ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店

スマートフォン・電子辞書|ようこそ!! 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshin webショップ通販サイトへ

企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索
  • バックナンバー
メイン画像

Joshin 試用レポート
nanoSIMとSDカードを同時挿入できるDSDS対応。電池長持ちで広角撮影もできるZenFone Max M1

エイスース ASUS ZenFone Max M1

パソコンでも馴染みのあるエイスースが手がける、人気のSIMフリースマホ「ZenFone」。最近ではゲームに特化したハイスペックモデルを発表して話題になりましたが、今回は「もっと普通に、快適にスマホを使いたいんだよ」という方向けの『ZenFone Max M1』をレポートします。

SIMフリースマホに変えたいけど、どの機種にしたらいいのか迷っている方、ZenFoneってどうなの?と気になっている方は是非チェック!
タフネスバッテリーにDSDS方式と、充分なスペック持ってます。

ライター:ぴよこ

  • ASUS ZenFone Max M1
    5インチを持つ感覚で、5.5インチ液晶を
  • ZenFone Max M1
    OS Android 8.0(Oreo)
    ディスプレイ 5.5インチ
    CPU Qualcomm Snapdragon 430(オクタコアCPU)
    メモリ 3GB
    ストレージ 約32GB
    SIMカード nanoSIMスロット×2
    USBポート microUSB×1
    カメラ アウトカメラ:1,300万画素カメラ内蔵+800万画素広角カメラ内蔵
     ・ インカメラ : 800万画素カメラ内蔵
    バッテリー 4,000mAh
    本体サイズ 約 147.3 × 70.9 × 8.7 mm
    質量 約150g

やや大きめの5.5インチのスマホも、最近では一般的なサイズになりつつあります。でも、やっぱり大きい。そのためか『5インチスマホのサイズ感で、5.5インチの液晶画面を搭載したよ』というモデルも増えています。ZenFone Max M1も、そんな5.5インチスマホ!サイドフレームを薄くし、5インチスマホのような大きさの本体サイズに。「思ったよりも持ちやすい」と感じられるかと思います。
本体は小さくしてますが、バッテリー容量はしっかり4,000mAh。長持ちするタフネスバッテリーですよ。

  • 音量/電源ボタン
    音量/電源ボタン
  • microUSB端子
    microUSB端子
  • イヤホン挿入部
    イヤホン挿入部
  • ASUS ZenFone Max M1 付属品一覧
    セット内容

ボディは丸みがあり手に馴染む形。電源ボタンは指が滑りにくいような加工が施されています。本体正面から右側面に、音量ボタンと電源ボタン、上部にイヤホン端子、下部にmicroUSB端子(Type-B)、背面中央には指紋認証ボタンがあります(画像は下記で)。左側のカードスロットも見ていきましょう。

[セット内容] USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、ZenEar、ユーザーマニュアル、製品保証書

  • DSDS対応スロット
    nanoSIM×2枚とmicroSDカードが同時挿入できる!
  • nanoSIM2枚と同時にmicroSDカードも挿入できる!

    左側面にSIMカード挿入口があるので、付属のSIMイジェクトピンを差し込みカバーを押し出します。取り出してみると、なんとmicroSDカードが同時に使えるDSDS対応スロットです!

    DSDS対応スマホには、nanoSIMの2枚目を装着する部分を、microSDカードと併用しているモデルも多いのですが、ZenFone Max M1はmicroSDカードとnanoSIMカード2枚を同時にセットできますよ。

ホーム画面

  • ブラウザ表示画面
    ホーム左はブラウザ仕様
  • ホーム画面
    ホーム画面中央
  • ホーム画面2
    ホーム画面右
  • アプリ一覧画面
    アプリ一覧画面
  • ほぼ初期状態の内部ストレージ画面
    ほぼ初期状態の内部ストレージ画面
  • ホーム画面の初期設定は左・中央・右の3画面。左にスワイプでブラウザになります。下から上へスワイプし、アプリ一覧画面を表示しました。ホームもでしたが、初期内蔵アプリが非常にシンプルです。
    初期段階でアプリがたくさん入っていると『これに容量を食べられてるやん、いらぬいらぬ』と掃除する事も、あるあるですね。そんな掃除の手間は、ほぼ無さそうです。Facebookとインスタはお好みで、といった所でしょうか。

