Joshin ネットショッピング

オーディオ・電子ピアノ・楽器|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
▽バックナンバー
はじめよう、デスクトップミュージック(DTM) パソコンで楽しむ作曲・編曲
[ 2016. 4.28 ]
 「パソコンで音楽を楽しみたい」「デスクトップミュージック(DTM)をはじめたい」「ボカロPになりたい」と思ったら、この特集に注目! この特集では、DTMを楽しむために必要なインターフェースや、そろえておきたい便利なソフトをご紹介します。


DTMとは?


DTMインターフェースを選ぼう


DTMソフトを選ぼう





  DTMとは?
 DTMとは、Desktop Music(デスクトップミュージック)の略。パソコンと電子楽器をMIDIなどで接続して演奏する音楽、あるいはパソコンを使用して音楽を作成編集する事の総称です。DTP(デスクトップパブリッシング)をもじって作られた和製英語で、海外ではコンピューターミュージックと呼ばれています。

 DTMを使うと、「楽器が弾けなくても、パソコンの画面上の譜面に音符や休符を置いていけば、演奏可能」「自分の演奏をパソコンに記録し、記録したデータを容易に修正することが可能」などのメリットが挙げられます。
  DTMをはじめるのに、何が必要?
 これからDTMを始める上で揃えておきたい基本アイテムは、「パソコン」「DTM(オーディオ)インターフェース」「DTMソフト」「スピーカー or ヘッドホン」の4点です。すでにパソコン本体やスピーカー・ヘッドホンをお持ちであれば、「DTM(オーディオ)インターフェース」「DTMソフト」の2点を用意すればOK。楽器が弾けるのであれば、MIDIキーボードやフィジカルコントローラーがあると作業効率がアップするので便利ですが、まずは基本アイテム4点でDTMシステムを構築し、後から必要に応じて機器を追加して行けば良いでしょう。





  DTMインターフェースを選ぼう
DTMインターフェースを選ぼう
 DTMで、ギター等の楽器のアナログ音源をデジタルデータに変換し、パソコンに取り込むのに必要になるのが、DTMインターフェース。この機能はパソコン本体にも内蔵されていますが、楽曲制作で使用するには性能が低く、「ノイズが混じる」「音が遅れる」などの不具合が起こることもあります。

 音質にこだわるなら、専用のインターフェースがおすすめです。



  オーディオインターフェース
 パソコンとの接続はUSBが主流。最近ではハイレゾオーディオ対応モデルも増えてきました。シンセサイザーなどのMIDI楽器やパワードモニタースピーカーなどを接続し、本格的な音楽制作環境を構築することができます。
  • スタインバーグ|USBオーディオインターフェイス|UR12
    会員様web価格 12,000 (税込)
    1,200 (10%) ポイント進呈
    24時間以内出荷
    2014年12月 発売
     エントリーモデルながら、フロントの入力部には、高品位マイクプリアンプ「D-Pre」を搭載したマイク入力用XLR端子と、ギター/ベース入力用フォン端子(Hi-Z専用)を各1基搭載しています。
     リアの出力部にはRCA端子を搭載しており、24bit/192kHzのハイレゾオーディオ環境を簡単に構築できます。



  MIDIキーボード・MIDI楽器
 MIDIキーボードの鍵盤数は、25鍵、37鍵、49鍵、61鍵、88鍵という5種類があります。データの入力はマウスでも出来ますが、「実際に演奏してデータを入力(リアルタイム入力)したい」「楽器演奏が得意」であれば、88鍵や61鍵がおすすめ。「セッティング(設置)スペースに余裕がない」「シンセの音作りや音色確認用途」であれば、比較的コンパクトな25鍵や49鍵のキーボードを選ぶと良いでしょう。
  • コルグ|49鍵USBワイヤレスMIDIキーボード・コントローラー|MICROKEY2-49AIR
    会員様web価格 13,592 (税込)
    136 ポイント進呈
    24時間以内出荷
    2015年01月 発売
     ベストセラーとなったmicroKEYの機能はそのままに、従来のUSB接続に加えて、Bluetooth MIDIによるワイヤレス接続を実現した上位モデル。
     今すぐに演奏したいとき、ケーブルはもう要りません。これからは、iPad / iPhoneとこのキーボードだけ。ワイヤレスがもたらす新しいスタイルが加わり、モバイルからデスクトップまで、あらゆる音楽制作環境をカバーします。



