ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
思い出を残そう!カメラ・ビデオカメラ・レンズ・アクセサリーなど

 大切な日の思い出をキレイに残したいと考える方も多いのではないでしょうか?こちらのページでは、一度しかない大切な日を高画質で残せるデジタルカメラ、ビデオカメラをご紹介します。写真撮影はスマホのカメラで充分という方も多いかもしれませんが、最近では、インスタグラマーを中心にミラーレス一眼カメラが人気! 一眼レフのようなボケ味を生かした撮影を楽しめるのはもちろん、本格的な一眼レフカメラよりも、コンパクトで持ち運びやすいモデルが多いので、インスタ写真にこだわりたい女性の方や、お子様の写真をキレイに残したい親御さんにおすすめです!


  交換レンズ
 離れた場所にいるお子様や、行楽・風景を撮影するときに役に立つのが高倍率のズームレンズ。様々な表情をしっかりと捉え、愛しい瞬間を逃がしません。望遠レンズには厳密な基準はありませんが、焦点距離が85mmから135mm(35mm判換算)までを「中望遠レンズ」、焦点距離135mmから300mm前後(35mm判換算)を「望遠レンズ」と分類しています。どれにしようか迷ったら、1本で中望遠〜望遠まで、幅広い領域をこなせるレンズがおすすめ。複数のレンズを持ち歩かなくて済むので大助かりです。お使いの一眼カメラのマウントに合わせたレンズを選ぶことをお忘れなく。


  ビデオカメラ・アクションカム
 4K対応のビデオカメラなら、お子様の成長の記録など、かけがえのない素敵な思い出を、フルハイビジョンの4倍もの高画質で残せます。お子様の表情をしっかり残したいから、目一杯ズームして追いかける。でも、ズームで追いかけ切れずにフレームアウト。そんな失敗も、4K対応のビデオカメラなら、心配ありません。4Kならではの高画質を活かして広角で撮影しておき、後から、編集して楽しむことも可能です。画質にこだわらないという方は、価格が手頃なハイビジョン対応のビデオカメラがおすすめ! 4Kよりも小型・軽量で、長時間撮影できるのモデルが多いのもポイントです!

 また、アウトドアなどで動きに強いアクションカムなら、水深10m以上に対応する防水性能でサーフィンなどのウォータースポーツにも安心して使えるものや、360度すべての映像を記録してからベストショットが選べたりと、たくさんのストーリーを撮影してシェアできます!


  バッテリー
 撮影中にバッテリーが切れてしまっては大変。長時間撮影の時には、予備のバッテリーを用意しておくことをおすすめします。バッテリーが2本ある時の撮影のコツは、1本目のバッテリーが半分になったところで2本目のバッテリーに交換すること。そうする事によって、2本目のバッテリーが不調であった時に慌てなくてすみます。バッテリーの充電忘れや寿命は、忘れた頃にやって来ます。2本目のバッテリーを過信しての撮影は、かえって危険です。


  三脚・一脚
 手ブレや被写体ブレを抑えて撮影したい時に役立つのが、三脚です。撮影場所を変えたり移動の際の持ち運びを考えて、軽くてコンパクトに折りたためるものを選ぶと良いでしょう。

 しっかりとカメラを固定できる三脚ですが、運動会の人ごみでは邪魔になることも・・・。そんなときには、手軽に持ち運べて手ブレを防止できる一脚もおすすめです。カメラの着脱はほとんがクイックシューに統一されているので、メーカーを問わず取り付けることができます。


  カメラバッグ
 カメラバッグと言えば本体のみを収納するハードケースを思う浮かべる方が多いかもしれませんが、最近では、ストリートスナップにぴったりなメッセンジャーバッグやショルダーバッグなど、普段使いしやすいおしゃれなバッグも増えています。

 本格的な撮影には、付属品も含めて収納できる大きめのバッグがおすすめ。必要な付属品やオプションをまとめて収納できるので、いざという時に忘れてあわてる心配がありません。旅行の場合もカメラ関係のものがひとつにまとまっていると、ホテルや旅館に忘れる心配も減るでしょう。


  メモリーカード
 メモリーカードは余裕をもって大きめの容量(32〜64GB)を用意するのがおすすめ。ただし、カメラによっては使用できるメモリの最大容量が決まっているのでご注意下さい。万全を期すなら、予備のカードも忘れないようにしましょう。

 SDHCメモリーカードだと、Class10(10MB/s以上)や、UHS-Iスピードクラス1など、ハイスピード規格に対応したタイプがおすすめ。デジタル一眼レフカメラでの高解像度DSC rawモードの連写や、4K2K撮影など、大容量データを扱うのであれば、なおさらスピードが必要です。


  防湿庫
 カメラやレンズはとってもデリケート。高温多湿な室内に放置しておくとあっという間にカビが発生…。そんな悲惨な目にあう前に、庫内の湿度を一定に保つことができる「防湿庫」で大事な機材を湿気から守りましょう。

 簡単なものだと、乾燥剤を交換することで長期間使える「ドライボックス」もあります。価格も手頃で置き場所も選びません。カメラ初心者の方におすすめです。



最近のカメラ試用レポート


▲このページのTOPへ

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記