ジョーシン 家電とパソコンの大型専門店
 ようこそ!! Joshin webへ
企業情報ネットショッピング店舗情報
(一般商品)  0 点  0 円 
(音楽映像)  0 点  0 円 
検索



試用レポート
ローランド
エアロフォン AE-10

サックスのようでサックスじゃない!?
ローランドの新しいデジタル楽器「エアロフォン」を試奏してみました!
 トランペットやサックス、フルートなどそれぞれ吹き方にコツが必要で、管楽器初心者にとって始めにぶつかる壁といえば「音が鳴らない・・・」という事でしょう。

 今回ローランドから発表された「エアロフォン」はリコーダーと同じように息を入れるだけで簡単に音が鳴ります。また、息の吹き込む強さや、くわえる強さなどの振る舞いから、音量や音の強弱なども変化させることが出来るため、自然で表現力豊かな演奏が可能となっています。

 運指はサックスと同じということですが、今回はサックス未経験のスタッフがどれくらい演奏できるものなのか挑戦してみました!

セット内容
 まずはセット内容を見てみましょう。本体、ACアダプター、マウスピースキャップ、ネックストラップ、専用ハンドキャリーバッグ、取扱説明書などの書類となっています。

 
ケースにキチッと収納できます
 ケースの中で楽器が動かないようにぴったりに作られていますので、収納方向なども定められています。マウスピースキャップは、外したほうがスムーズに入りました。

 
リコーダーが吹ければ演奏できます!
 音自体は冒頭でも触れましたが、息を入れるだけで鳴ります。くわえ方や息の入れ方によって音が変化しますので、この点は練習あるのみです!

 
背面で音色の変更も可能
 ここが電子楽器ならではの魅力です! 左下の「TONE」ボタンを押しながら三角のボタンを押すと音色が変わります。
 音色は40種類! サックスはもちろん、バイオリンやオルガンの音などに変えることも出来ます。

 
電池でも駆動します
 単3形電池×6本でも駆動します。電池を使用する際は必ず充電式ニッケル水素電池を使用してください。
 電池が消耗してくると音が歪んだり、液晶にアイコンが点滅したりしますので、それを目安にして入れ替えてください。

 
ストラップを背面にひっかけて
 背面にストラップをかける穴があります。実際のサックスほど重くないですが、落下防止のためにつなぎましょう。
 女性スタッフはキーを押さえるのにしっかり手を広げないといけないので、長時間練習していると重たく感じたそうです。ストラップを使う事で安定した位置での演奏が楽しめますのでご活用ください。

 
電源を入れます
 電源はスライド式のスイッチになっています。一定時間経過すると電源が自動的に切れる「Auto off機能」も付いています。

 
口はサックスのような形
 マウスピースの形状はサックスのような形となっています。サックスのように下唇を丸めなくても鳴りますが、今後の演奏を考えるとサックスと同じ吹き方のほうが良い気がします。

 
マウスピースを抜き取ると
 マウスピースは取り外しが出来ます。そのまま水洗いが出来ますので、衛生面でもしっかりと考えられています。
 また、別途マウスピースだけ購入できますので、何人かで使うことも可能です。

 
センサー部発見
 マウスピースを取るとセンサー部が出てきます。付け外しのときはこのセンサー部に力が加わらないよう気をつけましょう。

 
今回はピアノ譜面を用意
 今回練習曲としてバッハの「主よ人の望みの喜びよ」を用意しました。ピアノ譜ですのでメロディーだけ演奏してみることにします。
 用意してから気付いたけど、この曲・・・どこで息つぎをしたらいいのだ・・・。

 
実際に吹いてみましょう
 筆者は数日間練習し、興味を示した女性スタッフは数時間練習を、それを見たスタッフはその場で奪い取って初演奏です。
 その模様は下部の動画をご覧ください。いかに簡単に演奏が楽しめるという事が分かっていただけるかと思います。

 


 2晩練習をしましたが、まず運指表を見て愕然。覚えるのに大変苦労しました。サックス経験のある方はほぼ同じような運指になっているので、あまり抵抗がないかもしれません。とはいえ少し練習するだけで簡単に吹くことが出来てスタッフ達も大喜び。仕事を忘れてノリノリで演奏を楽しんでいました。