  フィジカルコントローラー
 フィジカルコントローラーとは、DTMで使われるDAWのフェーダーやPAN等を直接操作する機器のこと。マウスを使って画面上で操作するよりも直感的に操作することが出来るので、非常にMix作業がはかどります。
  • コルグ|MIDIコントローラー (ブラック)|NANOKNTRL2-BK
    メーカー希望小売価格 6,372円
    会員様web価格 4,667 (税込)
    47 ポイント進呈
    「おひとり様3点まで」
    24時間以内出荷
    2011年04月 発売
     nanoKONTROL2は、ノートPCの手前に置くのにぴったりなサイズのボディに、音楽ソフトウェアのコントロールに必要な8チャンネル分の操作子、およびトランスポート・ボタンを搭載。
     それぞれのボタンもソフトウェアに合わせて厳選し、シンプルかつわかりやすいコントロール性を実現。主要DAWなど数多くのソフトウェアに対応し、接続に必要な設定の手間が大幅に軽減されました。







  DTMソフトを選ぼう
DTMソフトを選ぼう
 DTMを始める上で重要になるのが、DTMソフト(シーケンスソフト、波形/音声編集マスタリングソフト他)選びです。MIDIの打ち込みやギターやマイク(オーディオ)の録音編集など、楽曲制作で基本となる工程に欠かせません。基本的には、シーケンスソフトだけでも、楽曲の録音・編集から音楽CDの作成までを全て行うことが出来ますが、マスタリングやボーカルパートに特化した専用ソフトを併用することで、作業効率のアップにつながります。以下に、代表的なDTMソフトの種類と用途を挙げていますので、参考にして下さい。



  VOCALOIDシリーズ
 VOCALOIDとは、ヤマハが開発した歌声音声技術および、その応用ソフトウェア。メロディと歌詞を入力するだけでボーカルパートを作り出すことができます。そのVOCALOIDを活用して「ボカロ曲」を制作する人をボカロP(プロデューサー)と呼びます。

 VOCALOIDを歌わせるには、パソコンのほかに、VOCALOID専用のエディターと歌声ライブラリが必要になります。さらに、ひとつの楽曲として仕上げるためには、前述のシーケンスソフトや波形/音声編集マスタリングソフトを組み合わせる必要がありますが、簡易的なDAW(音楽制作)ソフトを同梱したパッケージを選べばすぐに「ボカロ曲」を制作することができます。



  シーケンスソフト
 シーケンスソフトとは、パソコンで音楽データの作成や記録・再生などを行うことができるソフトウェアのこと。録音、打ち込み、オーディオ&MIDI編集といった多くの作業が1本でこなせるのはもちろん、別ソフトとの連携機能も備えていることから、DTMホストアプリケーションとも呼ばれています。また、自分が作曲した楽譜の音符を1つずつ入力して演奏データに仕上げて、電子楽器に自動演奏させることもできます。


  波形/音声編集マスタリングソフト
 波形/音声編集マスタリングソフトとは、名前のとおりオーディオの波形を表示させて編集していくもの。前述のシーケンスソフトのように多機能でない分、動作が軽いのが特徴です。また、プレス工場に渡すマスターを仕上げたり、マスタリングCDとして仕上げるための便利な機能はこのソフトならではのものです。

必要なアイテムはこちら!!
>>オーディオインターフェース
>>MIDIキーボード・MIDI楽器
>>フィジカルコントローラー
>>シーケンスソフト
>>波形/音声編集マスタリングソフト
>>VOCALOIDシリーズ

ページトップへ戻る



END

最近の特集 バックナンバー

母の日おすすめギフト・プレゼント特集

お母さんが笑顔になる贈り物をご提案!

スティッククリーナー比較特集

吸引力やお手入れを体感してみました!

ゴールデンウィークを楽しもう!

今年のGWは最大10連休!

電子辞書比較対 2019

カシオとシャープの電子辞書で英作文対決!
Joshin ネットショッピング
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記