Joshin ネットショッピング

PC周辺機器|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

たっぷり印刷するならこのプリンタに注目! 大容量インク搭載プリンタ比較 特集

プリンタを買ったんだけど、正直インクカートリッジが高いよね! という、声をよく耳にします。印刷は手軽に行いたい。でもランニングコストは気になる・・・。そんなお悩みに答えるプリンタがあるのをご存知ですか? 最近CMでも見かける「EPSON エコタンクモデル」など『大容量インク搭載モデル』です!
一般的なプリンタよりもインクがたっぷりセット出来るため、大量印刷をしてもコストやインク切れの心配が少ないのが特徴。たくさん印刷をされる方の需要に合わせて登場したモデルが、ジワジワ人気を集めています。

正直、見た目は一昔前のデザインに感じてしまいますが、問題は中身よ、中身。キヤノン・エプソン・ブラザーから人気の機種を用意したので、操作性の違いや実際の印刷品質を確かめてみましょう!

  • キヤノン G3310
    キヤノン G3310
    本体サイズ:mm
    (幅×高さ×奥行)
    445×330×163mm
    プリント解像度4800×1200dpi
    インク色数4色
    印刷サイズ最大A4
    最大積載枚数
    普通紙 100枚
    自動両面印刷×スキャナー機能
    ファックス機能×レーベルプリント×
    インク1本の容量
    ブラック 6,000枚
    カラーインク7,000枚
  • エプソン EW-M630T
    エプソン EW-M630T
    本体サイズ:mm
    (幅×高さ×奥行)
    約375×347×187mm
    プリント解像度4800×1200dpi
    インク色数4色(顔料黒、染料カラー3色)
    印刷サイズ最大A4
    最大積載枚数
    普通紙150枚
    自動両面印刷スキャナー機能
    ファックス機能×レーベルプリント×
    インク1本の容量
    ブラック7,500枚
    カラーインク6,000枚
  • ブラザー DCP-J988N
    ブラザー DCP-J988N
    本体サイズ:mm
    (幅×高さ×奥行)
    435×195×341mm
    プリント解像度最大1200×6000dpi
    インク色数4色独立カートリッジ方式
    印刷サイズ最大A4
    最大積載枚数
    普通紙150枚
    自動両面印刷スキャナー機能
    ファックス機能×レーベルプリント×
    インク1本の容量
    ブラック標準モデルの約16本分
    カラーインク標準モデルの約10本分
  • ※数値の算出方法の詳細な条件などは公式サイトをご確認ください。

インク

  • Canon

    キヤノン G3310
    黒インクタンクは本体左側にあります
    黒インクタンクは本体左側にあります
  • EPSON

    エプソン EW-M630T
    小さなペットボトルみたい
    小さなペットボトルみたい
  • brother

    ブラザー DCP-J988N インク
    標準モデル(左)と比べると凄く大きい
    標準モデル(左)と比べると凄く大きい

インクのセット部分を見てみると、エプソンとキヤノンはインクタンク、ブラザーはカートリッジとなっています。それぞれタンクとカートリッジ窓が半透明になっていて、インク残量がよく見えますね。他のインクジェットプリンタも半透明にすれば分かりやすいのに。

エプソン・キヤノンは、インクボトルを本体に挿し、内蔵タンクにインクを注入(継ぎ足し)する今までに無かった方式で、カートリッジ交換の手間などを減らし、コストも減らしています。
ブラザーはあえてカートリッジ方式にこだわり、馴染んだ方法で交換するので扱いやすさは変わりません。少しですが本体にインクを貯める所があるので、インクが切れるまでにちょっとだけ余裕があります。

キヤノンは、インクボトル各色1本でブラック6,000枚、カラー7,000枚、エプソンはブラック7,000ページ、カラー6,000ページのプリントが可能です。インクコストを気にせず、カートリッジやインクの追加をする手間も省ける大容量インクというだけあり、すごい枚数です。 ブラザーは、ブラックだと標準モデルのカートリッジの約16本分のインク容量で、A4モノクロ文書なら約6,000枚のプリントができます。

ちなみに、本体のカラーはエプソンのみホワイト・ブラックの2色。キヤノンはブラック、ブラザーはホワイトの1色です。

操作部

  • Canon

    シンプルなモニター
    シンプルなモニター
  • EPSON

    小さなカラーモニター
    小さなカラーモニター
  • brother

    タッチ対応モニター
    タッチ対応モニター

キヤノンは前面ではなく天面右側にボタンが縦に並列。カラー・モノクロ印刷をボタンで選び、枚数や設定は小さなモニターで確認という、かなりシンプルな仕様です。シンプルに印刷出来れば良いという潔さを感じます。
エプソンは2.4型のカラー液晶でボタンで操作を行います。
ブラザーは2.7型タッチ対応カラーモニターで、標準モデルのプリンタと同じ、分かりやすいアイコンメニューです。