 サックスの奏法であるフラジオ(特殊な運指を使用し超高音域を出すための奏法)もカバーしており、説明書でも4ページに渡って記載されています。こちらもサックスとは異なりそれほど難しくなく音を出すことは可能です。また、オクターブキーも背面についていますので、かなりの高音域まで鳴らすことが出来ます。

 楽器を始めるきっかけの一つとして「この曲(もしくは)このフレーズを演奏したい!」というコメントをプロ演奏家のインタビューでもよく目にします。ローランドの「AEROPHONE」はその願望を比較的手軽にかなえてくれるのではないでしょうか。もちろんそれなりの練習は必要ですが・・・

 楽器経験者の方はもちろん、未経験の方も、ローランドの「AEROPHONE」で楽しい楽器の演奏を始めてみてはいかがでしょうか。

2016. 11.22.公開(Yokoi

お客様のレビューのご紹介
なかなかに難しいです。
本物を購入する前にこちらである程度練習してからと思ったが、そんなに甘くはなかったのが正直なところ。というのは非常に凝った造りで本物並みのテクニックが必要になるから。もともとサックスが吹ける方には逆に簡単なようだが、これからと言う方は結構練習が必要だと思う。またこの機器に対応した練習本が市場に無く本物の方の練習本でやらざるを得ないが、初心者には、ちょっとした違いがかなり敷居が高い。ローランドさんには是非この機器用練習本を出して欲しいと思う。
ねむねむ1966 様

ウインドシンセサイザー AEー10
長年イージーリスニング オーケストラのDTM作製と演奏を楽しんでいますが管楽器のリアル性に挑戦したいと思いながら、既存製品の取り扱いの特殊性もあり断念してきました。AEー10の発売から吟味を重ね今般導入に踏切ましたが、取り扱い容易く管楽器未経験者でもリコーダーが出来れば、練習次第で何とかそれなりの音が出そうな所が魅力的です。リアルな且つ多彩な音源、リバーブ、容易に音色変換出来る機能等、ライブでも様々な使用が可能、電池使用しても重たくなく、内部スピーカー内臓もとても良い感じです。形状にスマートさがない、プラスチッキーだという意見もありますが、この値段でこの性能、ウインドシンセサイザーという新たなジャンルの楽器と考えればよく、何より使ってみて、買い得感が非常に高い製品だと思いました。
hf1011 様

スタッフが使ってみました
シンセサイザーシンセサイザー
ローランド|ウィンド・シンセサイザー|AE-10ローランド|ウィンド・シンセサイザー(グラファイトブラック)|AE-10G(ロ-ランド)
ローランド
ウィンド・シンセサイザー
Roland AEROPHONE AE-10
ローランド
ウィンド・シンセサイザー(グラファイトブラック)
Roland AEROPHONE AE-10G(ロ-ランド)
会員様web価格 84,240 円 (税込)
会員様web価格 84,240 円 (税込)
 843 ポイント進呈
24時間以内出荷
レビュー 4.3
2016年10月 発売
お取り寄せ お取り寄せ 
お届け:未定
2017年10月 発売



最近の試用レポート もっと見る

10月 16日 公開
ハクバ カメラバッグ ルフトデザイン スウィフト03 ショルダーバッグ M(カモフラージュグレー) SLD-SW03-SBMCGY
カメラやレンズ、小物類をたっぷり収納してみました!
10月 14日 公開
デバイスタイル ワインセラー (18本収納)【右開き】 WE-18W
18本収納できる、スリムなワインセラーを試してみました!
10月 13日 公開
ソニー ハイレゾ対応カナルイヤホン XBA-N3
人気のハイブリット方式・カナルイヤホン2機種を聴き比べ!
10月 11日 公開
マクロス コンパクト電動ミシン MEH-41
片手で持てるコンパクトな電動ミシンで作品作りに挑戦!


ページトップへ戻る

会員ページメルマガ購読    会員登録メーカー名で探すサイトマップお買い物方法よくある質問メーカー窓口一覧お問合せ(連絡帳)
企業情報店舗情報ジョーシンカード採用情報IR情報CSR情報個人情報保護方針情報セキュリティ方針反社会的勢力排除に係る基本方針