    ZenFone Max M1のメモリは3G、ストレージは約32GB。
    初期内蔵アプリがシンプルでしたので、本体内部のストレージ画面(レポート用にスクリーンショットを何枚か撮影した状態)も、しっかり空きがあって安心です。

セキュリティ機能

  • セキュリティと画面ロック
    セキュリティと画面ロック
  • 指紋センサー登録画面
    指紋センサー登録画面
  • 顔認証登録画面
    顔認証登録画面
  • 顔認証登録時の画面
    顔認証登録時の画面

セキュリティ機能は、暗証番号やパターン入力の他に、指紋認証や顔認証機能などがあります。
顔認証は、カメラで顔を認識・設定すれば、スリープ時にスマホを見つめるだけでロック解除できます。カメラが顔を認識するのに数秒間、考える時間があるので、素早くロック解除を行うのであれば、指紋認証がオススメ。

  • 指紋センサーに触れるだけでロックの解除ができる
    指紋センサーに触れるだけでロックの解除ができる
  • 指紋認証はセンサー部を指1本で押さえるだけでロックが解除!
    筆者は料理サイトを見ながら料理をしていると、分量確認の途中で画面が消えて、毎度パターン入力でロック解除をしていました。
    それが指紋認証だと『ボタンに触れる→解除される』。
    初めて体験した時、( ゚д゚)メチャベンリ!!!ってなりました。セキュリティ云々より、この機能は便利なんですよね。セキュリティのためとはいえ、毎回パターン入力、めんどくさいの、私。

    指紋認証センサーは背面中央に配置。スマホを握った手の人差し指でポン、で解除ができますよ。
    この配置だと、手帳型のカバーを装着される場合はちょっと押しにくくなるよ、という事もつぶやいておきます。

カメラ性能

  • 背面:メインカメラの他に広角カメラも搭載
    背面:メインカメラの他に広角カメラも搭載
  • 背面のカメラ部分をよく見てみると・・・カメラが縦に2つ並んでいます。メインカメラの他に、広角撮影ができるセカンドカメラも搭載!

    メインカメラは1,300万画素、広角撮影だとインカメラと同じ800万画素での撮影です。
    風景などが広く撮れる広角レンズですので、団体での旅行や、背面カメラを使って自分撮りをする場合にも、広く撮れますね。ちょっと作例を撮ってみます。

  • メインカメラでの撮影
    メインカメラでの撮影
  • 同じ距離から広角カメラで撮影
    同じ距離から広角カメラで撮影

メインカメラだとお花だけを撮影したかのようですが、広角カメラに切り替えて、同じ場所から撮影してみると・・・実は後ろにちょっと変わった建物もあったんです。自撮りや、狭い場所での撮影でも、風景全体が写せますので、便利です。だだ、お花の鮮やかさや葉の陰影など、やはりメインカメラに比べて画質は劣りますね。上手に使い分けて写真を楽しんでください。
ちなみに、SNSへの投稿に便利な1:1比率の撮影が、メイン・広角カメラのどちらでも行えます。

  • 作例
  • 作例
  • 作例

最近どのスマホもカメラの性能が上がってきたなぁと思うのですが、ZenFone Max M1もとてもキレイです。

Zen Motionが面白い

  • Zen Motion
    Zen Motion
  • トトンッと叩けばスマホが起きる
    トトンッと叩けばスマホが起きる
  • ジェスチャーによるアプリ起動
    ジェスチャーによるアプリ起動

設定画面の中にある『Zen Motion』は、ZenFoneオリジナルメニューです。

筆者も元ZenFoneユーザーです。スリープ画面をダブルタップで画面がオンになる「スクリーンオン」はお気に入りの機能でした。机などにスマホを置いたまま、ププッとダブルタップするだけで画面確認できるので便利ですよ。
これに慣れて、機種変更した後でも、クセでダブルタップして動かないスマホを見つめるという現象が多発しました。良い機能です。

