するのはもちろん、自分撮りの場合は自撮り棒要らずで風景も広く写せ、大人数で撮影するときも活躍してくれること間違いなし!

自分撮り+風景をダイナミックに!

  • 背面カメラ(メインレンズ)
    背面カメラ(メインレンズ)
  • 背面カメラ(広角レンズ)
    背面カメラ(広角レンズ)
  • 前面カメラ(メインレンズ)
    前面カメラ(メインレンズ)
  • 前面カメラ(広角レンズ)
    前面カメラ(広角レンズ)

前面カメラのメインカメラで写した場合は、高解像度なだけあって驚きの美しさ。メインカメラと広角カメラを比較すると広角カメラは少し画質は落ちますが、ワイドに撮影できて目で見たものをそのままに撮影されています。

少し気になる点としては前面カメラを使う場合、つるつるとした本体なので手が滑って落っこちそう・・・という心配がありました。カバーを使って撮影することをオススメします。

  • 8種類のカメラフィルター
    8種類のカメラフィルター
  • フィルター効果で表現を豊かに

    カメラフィルターを使うと、趣のある写真や幻想的な表現を演出します。8種類からお好みのフィルターを選べるので、ひとつのシーンで様々な表現を楽しめますよ。

    私もフィルターを使って遊んでみたところ、ガッツリとフィルター効果があるわけでなく、優しくフィルターがかかるようです。私は少し渋いシーンが好きなので、グレイスケールとレトロの寂しさを表現するのがお気に入り。フィルターを使うことにより感情が表現されたようで、いろんな写真を撮りたくなりました。

  • グレイスケール
    グレイスケール
  • レトロ
    レトロ
  • ブラシ
    ブラシ
  • ノスタルジック
    ノスタルジック

カメラモードで遊ぶ

  • カメラモードメニュー画面
    カメラモードでいろんな撮影
  • Proモード撮影時
    Proモードで本格撮影!

カメラモードではオートをはじめ、ポートレートモードなど9種類から選べます。アウトカメラで撮影の際に使用できる「超解像度モード」は、複数の露出値で撮影を行い、6500万画素の超高解像度写真にすることができます。パノラマ撮影やGIFアニメーションモード、スローモーションモード、低速度撮影モードなどもりだくさん。Proモードを使うと、ISO値やシャッター速度などを設定できるので、まるで本当のカメラを使っているかのようです。

  • 美人エフェクトモード撮影時
    美人エフェクトモードでお肌つるつる
  • レタッチ処理をする
    美人エフェクトモード

    美人エフェクトモードを使うと、お肌をつるつるにしてくれたり、小顔矯正や目の大きさを変えたりなど、顔に補正を加えてくれます。撮影の最中にリアルタイムに補正がかかるので、自分で「よしっ!」と思える瞬間を確認しながら撮影できます。そばかすとかが気になる私ですが、手軽にお肌がつるつるになってありがたや〜。

  • ポートレートモードでマスコットが際立った写真
    マスコットが際立った!
  • ポートレートモード

    ポートレートモードでは被写体に焦点を当てると、本格的なカメラのように背景をぼかすことができ、被写体が際立つ撮影ができるというのでやってみました。マスコットに焦点を当てると背景がボンやりボケて、被写体が引き立つ1枚に!
    人物をかっこよく撮影する際には、ポートレートモードを活用してみてください!

いくつかの作例

  • チキン
  • 花
  • グレースケール
  • レトロ

まとめ

4つのカメラで前面・背面とも高画質で美しい写真が撮れるSIMフリースマホ「ZenFone5Q」。広角レンズも搭載されてますので、友達や家族との旅先の風景もしっかり写せ、2000万画素の前面カメラで、満足のいく自分撮りも楽しめます。もちろん背面のメインカメラも高画質ですので、カメラを楽しむスマホとして、機能が充実しております。

筆者の使っているスマホだと前面カメラの画質が粗いので、キレイに撮影できるのは嬉しく、友達や家族との思い出作りがいっぱいできそうです。美人エフェクトモードでササッとカンタンに補正をかけてくれるのも嬉しい機能です。

スペックも申し分なく、カメラを持たずに、手軽に本格的な写真を撮れる「ZenFone5Q」を使って、最高の一枚を手軽に撮影してみませんか。

2018.8.24 (あんまん)



お客様のレビューのご紹介
ASUS好きなので満足です。
2年前のZenfoneMAXからの買い替えです。色々進化していてビックリしました。今回の5qは64ギガの容量でアプリをいっぱい入れても、全く問題なしです。財布のポイントカードがごっぞり減らせました。ロック解除、あらゆるアプリのサイトへログインする際の指紋認証も感度良好でとてもいいです。Asusが好きな理由の一つが、Atokフラワータッチ入力です。カメラも素晴らしかったです。デジカメを買い替えずにすみそうです。
あんまきぴ〜 様

なかなかいい
2年ぶりにZenFon2からの買い替えです。性能はいい。動作も早くなりました。ストレスないのはやはりいいです。画面の大きなものを探してこれにしましたが、思ったよりも小さい。ZenFon2の5.5インチより幅が狭いのには少々がっかりだったので星1つ減らしました。ストレージ容量は最低でも32GB必要なので、64GBあれば十分です。カードを入れる場所が少々気に入りませんが、一度入れればほとんど出すことはないのでよしとしました。
Dr.platon 様

順調に使えています。
ZenfoneGoからの乗り換えです。カード3枚差、NFC、ジャイロが追加となり、満足しています。大きさは少し長いですが、幅が同じなので、使用感に違和感はありませんね。アプリデータの移行は、やはり面倒ですが、それ以上のことができるので苦になりませんでした。
CEL 様


スタッフが使ってみました
  • このページは参考になりましたか?

商品はこちら

▲このページのTOPへ

Joshin ネットショッピング
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記