ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

おもちゃ|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

Joshin 試用レポート
作って!動かして!カスタムして!自分で機体設定を考えるのも楽しいゾイドワイルド!

タカラトミー ゾイドワイルドシリーズ

発売中のゾイドたちを組み立てて、色を塗ってみたりカスタムしてみたりと遊んでみました。パーツが既にランナーから切り離された状態なので、開封して組み立てるだけ!市販のプラモデルと比較しても簡単に組み立てることができます。さあゾイドを愛でよう!

ライター:ryous

  • ゾイドがいっぱい
    ゾイドがいっぱい
  • 今回お迎えしたゾイドたちはこちら!

    ・アニメ主人公機である【ワイルドライガー】(画像中段右)

    ・デスメタル帝国の【ギルラプター】(画像中段左)

    ・11月に新発売となりました【ステゴゼーゲ】(画像下段左)

    ・同じく11月発売の【グソック】(画像最上部)

    ・くい打ち機構がロマン溢れる【トリケラドゴス】(画像下段右)

    以上の5体を組み立てて遊んでみましたよ!

    フォルムも動きも可愛いグソックが筆者の一押しです!

組み立てる

  • ワイルドライガーを組み立てよう
    ワイルドライガーを組み立てよう
  • 袋ごとにパーツが分かれてる
    袋ごとにパーツが分かれてる
  • カラーの組み立て図
    カラーの組み立て図

箱を開けると、「発掘パック」と書かれた袋に小分けに入れられたパーツ、説明書である「復元の書」がキレイに詰められています。「説明書」といったフレーズではなく「復元の書」や、「発掘パック」といった遊び心をくすぐる表現がされていてステキです。「復元の書」はカラーページですのでパーツの見分けなどが分かりやすいです。

  • プラスドライバーと電池が必要
    プラスドライバーと電池が必要
  • パーツを繋ぎ合わせるだけ
    パーツを繋ぎ合わせるだけ
  • 骨格形態復元完了
    骨格形態復元完了

まずはモーター部の電池をセット。電池は単4形アルカリ乾電池(別売)で、プラスドライバーを使ってネジをゆるめます。あとの作業はパーツを切ったりする事もなく、パーツを手で繋げるだけ。
パチンパチンとパーツを繋げて骨格形態の完成です!この段階でテスト運転しておきましょう。

  • 動作確認しておきます
    【動画】動作確認しておきます
  • ここで上手く動かない場合には、パーツが上手くはまっていなかったり噛み合っていない可能性があります。
    必要であれば破損させないよう慎重にバラし、もう一度「復元の書」を見ながら組み立てましょう!

    実際に自分が組み立てている時も、パーツの上下を逆さまにつけていたりして、何度か分解しました。(「復元の書」はよく読みましょう)

    ボーン(骨格)の状態でも既に格好良いですね!
    アーマーパーツをつけるか否かでも好みが分かれそうです。

    動作に問題がなければ、アーマーパーツを装着して、さらに命を吹き込んでいきましょう。

  • パチンとパーツをつけたり
    パチンとパーツをつけたり
  • 目をはめたり
    目をはめたり
  • ライダーを乗せて
    ライダーを乗せて
  • シールも貼っときましょう
    シールも貼っときましょう
  • 完全形態復元完了
    完全形態復元完了!
  • 動けワイルドライガー!
    【動画】動けワイルドライガー!

格好良さと可愛さを兼ね備えた、さすが主人公機!青と白のカラーリングがさわやかでステキです。よし、この調子で他のゾイドも組み立てますよ。

  • ゾイドワイルド ZW11 トリケラドゴス
    ゾイドワイルド ZW11 トリケラドゴス
  • ワイルドライガーよりやや大きい
    ワイルドライガーよりやや大きい
  • トリケラドゴスも動かしてみる
    【動画】トリケラドゴスも動かしてみる

箱の大きなトリケラドゴスも組み立てました。ドスンとした機体の完成です。のっしのっしと歩く姿が重厚感ありますね!本能解放(ワイルドブラスト)のインパクトホーンが飛び出す様は、延々と眺めていられます。突いたあとの収納していく余韻もたまりません。