用紙挿入部、セット方法など

  • Canon

    用紙は背面にセット
    用紙は背面にセット

    排紙トレイ
    排紙トレイ
  • EPSON

    前面カセット
    前面カセット

    排紙トレイは手で引き出す
    排紙トレイは手で引き出す
  • brother

    前面カセット
    前面カセット

    背面給紙も可能
    背面給紙も可能

キヤノンはフタの用にパカンと開けられる背面トレイに用紙をセット。印刷時に紙が丸まらず、背面からまっすぐストレートに前の排紙トレイに出てくるので、用紙への負荷は少ないかと思います。ただ、置き場所は少し選びそうです。
エプソンは前面の給紙カセットのみ(最大150枚)。印刷する際は、排紙トレイを手で引き出します。
ブラザーはタップリ印刷する場合、前面トレイにセットします(最大150枚)。封筒など1枚だけ印刷する場合は背面トレイも使えますよ。
また、ブラザーには複数ページの読み取りに便利な「ADF搭載」。事務所など仕事で使う場合は重宝しますね。

印刷開始

  • Canon

    スマホの絵柄のボタンを発見
    スマホの絵柄のボタンを発見
  • EPSON

    スマホ対応無線LAN
    スマホ対応無線LAN
  • brother

    NFC対応だ!
    NFC対応だ!
  • スマホの写真データをプリントしました
    スマホの写真データをプリントしました
  • チラシやカタログをコピーします
    チラシやカタログをコピーします

ではさっそく印刷していきましょう!ブラザー以外はSDカードやUSBメモリーを挿してのダイレクトプリントが出来なかったので、どうしようかと思っていたら、おっ無線接続できるじゃん!という事で、スマホのデータを使っての写真プリントと、チラシなどカラー印刷、モノクロ印刷を行う事にしました!

スタッフに「これが一番好き」と選んでもらって感想をまとめましたので、ご購入前の目安にしてみてください!

モノクロコピー

  • キヤノン G3310
    印刷速度(10枚): 約1分54秒

    印刷速度(10枚): 約1分54秒

  • エプソン EW-M630T
    印刷速度(10枚): 約1分17秒

    印刷速度(10枚): 約1分17秒

  • ブラザー DCP-J988N
    印刷速度(10枚): 約1分33秒

    印刷速度(10枚): 約1分33秒

まずはモノクロコピーから。薄い、中間、濃いときれいに3つに分かれた仕上がっております。
スタッフ4名で見比べた結果は…。

1番人気は【キヤノン】全体的にスッキリと仕上がっており、裏移りも皆無。必要な情報のみをきれいにコピーしたという仕上がり。読みやすさNo.1なコピー品質でした。
2番人気は【ブラザー】裏移りはあるものの、表の背景色などの色もしっかり表現。キヤノンに比べて文字のクッキリさは劣るものの、全体的に調和のとれていて読みやすい印象。
3位は【エプソン】全体的に濃く、裏移りも多かったため、情報量が多いと感じる仕上がりに。文字のクッキリさだけを見るとキヤノンに匹敵しますが、そのクッキリさが強すぎて、逆に重たく感じられてしまったようです。

カラーコピー

  • キヤノン G3310
    印刷速度(10枚): 約2分 9秒

    印刷速度(10枚): 約2分 9秒

  • エプソン EW-M630T
    印刷速度(10枚): 約3分37秒

    印刷速度(10枚): 約3分37秒

  • ブラザー DCP-J988N
    印刷速度(10枚): 約2分11秒

    印刷速度(10枚): 約2分11秒

お次はカラーコピーです。こちらはいかがでしょうか。
1番人気は【キヤノン】モノクロに引き続きカラーでも力を見せつけてくれました!インクの発色の良さが決め手です。スタッフから「キヤノンだけ明らかに違う」と言わしめておりました。
2位は【エプソン】発色こそキヤノンに及びませんでしたが、粒子が細かく、なめらかな仕上がりに票が集まりました。
3位は【ブラザー】発色はエプソンと似ていましたが、粒子を感じるザラザラとした色の表現がスタッフにバレていました。残念!