「タッチジェスチャー」はスリープ画面の状態で、液晶に文字を書くように指を動かすと、その動きでアプリや機能を呼び出せる機能です。カメラなどのよく使うアプリの設定をオンにしておけば、手軽に呼び出せますので、是非設定を行ってみてください。

メモリが3GBでストレージが32GB。グラフィックがキレイなゲームだと、もう少しメモリの多いスペックのスマホをオススメしますが、比較的手頃なゲームでチョコチョコ遊んだりされる方なら、アプリもたくさん入りますし、メモリも足りるかと思います。ネットサーフィンも行いましたが、動作が遅いと感じる事もありませんでした。microSDカードと同時にnanoSIMが2枚装着できるDSDS方式ですし、このスペックでこの価格なら、お手頃だと思います。

本体に保存した画像を外部メモリーに移動させるのもわかりやすく、操作も行いやすかったです。慣れや、合う合わないもあるかと思いますが、サクッと思ったとおりの動作が出来ると感じました。

色んなメーカーからそれぞれ特徴のあるSIMフリースマホが登場しますが、ZenFoneは「このスペックでこの価格」というタイプの端末が多いです。だからこそ大丈夫なの?と不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、人気があるだけの事はあります。指紋認証にたっぷりバッテリー、広角カメラと、快適で楽しめる機能も備わっていますので、試してみようかなという方には、ぜひおすすめしたい1台です。

2018.12.24 ぴよこ

お客様のレビューのご紹介
バッテリーが素晴らしい
asusは、8インチタブレットも以前から使っており信頼できた。今回スマホをシャープの製品から買い替える際の条件は、大容量のバッテリーであることとなるべくコンパクトな物でした。さらになるべく新しい物で探すと本機になりました。使わないアプリを無効やアンインストールしたり、節電のための設定変更して一週間は楽に持つほどです。ネット関係は、タブレットを使い本機は電話機能しか使わないからこれくらい持つんでしょうね。
元京都人 様

老若男女にお勧め、二台買いました。
一台買って良かったのでもう一台、他のお店ですが購入しました。用途は中学生の娘のスマホデビューと80歳の母のガラケー卒業用です。出来れば国内ブランドでDSDSの小型機を探したのですが正規流通しているモデルでDSDSはありませんでした。何処かと忖度しているのでしょうか。台湾メーカーですが品質は充分だと思います。小型でバッテリーも大きく普段使いに最適です。画面側にメーカー名が入ってないのでカバーを付ければ今どきのスマホにしか見えません。DSDSなので格安運用が可能です。データ用の格安シム、音声用にドコモ等のSIM、の二枚を入れて使えます。設定もSIMを入れてしばらく待てば通信可能になりました。簡単モードがありますのでお年寄りにも良いですし、キッズモードを使えば子供用にも使えます。中学生だとキッズモードの表示が恥ずかしいようなので、アプリ毎にロックをかけて使わせています。アプリのロックの仕方は標準で出来るのですが説明書には載ってないです。難点は充電端子がmicro−USBなので親のスマホと規格が違ったりすること、畑仕事で指がガサガサの母の手では指紋認証が作動しなかったことくらいです。
あやねゆうかぱぱ 様

値段に見合った満足出来る機種
前から電池のもちが良くて軽量コンパクトな機種が欲しくて狙ってました。使い勝手は問題無し、無難なスペックに無難な動作、simはドコモ系もau系もちゃんと通信出来ました。カメラも手の込んだマニュアルモードは無く手軽に撮ることに終始してます。バッテリーはとにかくよくもつので、使ってみての感想だとこの部分で評価が上がります。値段に対する物の作りに何一つ不満に思う事は無く、何の問題も無い普通のスマホです。
ヤッソ 様

スタッフが使ってみました

商品はこちら

▲このページのTOPへ

ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカードIR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針特定商取引法に基づく表記