  • ゾイドワイルド ZW13 グソック
    ゾイドワイルド ZW13 グソック
  • だめだ可愛い
    だめだ可愛い
  • だって丸くなるんだもん
    だって丸くなるんだもん
  • ゼンマイ式で稼動
    【動画】ゼンマイ式で稼動

箱の小ささから可愛かったグソック。グソックかわいい。すごく愛らしい。電池ではなくゼンマイで動きます。ゼンマイのジィジィという音が鳴き声にも聞こえてときめきます。

  • ゾイドワイルド ZW02 ギルラプター
    ゾイドワイルド ZW02 ギルラプター
  • ゾイドワイルド ZW14 ステゴゼーゲ
    ゾイドワイルド ZW14 ステゴゼーゲ

ギルラプターとステゴゼーゲも組み立てました。ウイングショーテルの動きもいいのですが、ステゴゼーゲのノコギリ刃の動きがダンスしているノリノリの人みたいでたまりません。

自由にカスタムしてみよう

  • 素材との相性に注意してね
    素材との相性に注意してね
  • マーカーで塗って、雰囲気を出す
    マーカーで塗って、雰囲気を出す

ガンダムマーカーを使って、グソックに簡単なスミ入れと、表面を汚してみました。塗る前よりも、雰囲気が出たのではないでしょうか!
筆者も初心者ですが、塗装が初めての方でも塗り絵やお絵かき感覚で塗ることができますよ!なにより、自分だけのカラーリングで愛着もひとしおです。

【塗装の注意事項!】 ゾイドワイルドの本体には、素材にABS、PVCが使用されているため、アクリル系やエナメル系の塗料を使用すると、溶剤が浸透しパーツが破損する可能性があります。
また同様にABS系のパーツへ、ガンダムマーカーを使用することでも破損の可能性があります。筆者が塗ったゾイドたちは、今のところパーツの破損は起こっていない状態ですが、塗装後に表面がベタついていました。(日を置いたら解消しました)

必ずしも破損しない・ベタつかないわけではないので、自己責任にて塗装をお楽しみいただきますようお願いいたします。ゾイドワイルドを塗るには、水性系の塗料が安心ですね!

  • ぴよこ「う〜ん、何をどう塗ればいいのか」
    ぴよこ「う〜ん、何をどう塗ればいいのか」
  • ぴよこ「あ、テーマを決めたら塗りやすいんか」
    ぴよこ「あ、テーマを決めたら塗りやすいんか」
  • パーツをバラして自由にカスタムしよう
    パーツをバラして自由にカスタムしよう

他のスタッフにも色を塗ってカスタマイズしてもらいましょう。
ぴよこ「ゾイドですね。世代です」
ryous「今テレビでやってるんです」
ぴよこ「えっ!!ファミコンでやってたゾイドと違うんか!ジェネレーションギャップ感じる」

いざ塗るとなったら何をどう塗るべきか悩むようで、途中から「テーマを決めればいいのか」と急につぶやいた後、ペンをどんどん進めていました。その傍らでryousはゾイドのパーツを外しはじめ・・・

組み立てるryous

  • ryous「はい、うさぎ」 ぴよこ「気味が悪いですね」
    ryous「はい、うさぎ」
    ぴよこ「気味が悪いですね」
  • ryous「横から見たら可愛いですよ」 ぴよこ「こども泣くと思いますけどね」
    ryous「横から見たら可愛いですよ」
    ぴよこ「こども泣くと思いますけどね」

ゾイドのパーツを違うゾイドに組み合わせるというカスタマイズで、自分だけのゾイドも作れます。ryousのお気に入りのグソックをベースとした機体が完成!