写真プリント

  • キヤノン G3310
    A4サイズ:約2分28秒

    A4サイズ:約2分28秒

  • エプソン EW-M630T
    A4サイズ:約5分22秒

    A4サイズ:約5分22秒

  • ブラザー DCP-J988N
    A4サイズ:約4分47秒

    A4サイズ:約4分47秒

最後は写真プリント! 各メーカーで色の特徴がありますが…どの写真がきれいでしょうか?
1番人気は【キヤノン】 モノクロ・カラー・写真プリントすべてにおいてキヤノンが人気を集めました!元々写真プリントには定評があります。エコタンクでもきれいな写真プリントを行ってくれました。空の表現もなめらかで、陰になっているような濃い色の部分の色乗りもきれいです。
2番人気は僅差で【エプソン】こちらもきれいな発色で、なめらかな仕上がり。キヤノンに比べるとややインクの粒子感がある、というくらいで、十分にきれいな写真に仕上がっています。
3位は【ブラザー】全体的に黄色っぽく、色あせた印象で、見比べてしまうとインクの粒子の粗さや、影の部分の塗りつぶし感が目立ってしまいました。印刷にも時間がかかっており、写真プリントはやや苦手なようです。

各社のランニングコスト(税別)

  • キヤノン G3310
    キヤノン G3310
    G3310
    (大容量モデル)
    TS5030S
    (標準モデル)
    L判フチなし/枚データ無し約21.1円
    A4カラー文書/枚約0.8円約12.0円
    A4モノクロ文書/枚約0.3円データ無し
  • エプソン EW-M630T
    エプソン EW-M630T
    EW-M630TW
    (大容量モデル)
    EP-881AW
    (標準モデル)
    L判フチなし/枚約5.9円約20.6円
    A4カラー文書/枚約0.9円約12.0円
    A4モノクロ文書/枚約0.4円データ無し
  • ブラザー DCP-J988N
    ブラザー DCP-J988N
    DCP-J988N
    (大容量モデル)
    DCP-J577N
    (標準モデル)
    L判フチなし/枚約10.0円約18.6円
    A4カラー文書/枚約3.7円約8.4円
    A4モノクロ文書/枚約0.7円約2.7円

大容量インクタンクモデル(大容量モデル)は通常のインクカートリッジタイプと比べてどれくらいランニングコストが良いのか、各社のスタンダードモデル(標準モデル)のプリンタとの違いをまとめてみました(公式サイトより各社の検証データを参考にしたものです)。
検証データのないものもありますが…標準モデルと比べると、半分以上〜半分近くのコストです。カラー印刷、写真プリントの品質をハイエンドモデルと比較してしまうと、やはり劣ってしましますが「品質よりも、コストと手間重視。とにかくプリンタを使う頻度が高いし、たくさん印刷をしたい」というのであれば、大容量インクモデルはお財布に優しいプリンタです。

各メーカーを比較してみると、意外と特徴が分かれました。
大容量インク搭載モデルの特徴でもあるインクの装着部分では、エプソンとキヤノンはインクボトル方式で手間とコストを削減し、ブラザーは馴染みのカートリッジ方式にこだわっていました。
印刷の仕上がりは、綺麗さ・コストを重視するとキヤノンです。 エプソンも、コスト面ではキヤノンとほぼ変わりませんが、1度に150枚の用紙をセットできる・自動両面印刷対応などキヤノンにない機能が充実。操作もエプソンのほうがしやすそうです。 カートリッジ容量を大きくしたブラザーは、慣れ親しんだインク交換に印刷スピードと、どれも中間的な成績で、広い用途にご使用いただけるのではと思います。

最後に・・・「一年に数回しか印刷しないし、大容量インクモデルなら壊れるまでインクを買わなくて良い!」という発想はおすすめしません。
印刷方式は「インク」ですので、非常に細いノズルからインクを噴射して紙に印刷しています。 液体ですので必ず「乾燥」しますので、印刷を行なわないとインクがノズルで固まって最悪は修理をしないといけません。 あくまでも、「プリンタをよく使う方のお悩みを軽減する」モデルだということをお忘れなく。

大量印刷されている方で、印刷の品質をあまり気にしない場合や文書をメインにお使いいただく場合には、とてもオススメです。 とくに、少人数の事務所やチーム内で共有するプリンタをお求めの方には、機能・サイズ感を含め丁度良いと思います。

2018.1.11 ダブルK

スタッフが使ってみました

最近の特集 バックナンバー

ボーナスで買いたい!憧れの逸品

買換におすすめの家電をピックアップ!

おすすめ扇風機の選び方

節電にも♪暑い季節を乗り切る必需品!

おすすめの除湿機・衣類乾燥除湿機

部屋干しに便利な除湿機をご紹介!

スティッククリーナー比較特集

吸引力やお手入れを体感してみました!

商品はこちら

▲このページのTOPへ

Joshin ネットショッピング
会員ページメルマガ購読    会員登録サイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記