▼機体名:グソケラビット[ウサギ種]
▼本能解放技(ワイルドブラスト):ラピッドスプリング
▼発掘地域:Joshin web
▼搭乗者:ryous

▼機体説明
グソックの体躯をベースに、トリケラドゴスの外装を身にまとい、より堅牢かつ瞬発力を得た、強襲型ウサギ種の小型ゾイド。

しなやかで強靭な後ろ足で、地面を蹴り跳躍することで、猛スピードで相手へと飛びかかる。
腹部にある無数の脚で相手の手足や顔につかみかかると、その多脚で動きや視界を奪ったのち、前歯で喰らいつく。

瞬間最大スピード320km(跳躍時)を誇る後ろ足と、前歯という絶大な攻撃力を得た代償に、その後ろ足と前歯が地面と接してしまい、平時の匍匐姿勢での多脚歩行能力を失ってしまった。

  • ぴよこ「トリケラドゴスが骨だけでかわいそうです」 ryous「ちょっと戻しましょう」
    ぴよこ「トリケラドゴスが骨だけでかわいそうです」
    ryous「ちょっと戻しましょう」
  • トリケラドゴスとグソケラビットの融合
    ryous「はい戻しました」
    ぴよこ「場所の概念どこいったんですか」

グソケラビットのパーツはトリケラドゴスより調達。おかげでトリケラドゴスは追いはぎにあってしまったかのような、骨格形態に近い状態に。ぴよこがかわいそうだと言うので、しょうがなしにパーツを戻して、トリケラドゴスに新たなる可能性を見出すことに成功。

  • ryous「動かしたらかわいいですよ」<br>ぴよこ「もはやホラー」
    【動画】ryous「動かしたらかわいいですよ」
    ぴよこ「もはやホラーです」
  • 危機(ウサギ)が迫っている!

    逃げて!ワイルドライガー!

    グソケラビットがワイルドライガーに直撃です。精神的ダメージも大きそうな一撃!

    ここでちょっとネタバレしていますが、ぴよこのワイルドライガーが完成したようなので見てみましょう。

エビフライ

  • ryous「なんですかコレ」 ぴよこ「エビフライです
    ryous「なんですかコレ」
    ぴよこ「エビフライです」
  • ryous「なんで顔だけ歌舞伎」 ぴよこ「ナポリタン添えました」
    ryous「なんで顔だけ歌舞伎」
    ぴよこ「ナポリタン添えました」
  • ぴよこ「ちなみにパセリも添えてます」 ryous「何言ってるのか分からない」
    ぴよこ「ちなみにパセリも添えてます」
    ryous「何言ってるのか分からない」

エビフライをテーマとしたゾイドが仕上がっていました。組み立てている隣で「ぽい!ぽいぽい!」と叫んでいたのは「エビフライっぽい」という事だったのか。緑はパセリ、顔はナポリタン。説明を聞いていても何言ってるのか全然わかりませんでした。

▼機体名:ワイルドエビフリャー[衣種]
▼本能解放技(ワイルドブラスト):ワイルドサーバー
▼発掘地域:170℃の油の底
▼搭乗者:ぴよこ

独特の強さゆえ、搭乗者をも狂わせてしまう諸刃の剣的なゾイド。
ワイルドライガーをベースに、フライの香りをまとって11時30分に出動し、敵をおびき寄せ、空腹時の思考が鈍った時に襲い掛かる。
機体の温度が上昇すると、2度揚げ効果でさらに香ばしくなる。

その顔をひとたび見れば、ナポリタンの誘惑。
フライドレッグの動く足に見とれていると、咆哮砲から出てくるのは、キンキンに冷えたビール。

この誘惑からは誰も逃れられず、それは搭乗者も含まれるため、13時頃のワイルドエビフリャーは千鳥足になっている。

  • エビフライとして活かせなかった
    エビフライとして活かせなかった
  • 対象年齢6歳からとなっている通り、比較的低年齢のお子様からでも組み立てを楽しむことができます。ニッパー不要なのでプラモデルの組み立て入門としてもおススメです。

    ある程度慣れている人なら、グソックなどの小型で20分程度、トリケラドゴスなどの大型のものでも1時間かからず組み立てできちゃいます。

    組み立て、動かし、集めて、並べて、眺めて、カスタムして、塗装して、と楽しみ方も無限大です。

    今回は短時間で組み立て、カスタム、塗装をおこなったため簡単な発想でのご紹介となりました。みなさまは是非、かっこよさを追求したゾイドや、逆にビーズなんかをちりばめてキラキラ可愛いコなど、自分だけの愛機を作り上げてください!

    2018.12.06 ryous

スタッフが使ってみました


  • このページは参考になりましたか?

商品はこちら

▲このページのTOPへ

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記